旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・サニー303/305/306(B12型) 

100315a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100315a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100315a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100315a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100315a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100315a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年に日産から発売されたサニー(B12型)の3ドアハッチバック版、サニー303/305/306です。3ドアの「3」と、排気量1.3L、1.5L、1.6Lの「3」「5」「6」から付けられたと思われる303/305/306の車名ですが、まるでプジョーの車名のようですね。
 このクラスの3ドアハッチバック車というのは現在の国産車では絶滅してしまったタイプで、現にサニーではこのB12型と先代のB11型でラインナップされていただけです。日産車としてはサニーと姉妹車関係であったパルサーが後々まで3ドアハッチバックを揃えてしましたが、パルサーの消滅と同時に日産からこのタイプは消えてしまいましたね。
 VWゴルフやホンダが限定販売したシビック・タイプRユーロ等は現在も3ドアハッチバックとして存在していますから、ヨーロッパではそれなりに需要のあるボディタイプなのでしょうが、日本ではあまり受け入れられなかったようですね。個人的にもサニークラスの車格があるのなら、5ドアハッチバックのほうが何かと便利だと思います。
 さて、最近ではコンパクトカーや軽自動車に至るまでほとんどの車種が4ドアを備えており、2ドアのクルマは一部の高級スポーツカーぐらいになってきました。前席の背もたれを前に倒して「よっこらしょ」と後席に乗り込むシーンも珍しいものになるのかなあ、なんて考えていたら、そんなことはありませんね。最近は最近で、3列シート車の3列目に乗り込むときには同じような乗り方をしています。
 ということは、近い将来、ボディ剛性を強化したうえで6プラス1の7ドア車というのが出るのかもしれませんね。なんだかムカデみたいであまりカッコよくなさそうですけど。

サニー305Re(B12型)
全長×全幅×全高 : 4020×1640×1415mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 950kg
エンジン : 直4OHC 1497cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/03/15 15:13 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(16)
こんばんは。
先日はカタログの保管方法について教えていただき、ありがとうございます。
スチールロッカーだとある程度の重みにも耐えられるので大丈夫そうですね。
僕は、プラスチック製のケースにカタログを入れておいたら、重みに耐えられず破損してしまいました。

色移りで、黒い表紙のカタログの上に白い背表紙のカタログを重ねても白い背表紙が黒っぽくならないのでしょうか?

これだけ大きなA3サイズまでスキャンできるスキャナーをお持ちなのがうらやましいです。


話は変わりますが、旧車好きなので80年代のカタログも収集していますが、サニーのHBのネーミングが排気量によって差別されているのは知りませんでした。
3ドアは日本では80年代に流行りましたが、最近では乗り降りのしやすい5ドアが主流ですね。
3ドアの方が、子どもが勝手に乗り降りできないので安全だと思いますね。

でもハッチバックのスポーツタイプは3ドアというイメージが強いですね。
最近では、200万円代で買えるスポーツカーがほぼ皆無なのが淋しいです。

[ 2010/03/15 20:36 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。

> 色移りで、黒い表紙のカタログの上に白い背表紙のカタログを重ねても白い背表紙が黒っぽくならないのでしょうか?

カタログ内では常にページ同士が重なっていますが、左ページの内容が右ページに写っていることがないことからもわかるように、あまり色移りは心配されなくてもよいと思います。
あっ、でも販売店のスタンプが写っていたことはありました。これも最近は既製のシールになっているからあまり心配する必要はないかもしれませんね。

A3スキャナー、高かったです。災害等でカタログが全てダメになってしまっても大丈夫なように、電子データ化しようと思って購入したのですが、1冊スキャンするのに結構時間がかかるので、早々に断念してしまいました。
[ 2010/03/16 12:51 ] [ 編集 ]
30シリーズもサイコーですね。あぁー・・・・これら一連の傑作車が今でもゴロゴロしていて中古車の流通も盛んであるならどんなに良いかと思いますよ。
[ 2010/03/16 20:07 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
トヨタのエコ替えCMや東京都のディーゼル規制、最近の買い替え補助金等、日本では「環境」の大義名分のもと、古い車が市場から消えやすい雰囲気がありますね。
古い車が「環境」に悪いという理由で減らしたいのなら、日本の中古車を海外へ輸出することも規制しないといけませんよね。場所が変わるだけで「環境」に悪いことには変わりませんから。
古い車も新しい車も環境に負荷をかけ、その対価として利便性を得ているのですから、「環境にやさしい自動車」なんてありえないと思うんですけどね。現在は燃料消費量がエコカーの基準になっていますが、将来レアメタルが枯渇して「レアメタル使用量」がエコカーの基準となった場合、ハイブリット車やEVが「環境に悪い車」と呼ばれるようになるのかもしれませんね。
[ 2010/03/17 08:29 ] [ 編集 ]
気にしなくても大丈夫そうですね。
やっぱり紙の状態を良く保つためにも、ダンボールにしまったカタログも定期的に順番を入れ替えたりしたほうが良いのでしょうか??

A3スキャナーをお持ちで、このように綺麗にホームページで掲載していただくと、車マニアにとっては嬉しいです。WEB版ももう少し写真を拡大できるともっといいです。
A4サイズまでのスキャナーなら15000円程度で購入できるんですが、それ以上のサイズは5倍くらいしますから買えないですね。

トラッドサニーはセダンは多く流通したようですが、ハッチバックはパルサーツインカムミラノの影に隠れがちで知名度は低いですよね。
[ 2010/03/18 17:00 ] [ 編集 ]
環境の事など何も考慮せず無理矢理こじつけてるだけに過ぎないんですよね。極端な話、スターレットやマーチからハマーH2なんかに換える場合でも25万もらえるんですからね。ここまでバカバカしい法案があるでしょうか・・・・。

粗末にされない「選ばれしクルマ」というのも存在しますが、Be-1やパオなんかの異常なほどの支持のされようには疑問を感じずにはいられません。
[ 2010/03/18 21:32 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。

> やっぱり紙の状態を良く保つためにも、ダンボールにしまったカタログも定期的に順番を入れ替えたりしたほうが良いのでしょうか??

 私は定期的に入れ替えをしたことはありませんので、したほうが良いのかどうかはちょっとわかりません。
 あまりカタログの状態に神経質になりすぎると、目一杯開いてスキャンすることも、寝転がって眺めることもできなくなってしまいますからね。
[ 2010/03/19 11:52 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
私も今のエコカー減税というもの、とてもバカバカしいと思っています。経済を活発化するためにはスクラップ&ビルドも仕方ないのかもしれませんが、オプション付けて重くすればエコカーになるとか、ちょっと制度が不完全すぎますよね。
車に限らず、世の中見回してみるとそんなのばかりです。長期間住めるはずのない軽量鉄骨のプレハブ住宅が超長期優良住宅として推奨されたり、地デジ移行で強制的にテレビを買い替えさせたり・・・。「もったいない」感覚が染み付いている私には疑問に感じることばかりです。
[ 2010/03/19 12:15 ] [ 編集 ]
6プラス1の7ドアだったら便利かもしれませんね。私も体が大きいので3列目に乗り込む時はちょっと狭いです。
車は進化しているようで、これからも進化が楽しみですね。
[ 2010/03/19 16:08 ] [ 編集 ]
あまり神経質にならなくてもこんなに状態が良いのであれば、僕もそこまでこだわらなくて大丈夫そうですね。
このサイトのカタログの状態はきわめて良いですし。
ちなみに最近は各社カタログの大きさがばらばらなので、保管が大変です。

[ 2010/03/19 19:29 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
本当にこれからの車の進化が楽しみです。私が小学生だった頃、父親が購読していた自動車雑誌に載っていた「未来の自動車」を粘土で作った記憶があります。今のプリウス等は私の粘土細工よりもずっと「未来的」なクルマなので、これからが本当に楽しみですね。
一人のクルマ好きとして、この時代に生きていられることがとても幸せに感じられます。
[ 2010/03/19 21:14 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
考え方は人それぞれですが、私は「自動車カタログ」という「物」をコレクションしているのではなく、「カタログに書かれていること」をコレクションしている「自動車カタログ蒐集家」です。
自分の頭脳が「一度見たことを全て記憶できる」ような優れたものであるのなら、「カタログ本体」はすぐに破棄します。なんといっても場所をとりますからね。
残念ながら私のオツムはあまり良くないので、記憶の補助として、捨てるに捨てられない状態となっています。
何百冊、何千冊となってくると、もう状態云々とは言っていられませんからね。
[ 2010/03/19 21:55 ] [ 編集 ]
私は、これからの車も楽しみですが、私の知らない昔の車を教えてくれる、このブログが大好きです。kurumamaniacsさん、ありがとう。
[ 2010/03/19 23:52 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
マイペースで少しずつではありますが、これからも更新していこうと思っておりますので、拙いブログですがよろしくお願い申し上げます。
[ 2010/03/20 17:55 ] [ 編集 ]
サニーのHBはルキノ・ハッチもありますよ。
[ 2014/05/02 22:01 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
そういえばルキノはハッチバックも追加されたようでしたね。もっとも、私の目にはルキノハッチとパルサーの区別はよくわかりませんでしたので、ルキノはクーペだけのような気がしていました。
[ 2014/05/03 17:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。