旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・キャラバン・コーチ(E24型) 

100323a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100323a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100323a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100323a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100323a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100323a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100323a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年に日産から発売された3代目キャラバン・コーチ(E24型)です。「最高級のロイヤル・ワンボックス」というキャッチコピーが使われている通り、当時の好景気を反映して豪華な内装をこれ見よがしにPRしていますね。
 当時、このキャラバン・コーチに限らず、いわゆる「ハイソカー」と呼ばれていたセダンも含めて、なぜか暖色系のふかふか内装のクルマが多かったですね。カローラクラスもこんな感じのシートが使われていました。ワンボックスでこういうシートが使われると、3,4枚目の画像などまるで高級スナックの店内のようですね。この手の内装のクルマは、私が乗せていただいたことがある車の範囲内ですが、決まって芳香剤の臭いがとても強くしていました。きっと『揺ぎない地位、そして大いなる人生を謳歌するオーナーのプライベートルーム』でいろいろなことをして人生を謳歌していたのでしょうね。
 さて、このキャラバン・コーチはこの次の代ではキャラバン・エルグランドとなります。バブルが崩壊して経済は下降線を辿っていましたが、内装は質素になるどころか、高級スナックの店内から旅客機のファーストクラスへとグレードアップされました。現在のエルグランドやアルファードなどの2列目シートはまさにファーストクラスですね。(といっても私自身、国内線でごく短時間しかファーストクラスに乗ったことがありませんので、ファーストクラスのシートがどんなものなのかよくわかっていませんが。)
 きっと一度高級感を味わってしまったらなかなかグレードダウンはできないのでしょうね。現在のエルグランドやアルファード等のシートはさぞお金がかかっていることでしょう。

 先日、ニトリへ買い物へ行ったら、エルグランドやアルファードもびっくりのオットマン付き電動リクライニングソファ(3人掛け)が展示されていました。真ん中の席の背もたれが倒れてテーブルになるあたり、まるでファーストクラスのシートのようで思わず腰掛けていろいろと遊んでしまいました。こんなのよほどのお金持ちしか買わないだろうと思って値札を見てみると、なんと69,900円。本革仕様のタイプでも10万円を切っているとのこと。私のように物を見る目がない人間に対しては、意外と安く豪華さを感じさせることができるんだなあとちょっとびっくりしてしまいました。
 まあいくらびっくりしたと言っても、もちろんそのソファは買いませんでしたけど。私の部屋には20年ほど前にホームセンターで購入した2980円の座椅子がちゃんとありますから。

キャラバン・コーチ・シルクロードリムジン(E24型)
全長×全幅×全高 : 4520×1690×1955mm
ホイールベース : 2375mm
車両重量 : 1670kg
エンジン : 直4OHC 1952cc 91PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/03/23 15:29 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(12)
かっこいいですね^^
[ 2010/03/24 13:20 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
このE24型は2000年頃まで生産されていましたから、現在でもちょくちょく街で見かけますね。いかついミニバンが多い時代になりましたからこういうのがかえって新鮮に感じられますね。
[ 2010/03/24 15:19 ] [ 編集 ]
濃い赤茶や青の内装が良いんですよ。それにデジタルメーター・・・・ほんまたまりまへんわ。88年のGTシリーズ追加後のものもお持ちでしたらアップしていただけると幸いです。
[ 2010/03/24 22:17 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
残念ながら、E24型キャラバンについては、この86年のものと翌87年のものしか持っておりません。ご期待に沿えず申し訳ありません。
この時期はこの手の内装とデジタルメーターがブームでしたね。
[ 2010/03/25 15:13 ] [ 編集 ]
赤や青のスナック内装・・・。懐かしいです。
GX71のマークⅡとクレスタを所有していた頃が懐かしいです。当時はその雰囲気がたまらなく高級に感じられていましたね。

私も車のカタログ収集を趣味にしているのですが、身近にこの趣味を理解してくれる人がおらず、先日こちらのサイトを見つけたときは嬉しくて嬉しくて・・・。
車ももちろんのこと「その時代」を感じることができるのもこの趣味の楽しいところですよね。

今後も楽しみに拝見させていただきます。宜しくお願い致します。
[ 2010/03/27 16:27 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。

> 車ももちろんのこと「その時代」を感じることができるのもこの趣味の楽しいところですよね。

 おっしゃる通りでございます。このようなコメントを頂き、私も嬉しくなってしまいました。「たかが自動車のカタログ」ですが、これって日本経済の縮図が詰まっていると思うんです。モデルさんのファッションや小物、そしてカタログのキャッチコピーは当時の流行をそのまま写しています。さらにそのカタログを久しぶりに眺めるとき、それを持ってきた営業マンや訪問したディーラーの様子、そしてその時に考えていたことなどが一気に脳裏に浮かんできます。
 我が家では車のカタログが一冊あれば家族揃っての夕食のネタがひとつできてしまうのですが、ローレックスがひとつあっても自分が満足するだけで、他の家族からは白い目で見られるだけですからね。(私が自分勝手にウンチクたれてるだけで、家族は白い目で見ているかもしれませんが・・・)


[ 2010/03/27 19:13 ] [ 編集 ]
家族揃って車のカタログをネタにお話ができるなんて・・・
なんてうらやましいことでしょう。
我が家では車の話が私の自分勝手なウンチクになってしまうというのに・・・

日本経済の縮図、本当にその通りですね。
今後、未来の私たちが今の平成22年頃のカタログをどのような気持ちで見る事になるのでしょうね。

孫から「ガソリンって何?」なんて言われるのでしょうか。エコカー減税やエコカー補助金の記載を見て「この時のつけが今僕たちに回ってきてるんだね」なんて・・・言わせてはならないですね。
[ 2010/03/27 21:02 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
30年、40年後に現在のカタログを見ると、きっと面白いと思いますよ。「いま(未来)のクルマの基礎がこの時期に整った」となるのか、「この時期はもっとも迷走していて、一過性のエコカーブームだった」となるのか、「この時期に方向性を誤ったおかげで地球が滅茶苦茶になってしまった」となっているのか。
世界各地で起きている戦争のほとんどに石油の利権が絡んでいるように、今後の方向性によって新たな戦争の火種も生まれてくるのかもしれませんね。
[ 2010/03/28 09:03 ] [ 編集 ]
突然の書き込み失礼いたします。
キャラバンの検索でやってきましたが
あまりの素晴らしさに感激してしまいました。
勝手ながらブログにリンクを貼らせていただきました。
ご迷惑でしたらお申し付けください。
[ 2010/06/02 22:50 ] [ 編集 ]
キャラバンパパ様

コメント、ありがとうございます。
リンクしていただき、ありがとうございました。こちらも貴ブログをリンクさせていただきました。キャラバン、手に入れられるといいですね。
[ 2010/06/03 07:00 ] [ 編集 ]
本当に懐かしく拝見しました。
この時期の車の高級スナックのような
内装と、芳香剤の強いにおい!わかります。
なんて的確な描写でしょうか。
青春にタイムスリップしました。ありがとうございました。
[ 2015/06/19 07:54 ] [ 編集 ]
あくあ様

コメント、ありがとうございます。
私は人工的なあの芳香剤の香りがとても苦手で、その手のクルマに乗せていただいたときにはただただ苦痛でした。今でもカー用品店でそれらの売り場を通ると、サンプルの強い臭気が漂っていますが、あの香りって時代が変わっても全然変わりませんね。
[ 2015/06/19 16:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。