旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『低燃費認定に抜け道』の記事について 

産経新聞 『重いクルマ・・・緩くなる基準 都「低燃費認定に抜け道」』

とのニュースが配信されていました。

 以前から言われていたエコカー減税の抜け道ですが、やっと公の機関(都)が政府に物申すようになったみたいですね。記事中の都担当者がおっしゃっているコメントはまさにその通り、オプションを追加すると「燃費は悪くなる一方なのに、なぜか制度上の環境性能は上がり続け、いつの間にか低燃費車の区分に“お引っ越し”。あげくにエコカーとして減税が適用される不思議な現象が起きている」

 このコメントを読んでなんだか嬉しくなってきました。問題点を率直に指摘する役人もちゃんといらっしゃるんですね。ここ最近、各メーカーともエコカー減税への適応に主眼を置いたマイナーチェンジやグレード設定が多く、ちょっと呆れていたので「よくぞ言ってくれました」って気分です。

 しかしながら国土交通省の説明は「区分を細分化すると燃費試験に膨大なコストがかかる」とのこと。

 まあ国の将来の方向付けを担っている優秀な方々ですから、私のような凡人には想像も付かない諸々の問題点を真剣に考慮されておられるんでしょうね。
 
 個人的には区分を細分化する必要などまったくないと思います。軽乗用車も小型乗用車も普通乗用車も一切区分なし。車両重量など考慮せず単純に燃費だけでエコカーかどうかを判断すればよいと思います。
 だいたいリッター一桁しか走らず、車重が2トンもあって3.5Lエンジンが搭載されているアルファードを「エコカー」と呼ぶ感覚が私には理解できません。いったいあの手のクルマのどこが「エコカー」なんでしょう。
 その一方で、車両重量が1トン弱、リッター20キロ近く走る日産マーチは「エコカー」ではありません。どう考えてもアルファードよりマーチのほうが「エコカー」と思われるのですが、頭のよい方々の感覚ではアルファードが「エコカー」になるんでしょうね。

 国が来春にもまとめるという「新燃費基準」なるもの、どんな基準になるのかとても楽しみです。

[ 2010/05/18 13:32 ] その他 | TB(0) | CM(12)
エコカー減税の基準は矛盾している所がありますね私もアルファードの大型減税には?ちょっと腑に落ちない所があります 本来ならアルファードより燃費がよく、車重が軽いエスティマが優遇されてもいいと思いますが…
[ 2010/05/18 21:07 ] [ 編集 ]
車重と燃費の比率でエコカーかどうか判断するのは、悪いですね。
実際、グレードによってや、マイナーチェンジで車重を重くすれば優遇されるんでは、基準があまいです。
僕なら、減税と補助金はハイブリットとEVだけでよい気がします。普通のガソリン車でも排ガスは出しますし、今ではほとんどが星4つのシールが貼られています。
車重うんぬんと言い出すから基準に隙があるのであって、最初から燃費リッター15キロ以上の車とすればいいのではないのでしょうか。

メーカーも値段が高い車(大排気量の高級車)を売れば利益が大きいので、景気対策のために政府もクラウンなどの大型車も減税対象に入れているんだと思います。実際、クラウン1台とヴィッツ1台では、クラウンのが利益が多いです。
しかし、クラウンなどを買う人にとっては10万やそこらの補助金は必要ないとおもいますね。
[ 2010/05/18 21:27 ] [ 編集 ]
と思いますが、その担当者も政策内容を知った時から理不尽だと感じていた事でしょう。

もうとにかく不平等に一部の、しかも恵まれた人だけ優遇するバカな政策はホントにやめてもらいたいものですよね。一体何のために選挙やってるんでしょうか。
[ 2010/05/18 23:00 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
エグゼクティブパワーシートなるものを装備し、広い室内スペースを思いっきり贅沢(無駄)に使っているタイプの減税率がいちばん高いという、なんとも不思議なエコ基準ですね。
[ 2010/05/19 08:04 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、車重うんぬんが余分ですね。従来、メーカー各社は知恵を絞ってできるだけ軽量化、もしくはできるだけ重量増とならないようにクルマを開発してきました。
できるだけ重量増となるように知恵を絞ったのはおそらく今が初めてだと思います。
[ 2010/05/19 08:13 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
この制度、「エコ」というのは建前で、要は経済対策ですから、自動車業界からいろんな要望があったんでしょうね。
本当に「エコ」のための政策なら、大型車からコンパクトカーへの乗り換えを促進するはずですが、そんなことをしたら自動車メーカーは破たんしてしまいます。
そもそもいくらハイブリットカーと言っても、1550万円のレクサスLS600hL買う人に補助金出す必要なんてあるんでしょうかね。
[ 2010/05/19 08:51 ] [ 編集 ]
いっそ昔の3ナンバーの時の制度に戻してはどうでしょうか。
大排気量の車なんて贅沢品でいいです。
[ 2010/05/19 15:22 ] [ 編集 ]
恩恵受けるのは一部の限られた人だけで、我々にとっては恩恵どころか嫌がらせとしか思えないやり方といえます。こんなんでは治安にまで影響しかねませんよ。
[ 2010/05/19 19:14 ] [ 編集 ]
pulin様

コメント、ありがとうございます。
それ、いい考えですね。個人的には大賛成です。
[ 2010/05/20 07:04 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
一度こういうことをしてしまうと、今後不況のたびに同様のことをしなくてはならなくなってしまいます。またエコカー減税が終了してからしばらくは、販売減を補うためにかなりの値引き販売を強いられると思いますから、結果として自動車メーカーにとってもよくないことだと個人的には思っているのですが・・・。
CMなどで各社あれだけ派手にエコカー減税を意識付けしましたが、それはそっくりそのままエコカー減税終了後に「実質値上げ」される額を意識付けたことになります。
減税終了後が本当の正念場だと思っています。
[ 2010/05/20 07:55 ] [ 編集 ]
 全く仰る通りだと思います。
ついでに申せば測定方法にも大いに問題が有ると思います。
シャーシダイナモの上でヒーターもエアコンも使わず、ステアリングさえ直進固定!
T社のPウスは本当にポロの倍近くも走るのか?
モードに会わせた設定をするより実用燃費を良くする為に努力するのが技術者の良心ではないのでしょうか。
[ 2010/06/18 22:34 ] [ 編集 ]
藤重行様

コメント、ありがとうございます。
結果としては販売台数が増加したから良かったのかもしれませんが、制度の抜け道探しがメーカーの習慣となってしまうと困りますね。
[ 2010/06/19 08:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。