旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ダイハツ・ハイライン 

100331a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100331a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100331a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100331a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100331a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100331a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1962年にダイハツから発売された小型トラック、ハイラインです。このハイラインのみならず、ニューラインやコンパーノトラック等、ダイハツのボンネット型トラックは品があってカッコいいですね。以前V100トラックの記事で、コラムシフトが右側に付いていることに触れましたが、このハイラインはV100とは違って左側に付いていますね。
 「あすを走る商用車」として、「新しいビジネスと新しいレジャーに」このハイラインはずいぶん活躍していたことと思います。東京オリンピックの聖火リレーサポートカーとしても使われたそうですから、その信頼性もとても高かったんでしょうね。
 デザインもよく、性能・信頼性も申し分なかったダイハツ・ハイラインでしたが、ダイハツがトヨタと提携してからは、ハイラックスと競合するということから1971年にその短い生涯を終えることとなってしまいました。
 後にハイラックス・サーフがRVブームの中心的存在として三菱パジェロとともに絶大な人気を得ることになりましたが、ハイラックスの競合車種として、RVブームの中でのハイラインも見たかったものですね。とは言うものの、「ハイラ」インと「ハイラ」ックスは車格だけでなく、車名も最初の3文字が同じ。やっぱり消滅するのは運命だったのかも知れませんね。
 「新しいビジネス(業務提携)」によって「新しいレジャー(RVブーム)」に参加することができず、「あすを走る」ことがなかったダイハツ・ハイライン。当時のカタログのキャッチコピーを現在見てみると、なんだかちょっと物悲しくなってしまいますね。

ダイハツ・ハイライン・スタンダード仕様
全長×全幅×全高 : 4160×1560×1590mm
ホイールベース : 2565mm
車両重量 : 1140kg
最大積載量 : 1000kg
エンジン : 直4OHV 1490cc 68PS
最高速度 : 100km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/03/31 11:39 ] 1960年代ダイハツ | TB(0) | CM(6)
この頃のダイハツはイタリア風のデザインを取り入れてますね。中でもコンパーノはお洒落で可愛らしいクルマだと思います。
[ 2010/04/02 16:37 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
この頃はまだ自社でまともにデザインできなかったからか、海外のデザイナーにデザインを依頼することが多かったですね。
現在のコペンやミラココアもコンパーノを彷彿させるデザインに見えます。
[ 2010/04/03 08:36 ] [ 編集 ]
僕は、平成生まれなのでこの時期の商用車は見たこともないですが、旧車イベント等ではパブリカトラックが見られるくらいで、60年代のボンネットトラックは皆無です。
いったいどれくらい生存してるんでしょうか。
他にも、日野ブリスカ、いすゞワスプなど実車を見てみたい車種があります。

当時のダイハツのデザインは逸品だと思います。
60年代と言うと、ほとんどが海外のデザインだったと思います。日本では当時不人気だった410ブルーバード、130セドリックなどはヨーロッパ風の味が出ていていいです。
マツダも初代ファミリアクーペやルーチェなどリアの流し方が綺麗です。ダイハツはコンソルテが発売されてトヨタ色が出てきましたが、初代シャレード登場でダイハツのよさがよみがえっている気がします。

当時、アルファロメオやルノーなどが日本の道路を走ってゆく姿をみたら感動物でしょうね。
[ 2010/04/05 20:17 ] [ 編集 ]
このダイハツ・ハイライン、小生が4歳頃=1974年あたりまで自宅の近くでしばしば見ました。初代後期型ローレルグリーンの丸目四灯の個体。
小生の意見ではハイラインは二灯より四灯の方が風格あるフラットデッキのボディラインにマッチしてスタイリッシュだと思います。
いずれにせよトラックにしておくには勿体無い優雅な気品を称えたハイライン、惜しいと思うのはライトバン仕様のテールランプ、同社のコンパーノベルリーナのランプをさらに小ぶりにした紡錘形のもので、立体的なハイラインのボディシェイプにはどうにもミスマッチな造形で率直言って張りぼての印象を免れないと感じます。やはりハイラインは標準ボディ・トラックに尽きるということでしょうか。
さて、ダイハツ・ハイラインにまつわるトリビアを一つ。二世代目のF150型角目ハイライン(1968年発売)は1971年から1976年あたりまで南アフリカの英国メーカー・レイランド社の現地組立工場で「レイランド・ダイハツピックアップ」の名で製造されており多くはないが一定のシェアを有していた模様です。kyuusyamania様がもし南アフリカを訪れたことがあり、現地でハイラインを見たことがおありでしたらレイランド社製現地生産の個体と考えれば良いかと思います。
[ 2010/04/05 22:37 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
60年代のボンネットトラックがどれぐらい現存しているのかは私にもまったくわかりません。商用車は基本的に仕事で使われていましたから、程度のよいものはあまりないかも知れませんね。
[ 2010/04/06 16:29 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
日本メーカーも世界中で現地生産していますから、国内では入手不可能な思わぬ『旧車』が新車で手に入ることもあるかも知れませんね。
先日レッドバロン(バイク店)へ行ったら、日本で20年ほど前に販売されていたスズキの125ccバイクが中国スズキ製の新車として販売されていました。それも原付よりも安い15万円ほどで。面白いこともあるもんですね。
[ 2010/04/06 16:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。