旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ダイハツ・ハイゼットキャブ(S35型) 

100520a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100520a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1964年にダイハツから発売されたハイゼットキャブ(S35型)です。初代ハイゼット(L35型)は1960年にボンネットトラックとして発売されましたから、「ハイゼット」としては2代目にあたるのですが、このハイゼットキャブの発売後も初代ハイゼットは併売されていましたので、実質は別のクルマと考えてよいと思います。現在に至るハイゼットの系譜では、このハイゼットキャブの流れが続いているようですね。
 いかにも昔の軽トラって感じで、今見るとなかなか新鮮です。それに最高速度67km/hというのもなかなかしびれますね。限界まで飛ばして67km/hというのは、ちょうど現在の原付バイクと同じようなスピード感覚です。
 私はこの時代の軽トラを運転したことはないのですが、もう少し後の550cc・ポーターキャブにしばらく乗っていたことがあります。4速MTでエアコン、パワステはもちろんなし。なかなか楽しい乗り物でした。70km/h以上出したことがないので最高速度がどれぐらいなのかはわかりませんが、おそらくそれほど出ないと思います。
 高速はもちろん走ったことはありませんし、幹線道路のバイパスも恐いから避けていました。60km/h巡航でかなりエンジンが悲鳴を上げているように感じましたので、スピードを出さなくてもスピード感、スリルが満点です。大排気量の高性能セダンでドライブすることももちろん楽しいことですが、こういうクルマで近場を走るのもなかなか楽しいことだと思います。
 
 さて、半世紀にわたって様々な職業の方から仕事のパートナーとして愛されてきたダイハツ・ハイゼット。現行型も農用スペシャルからダンプや保冷車まで、様々なバージョンが揃っています。どれひとつとしてエコカー減税対象車にはなっていませんが、汗水垂らして働く人間の片腕たる存在の軽トラック、エコエコ言ってる余裕なんてありません。こちとらオプションで車重増やすんじゃなく、積荷を少しでも増やして食い扶持稼がなくちゃいけないんですから。

ハイゼットキャブ(S35型)
全長×全幅×全高 : 2990×1295×1620mm
ホイールベース : 1780mm
車両重量 : 550kg
最大積載量 : 350kg
エンジン : 2サイクル直2 356cc 17PS
最高速度 : 67km/h

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/05/20 12:43 ] 1960年代ダイハツ | TB(0) | CM(2)
♪積んでけ積んでけゴーゴーワイド 積んでけ積んでけワイドなキャビン ハイゼット♪~
ハイゼットと聞けばそんなコマソンが条件反射するほど、1977年4月に発売された<ハイゼット55ワイド>の印象が強烈です。何でもこの代のハイゼットについて言うなら、一世代前=キャブオーバーになって3代目の1971年発売のハイゼット360が併売され、軽免許しかない人間のための救済策として実に1981年!トヨタソアラやスカイラインターボが脚光を浴びまくっている時期まで製造されていたぐらいだから、2ストローク360cc軽最後のシーラカンスといえるのではないでしょうか。
事実その頃街では、2800ccツインカムのトヨタソアラや同セリカXX、スカGターボなどの高性能車の間をぬって2ストロークの青い煙を吐き吐き360のハイゼットが喘ぐように走る風景が展開され、何とも皮肉な味わいをもたらすのと同時に、アナログな昭和からデジタル・超高速の時代へと時代が移行しつつある印象を目の当たりにした格好です。
そして今日のハイゼット、理不尽なエコカー減税こそ受けておりませんが働く人間の相棒として、良き友として日本中を走り続け、高速性能も145まで容易に出る「商用車界のジャイアントキラー」となって「時速67km/hが目いっぱい」のハイゼットキャブの末裔は大きく羽ばたいているのは心強いと思います。
[ 2010/05/22 04:51 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
2ストロークの排気音を奏でるクルマはすっかり見なくなってしまいましたね。たまに2ストのジムニーに遭遇すると思わず振り返ってしまいます。
2スト360ccで最高速度70km/hぐらいが相場だったこの時代において、ホンダのT360の別格さは改めて実感しますね。
私が住んでいる田舎ではこの時期、2ストロークの草刈り機のエンジン音がそこらじゅうで聞かれるようになります。草刈り機や動力噴霧器はまだ2ストロークが主流ですが、ホンダ製は一歩進んだ4ストなんです。エンジンのホンダ、やっぱりすごいですね。
[ 2010/05/22 10:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。