旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・マーク2(X80型) 

100406a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100406a06.jpg
(画像クリックで拡大)


 1988年にトヨタから発売された6代目マーク2(X80型)です。好景気だった時代背景もあり、当時販売台数はカローラよりも多く、日本で最も売れていた車でした。
 自動車学校の教習車といえばほぼこのクルマでしたから、初めて運転したクルマがこのマーク2という方も多いことと思います。5ナンバー枠一杯の車格は当時ずいぶん大きく感じましたが、5ナンバー枠に収まるマーク2はこれが最後で、次の代からはワイドボディの3ナンバー車となり、代を重ねる毎にでかくなっていきました。
 現在でもたまに現役の80型マーク2を見かけますが、今は他のクルマがみな大きくなりましたから、当時大きく感じた80型マーク2もずいぶん小さく感じてしまいますね。

 さて、個人的な印象ですが、私はこの80型マーク2を見ると、『ザ・日本車』と思わず言いそうになってしまいます。日本独特の小型車枠に日本独特のデザインセンスとハイテクを組み込み、日本独特の最大公約数的思考で見事にまとめ上げられたクルマ。まさに『ジャパニーズ・スタンダード』です。
 これまで数多くの国産車が販売されてきましたが、この時期までは5ナンバー枠で様々なデザインが試みられてきました。直線的になったり曲線的になったりと、その時代の流行によって様々なクルマが生まれてきました。その集大成がこの80型マーク2だったと個人的には思っています。

 1989年に自動車税の課税基準が変更され、以降に発売されるクルマは5ナンバー枠にとらわれる必要がなくなりました。そうなるともうデザインが世界基準となり、最近発売されたこのクラスのクルマはほとんどが『欧州車的』になってきましたね。この先はどうなっていくことやら。デザインの流行が国内のブームではなく、世界規模のブームによって移り変わっていくことは確かでしょうね。なんといっても現在もっとも大きな自動車市場となっているアジアの大国では流行のデザインを即座に取り入れてしまいますからね。BMWそっくりの『BNW』やトヨタそっくりの『TOYODA』が日本で販売されるようになるかもしれませんね。

マーク2・ハードトップ・グランデG(GX81型)
全長×全幅×全高 : 4690×1695×1375mm
ホイールベース : 2680mm
車両重量 : 1480kg
エンジン : 直6DOHC 1988cc 170PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/06 16:01 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
絶版から17年(マークⅡセダンの一部機種は14年?)以上経った今でも割と普通に見掛けるのが凄いですよね。まぁチェイサーの前期ともなると結構希少ですけど。日産のK10系パイクカーのように手厚く保護される事もほとんど無くあれだけ生存してるんだから大したものだと思います。

80年代までの日本車の集大成、仰る通りだと思います。何でこんな「名車」たちがまだ使える、需要がある段階で抹殺されねばならんのでしょう・・・・もうほんま、あの奨励金政策は最低の愚策ですね。
[ 2010/04/07 18:20 ] [ 編集 ]
トヨタ車のデザインはあまり好きではなかったですが
このころの車はすっきりしていていいですね。
[ 2010/04/08 06:53 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
古い扇風機による火災が起きたことをきっかけにして、メーカー各社は古い扇風機の使用中止を促すようになりました。モーターやコンデンサの劣化が原因とのことです。
我が家にあった扇風機はどれも30年以上前のものばかりだったので、それを機に買い換えました。新しい扇風機には「設計上の標準仕様期間:6年」と書かれており、それ以上使用すると火災の可能性があるとの記載もありました。
クルマと扇風機が同じだとは思いませんが、モーターや電子部品が中心になっていくと、否応なく一定期間ごとに買い替えを強制されるような仕組みにはめ込まれてしまうような気がしています。
プリウスの電池寿命は「5年10万キロ」で、「電池交換は可能だが念頭には置いていない」とのこと。現在80型マーク2を街中で見るような感覚で20年後に今のプリウスを見ることはきっとないでしょうね。
[ 2010/04/08 11:59 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
この頃はまだ歩行者衝突安全性を考慮したスタイルではなかったので、どのクルマもスマートでしたね。ボテッとしていないから車両感覚も掴みやすく、運転しやすかった記憶があります。
[ 2010/04/08 12:04 ] [ 編集 ]
爆発的なヒットでしたから、気に入られて乗ってる方が多いのだと思います。

プリウスの話ですが、東京都内ではタクシーが大量に導入されて今ではかなりの台数のプリウスタクシーが走ってます。ですから、タクシーに需要があるならば、トヨタも電池交換の必要性があるので行うはずでしょう。

また、扇風機は1万円、プリウスは250万円と、価格の差が大きいです。250万円で、5年しかもたない車は普通、売らないはずです。トヨタもアフターサービスについては行うと思いますよ。

[ 2010/04/09 23:54 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
20年後、30年後でも安心して今のプリウスに乗り続けられるようにアフターサービスしてほしいものですね。
『エコ替え』なんてテレビCMは二度と放送してほしくないと思っています。
[ 2010/04/10 08:16 ] [ 編集 ]
こちらにもコメントいたしました。
時の寵児GX81マークⅡ、実は日産党である自分ですら、クレスタ/チェイサーともども惚れてしまうほどの車です(もっとも日産始め他メーカーの車でも、当時は実際の売り上げはともかく魅力的な車が多かったので好きでした)。
しかし、自分の生まれ育った秋田県横手市では、現在もはやタクシー車数台のみぐらいしかお目にかかることができません。そのタクシー車の1台には2年前実際に乗ったことがあるのですが………。

Web版の未掲載画像ですが、ハードトップツインカム24の掲載カラーが「パールストリームトーニング」でした。
このカタログは、1988年当時のものでしょうか。
カーセンサーnetによると、1988年発売初期のオプションカラーにはこの色は存在せず、「パールフレイバートーニング」のみがありました。
画像では「88年(FMC時)のリア。」として同色が掲載されていましたが…………。(翌年の1989年モデルには、ちゃんとありました。)

このカタログが1988年のもので間違いないとすれば、カーセンサーnetの情報に誤りがあるのかもしれませんが、1988年当時の『ハードトップツインカム24V』のラインナップに「パールストリームトーニング」は存在したのでしょうか。
[ 2014/02/18 17:40 ] [ 編集 ]
DRIVE!80カー様

コメント、ありがとうございます。
このカタログは1988年8月現在のものです。カーセンサーnetなるものがどう記載されているのかは存じ上げませんが、少なくともこのカタログには「パールストリームトーリング」というボディーカラーが記載されています。
逆にこのカタログには、「パールフレイバートーニング」というカラー名はどこにも載っていないようです。詳細なオプションカタログには載っているのかもしれませんね。
[ 2014/02/19 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。