旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ダイハツ・V100 

100320a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100320a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100320a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100320a04.jpg
(画像クリックで拡大)

 1964年にダイハツから発売された1.25トン積み小型トラック・V100です。ダイハツは1958年にベスタという2トン積みトラックを発売し、その後1.25トンのV100、1.5トンのV150、2トンのV200、3トンのV300等ラインナップを広げて小型トラックを製造販売していました。
 1970年からそれらをダイハツ・デルタとして展開していきましたが、1967年にトヨタ・日野・ダイハツというトヨタグループができたこともあって、いつまでダイハツがトラックを造っていたのかはよくわかりませんね。
 まあ現在はダイハツブランドの小型トラックはラインナップに存在していないことだけは確かです。(軽トラ除く)
 さて、トヨタグループになってからのラインナップはともかくとして、このカタログの時点ではV100はダイハツオリジナルです。そこで少し気になったのですが、3枚目の画像、コラムシフトが右側に付いていますね。ホンダのT360も右側に付いていましたから、コラムシフトは左側という決まりはないと思うのですが、ダイハツの場合、同時期のニューラインは左側に付いていました。どちらに付いていても慣れれば問題ないのでしょうが、同じメーカーなら統一してほしいものですね。
 自動車産業の黎明期だからこんなこともあったのかな、なんて考えていたら、あるクルマが頭に浮かびました。三菱自動車が現在販売しているギャラン・フォルティスです。
 このクルマ、2ペダルMTのラリーアートはDレンジで前がダウン、後ろがアップですが、CVT車は前がアップで後ろがダウンです。同メーカー、同時期の同一車種でグレードによって操作方法が異なるとは、なかなか三菱自動車も面白いことをしますね。
 ギャランフォルティスって素晴らしいクルマなのにいまいち売れないのは、そんな些細なことも関係しているのかも知れませんね。

ダイハツ・V100
全長×全幅×全高 : 4250×1690×1975mm
ホイールベース : 2500mm
最大積載量 : 1250kg
車両重量 : 1315kg
エンジン : 直4OHV 1490cc 68PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/03/20 17:53 ] 1960年代ダイハツ | TB(0) | CM(2)
うっすらした記憶ですが、小生、このダイハツ製小型トラックVシリーズというとミラーマン(特撮ドラマ)で怪獣退治に向かう御手洗朝子(正体は沢村孝子)らを含む三人組が乗っていた丸形四灯のV200型2トンの後期型という印象が強いです。中でもV200に乗った御手洗朝子嬢の紫式部を思わせる長い黒髪に幼心をノックアウトされたことを今でも鮮烈に思い出します!kyuusyamania様は如何でしょうか。
このVシリーズ・ダイハツ小型四輪トラック、最初は丸形二灯、1967年頃から丸形四灯にモディファイされて1970年のデルタ1500/2000(トヨタダイナをベースとしている:但しフレームはダイナのコ型断面に対して箱形断面式)の登場まで連綿と作られ続けました。Vシリーズの前身は小型三輪車を四輪にしたV型2気筒搭載のダイハツ・ベスタからスタート(1957年発売)していることを考えるにダイハツのセミキャブオーバー型4輪トラックはオート三輪以来の基本構造を踏襲して1970年まで持ってきたという点で逆にダイハツオート三輪の柔軟性に富む応用範囲の広い構造の優秀性が際だつのではないでしょうか。
コラムシフトの位置が同社のハイライン系ボンネット商用車とV100-200トラックとで異なる話、誠に目を引きますね、メーカー側の試行錯誤が伺えるようで。ところでダイハツのデルタ・トラックがダイハツの池田工場で製造されていたのは1995年までで、それ以後はトヨタ・ダイナのOEM供給(したがってトヨタ側の岐阜車体工業の工場で生産)によるダイナの顔違いに変身してしまい、1999年には日野自動車製デュトロ(製造は日野自動車羽村工場)の顔違い・エンブレム違いとなるも2002年頃中止となり、名実共にダイハツの普通トラック事業は幕を閉じた格好です。
[ 2010/03/20 19:43 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
いつもながらの詳細なご解説に脱帽しております。私はダイハツのVトラックについて、「カッコ悪いトラックだなあ」と思っていました。コンパーノ・トラック等、ダイハツのボンネット型はかなりカッコよかったのに、キャブオーバー型になると同じメーカーとはとても思えないようなスタイルだったことを不思議に思っていました。
[ 2010/03/21 11:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。