旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スバル・インプレッサWRX(GF/GC型) 

100513a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100513a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にスバルから発売された初代インプレッサ(GF/GC型)です。このカタログは1999年に発行された最終型WRXのものなので、STiバージョンも6となった段階のものです。人気車種ですから現在でもよく街で見かけますね。
 WRCでの活躍もあり、ランエボと並んで世界中で根強い人気を誇っているジャパニーズ高性能スポーツカーです。『バランスで抜き去る。』『OVER 7000rpmで聴く歌。』『シフトアップのたびに、リミットまで回してみたくなる。』等、現在主流のエコカーとは正反対の言葉ばかりが並んでいるので、読んでいてとても面白いですね。
 スバル・インプレッサと三菱・ランエボ、スバルと三菱がWRCから撤退した現在でも、それぞれにお互いまったく譲らず高性能路線を突き進んでいます。どちらもとっても濃いキャラクターなので、双方が熱烈なマニアに支持されていますね。この二台、どの時代のものでもとてもカッコいいです。
 
 さて、現在はエコカーブームの真っ只中。今も双方が高性能バトルを繰り拡げているといっても、クルマ社会全体から見ると、これらに興味を持っている人間はかなり少数派です。インプレッサやランエボをカリカリチューンしてクルマ談義に花を咲かせている方々はオタクとして見られて女性から敬遠されることもあるそうですね。特にこのスバル・インプレッサはオタク度合いが高いと巷では評判です。
 でもそれほど熱烈なマニアが生まれるクルマって素晴らしいですね。インプレッサとランエボ、販売台数がどれだけ少なくなろうとも、これからもずっと今の濃いキャラクターを続けていって欲しいものです。

 シビック・タイプRは今夏販売終了とのこと、マツダのRX-8も欧州では販売終了がアナウンスされていますから、国内販売もいつまでされるかわかりません。エコカーの対極にあるこれらのクルマはやっぱり存続が難しいのかもしれませんね。
 しかしいくら少数派となろうとも、これらのクルマに興味を持つマニアは必ず存在しています。受注生産という形であっても販売を続けて欲しいものですね。

 2009年度、国内販売台数トップのプリウスは277,485台販売されました。軽を除いて考えると、2位のフィットが173,154台なので、ダントツの販売台数ですね。ちなみにスバル全車(軽以外)の国内販売台数は80,542台、愛するマツダは170,772台なので、スバルとマツダの全てを合わせてもプリウスの台数に届きません。大トヨタ全体では1,524,865台と流石に多いですが、あれだけ豊富なラインナップを揃えているトヨタの中でも、プリウス率が18%もあります。
 いくらエコカー減税の効果やエコカーブームがあるとはいえ、この状況はちょっと異常ですね。プリウスが売れているからといって各社一斉にプリウス化するのではなく、このインプレッサのように、コアなファンを抱えた車種はぜひその濃いキャラクターをひとつの「文化」として捉え、独自路線を貫いて欲しいものですね。多種多様なクルマがあってこそクルマ社会全体が面白いのですから。

インプレッサ・WRX Type R STi Version 6(GF-GC8型)
全長×全幅×全高 : 4350×1405×1800mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 280PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/05/13 17:54 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(6)
現行モデルの4ドアは今年には追加になるみたいですね。アネシスベースです確かに今の軽自動車がワゴンR化しているみたいに今の登録車もプリウス化?しているようですね
[ 2010/05/14 11:27 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
4ドアのWRX、北米版の写真をチラッと見たことがありますが、ハッチバック以上に濃いですね。派手な六連星のステッカーを貼ったブルーのWRXも、やっぱり日本の道路には欠かせない存在だと思います。
[ 2010/05/14 16:21 ] [ 編集 ]
こんばんは。
RX-8の欧州販売終了は、日本よりも厳しい欧州の排ガス規制にエンジンがクリアできないからだそうです。
日本では当面売り続けるでしょう。
少し前まではアテンザにもMTがありましたが、今はほとんど設定がないようです。これから免許を取ってMTに乗りたいと考えている僕のような人は、寂しい気持ちですね。そのうちAT限定免許にすべてなってしまうかもしれないと、最近うすうす考え始めました。

ホンダのシビックTYPE Rは、販売不振からの販売終了だそうです。よく考えればS2000のときも同じような内容でしたね。
しかし、今年末には欧州のシビックRユーロが輸入されるようですし、CR-Zも販売しているのでMT車がもう少し生き残るような気がします。

マツダはアクセラ、アテンザスポーツ、ロードスター、RX-8とMT車が複数車種あるのがいいですね。父が20年前ロードスターを買ったときにはMTのロードスターがほとんどだったのに、現行型は半分かそれ以上がATじゃないでしょうか?

次期RX-7は雑誌でスクープされてましたが、最近は目にしません。本当に発売されるかどうか不安ですね。

インプレッサのセダンはSTIが北米で販売されてるんですよね。日本にもMTのセダンが入ってきて欲しいです。今までインプレッサはセダンがラリー出てましたからね。逆にランエボはクラッチペダルが無いSMTが主流になってきてますから、MTはどうなることやら・・・
[ 2010/05/14 22:24 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
CVT様のようにこれから免許を取られてMTに乗りたいと考えておられる若者には厳しい時代になってきましたね。
ほんのちょっと前までは、ほとんどのグレードにMTが設定され、ATよりも10万円ほど安いというのが相場でしたから、金のない若者はごく普通にMTを選択していました。
今は高価な上級グレードにしか設定されていないケースが多いですものね。高性能エンジンを積んだスポーツカーのMTはクラッチも重く、操作もシビアですから、ある程度MTの運転に慣れた方でないと運転を楽しむことができません。
なんだかメーカーが意図的にMT離れを加速しているような気がしています。
[ 2010/05/15 08:03 ] [ 編集 ]
10年前の雑誌の価格表を見ていると、マークⅡにもマニュアル(グランデ)が設定されているので、最近MTが急激に減ったようです。
MTが設定されていても6段なので、ATと同じ値段で販売されているのも残念な点ですね。MTが売れないのも理由がちゃんとあるような・・・
[ 2010/05/15 16:06 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
「売れないから売らない」、メーカーとしては当然のことをしているだけなので一個人がとやかく言うことではありませんね。
しかしながら現行の国産車でも、欧州向けはほとんどがMT車です。またVWゴルフ等も、日本ではDSGタイプしか販売されていませんが、本場欧州ではDSGはあくまでオプション扱い、標準はMTです。
製造されていないのならともかく、日本の工場で現在もMT車が生産されているにも関わらず、国内では販売されません。もう少しユーザーに選択肢を用意してくれてもいいような気がしています。
[ 2010/05/16 07:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。