旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・スバル・インプレッサS201 STi Version(GF-GC8型) 

100516a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100516a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100516a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 2000年にスバルテクニカルインターナショナル(STi)からコンプリートカーとして発売された、インプレッサS201 STi Version(GF-GC8型)です。
 先日ご紹介した初代インプレッサWRXの究極の形として、STiが様々な特別装備を架装した超高性能インプレッサです。300台限定で390万円。改造車扱いなので280PS規制に従う必要がなく、最高出力は300PSにまで引き上げられています。
 このインプレッサS201、性能ももちろんすごいですが、スタイルが強烈ですね。徐々にガンダムチックになっていったライバルのランエボに対して、比較的インプレッサはすっきりしたスタイルだったのですが、このS201だけはちょっと趣を異にしていますね。
 90式戦車やF-15イーグルを造っている三菱のクルマが徐々にガンダム化するのはなんとなく納得していたのですが、何のことはない、富士重工も戦争映画によく出てくる戦闘ヘリ、AH-64Dアパッチを造っている会社ですから、ガンダム度でもランエボと拮抗していますね。個人的にはちょっとやりすぎのような気がしないでもありませんが。
 STiバージョンはインプレッサ自体がモデルチェンジした後も特別バージョンとして進化し続け、現在は205まで発売されていますが、このS201ほどどぎついスタイルのものはありませんでしたね。STi自身もちょっとやりすぎたと考えたのかもしれません。

 さて、現在のインプレッサとランエボ、ガンダム度はいかほどかちょっと見てみましょう。

100516a04.jpg

 やっぱりガンダム度はランエボの圧勝のように思われます。S201は富士重工の航空宇宙事業部が設計したという大きなダブルウイングと前後のロケットのようなエアロバンパーが付いていますので、いかにも「アムロ、行きまーす!」って言いながらどっかへ飛んで行っちゃいそうなスタイルですが、ハッチバックの現行型は落ち着いた大人の雰囲気が感じられますね。
 対するランエボはシャア大佐が運転すると普通のランエボの3倍の速度で走りそうで、いかにもガンダムの世界に出てきそうなスタイルをしていますね。
 性能的には究極のレベルにあるこの2台、性能競争だけでなくスタイルの変遷も楽しみですね。

インプレッサ・S201 STi Version(GF-GC8型)
全長×全幅×全高 : 4375×1690×1405mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1270kg
エンジン : 水平対向4気筒ターボ 1994cc 300PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/05/16 17:24 ] 2000年代スバル | TB(0) | CM(4)
スズキの現行スイフトってザクに似てませんか?
あれでザク汎用型の緑とか、シャア専用の赤を作れば売れるのでは?と思っているのは私だけかな(^_^;)
[ 2010/05/18 18:34 ] [ 編集 ]
インプレッサのエアロすごいですね。
写真でチラッと見たことはあったのですが、よく見ると凄まじいです。街中では見たことないですが、後ろからぴったりくっつかれると怖いですね。もうこれ以上改造のしようがないってくらい派手です。
しかし、縁石でエアロを擦ったりしたら厄介ですね。

前回のインプレッサの記事で、自分は将来免許を取ったらMT車に乗りたいと言いましたが、免許をとって半年以上MTに乗った経験なしにATに乗り続けていると10年後にMTに乗れない気がするんですよね。
免許取っていきなりATに乗ると、半クラッチの加減を忘れてしまったり、坂道発進や踏み切りでのエンストが怖くなってMTに乗る気がなくなったりしそうです・・・
[ 2010/05/18 21:32 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
言われてみると、丸っこいスタイルがザクに見えてきてしまいました。となると、赤のスイフトには角が必要ですね。
ちょっと前に「シャア専用携帯」なるものも販売されていたことがありましたから、サンライズと提携してそんなバージョンが企画されることも実際にあるかもしれませんね。
[ 2010/05/19 07:51 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
ほんと派手ですね。ここまで来ると、見ている分には面白いですが、自分ではあまり乗りたいと思わなくなってしまいます。

若いうちにMTに乗っておくと身体が覚えるから後々のこと考えると良いのかもしれませんね。乗る機会が少なくなろうとも、乗れないよりは乗れるほうがいいですからね。
[ 2010/05/19 08:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。