旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ライトエースワゴン(M20型) 

100308a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年にトヨタから発売された2代目ライトエース・ワゴン(M20型)です。初代から大きく変わったわけではありませんが、商用車っぽさがクルマ全体から感じられた初代に比べると、いくぶんかは洗練されたワゴン車に見えないこともありませんね。
 当時はまだ現在のようなミニバン全盛時代ではありませんでしたから、メーカーとしてもワンボックス乗用車の新しい可能性を模索していた時代でした。『ワゴン脚光。』『セダンを捉えた。』『ワゴン万能。』『ワゴンならできる。』『待望、ニュービークル。』・・・ずいぶんインパクトのあるワゴン賛歌のキャッチコピーが並んでいますね。『ワゴン脚光。』のページにも書かれているように、当時は『カーライフそのものが、いま大きく変貌しようとしている。』時代だったようです。現在もクルマ社会が大きく変貌しようとしていますので、結局のところ常に変貌し続けているんですね。
 さて、この2代目ライトエース・ワゴンの大きなセールスポイントはセダンのようにフロアシフト車を設定したことです。まだMTが主流でしたから、どうしてもシフトワークは運転の重要な位置を占めます。コラムシフトだとトラックを運転しているような感覚がしたのは事実ですので、この変更はライトエースに乗用車のイメージを持たせるためにはかなり有用だったと思います。
 この時期、他のワンボックスワゴンもフロアシフトを設定する車種が増えていましたが、その後、ATがほとんどを占めるようになってからはまたコラムシフトに戻っていきましたね。現在ではほぼ例外なくミニバンはコラムシフトかインパネシフトになっています。まあ「シフト」と言ってもATの場合セレクターレバー、つまり電気的なスイッチだけですからどこに付いていてもあまり運転感覚には影響ありませんけどね。最新のメルセデス・ベンツの上級車は知らない人が見たらウインカーのスイッチにしか見えないATレバーです。プリウスのATセレクターレバーも既に「レバー」である必要性がないようなものになっていますから、近い将来、ボタンになるかもしれませんね。
 メーカーがこのライトエース・ワゴンのように「新しいカーライフ」を提案したことが実を結び、現在のようなミニバン全盛の時代がやってきました。軽ミニバンからアルファードのような高級ミニバンまで、おそらく当時提案していた新しいカーライフを多くの方が実現しえたことと思います。さてこれからは?

 先日、知り合いの大工さんがエスティマ・ハイブリットを購入しました。購入理由はスタイルでも走行性能でもなく、「1500Wまで使えるACコンセントがあるから」だそうです。仮設電気が用意できていない現場で作業するときにずいぶん重宝するとのこと。
 新しい技術によって「新しいカーライフ」はまだまだいろいろな形で生まれてきそうですね。

ライトエース・ワゴン・ハイルーフGXL(TM20G型)
全長×全幅×全高 : 3940×1625×1950mm
ホイールベース : 2080mm
車両重量 : 1410kg
エンジン : 直4OHV 1770cc 92PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/03/08 13:14 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
濃いのが来ましたね。サンルーフの類が初めて設定されたのはこの型、この年代からだったはずですが、この種のワンボックスに関してはこの後一挙に進化し、電動開閉するガラス製のツインムーンルーフに凝ったレイアウトのスカイライトルーフといった2種類を用意するまでに至りました。その頃のワンボックスはサンルーフはもはや付いているのが基本だったようですが、その後少し衰退してしまい、登録車に関してもトヨタのツインムーンルーフに相当するものか、でっかい1枚ガラスのハメ殺しというシンプルなものとなっています。しかも今のセレナやノアなんかは一応設定こそあれど、装着率は低く、付いている個体は珍しいほどになっているのは、ワンボックスにはやっぱりサンルーフ、と考えている私としてはちょっと寂しいですね。

MTのチェンジレバーはフロアでないと無理と思うのは私だけでしょうか。馴染みが無いせいもあるでしょうが、ギヤがどの段に入ってるか把握しづらそうなのでおっかないです(笑)。シフトパターンも車種によって違ったりするのでなおさら厄介なんですよね。
[ 2010/03/10 12:50 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
ワンボックスのサンルーフが少なくなったのは、確か不幸な事故があったからだと思います。もう何十年も前のことなので記憶が曖昧ですが、自分の子供と近所の子供の二人をギロチンしてしまった事故があったと思います。当時その新聞記事を読んで、運転されていたお母様はどんなお気持ちだったのだろうと家族で話し合った記憶があります。(うちにも初代のサンルーフ付きタウンエースがあったので真剣に話した覚えがあります。)クルマは便利な反面、1トンの物体を気軽に時速100キロで動かせる魔法の凶器だという認識を改めて持たなくてはなりませんね。

私もシフトレバーはフロアでないと運転しにくいと思ってしまう人間です。コラムMTはどうも苦手で、3速に入れたつもりがローに入ってしまい、アクセルワークが敏感になりすぎてロデオ状態、積荷をグチャグチャにしてしまった苦い経験があります。
[ 2010/03/10 20:20 ] [ 編集 ]
車好きの高校生です。
半年前頃から拝見させてもらってます。

僕は、カタログ収集が趣味なので現行型はほとんどそろってるんですが、よい保管方法が分かりません。

どのようにカタログを保管して、整理しているか教えていただけないでしょうか?
[ 2010/03/14 15:10 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
私自身、きっちりと整理・保管できているわけではありませんので、あまり参考にはならないかもしれませんが・・・。
私の場合、お茶やアクエリアス等、2リットルペットボトル6本入りの段ボール箱(スーパーでお客様用として置いてあるもの)を使っています。
カタログの大きさにちょうど合うので、横向きに置いたそのダンボール箱に見なくなったものから順に入れていき、いっぱいになったら箱ごと立ててスチールロッカーに並べています。
メーカー別、車種別などで区別しているわけではありませんから、「整理」していることにはなりませんね。
普段その段ボール箱の蓋をしておけば、日焼けは避けられると思います。
[ 2010/03/14 17:50 ] [ 編集 ]
お返事有難うございます。

文章だと状況が把握しずらいですが、最終的にカタログを寝かせた状態ではなく、たてて保管しているということですよね?

カタログどうしで色移りしたりはしませんか?
[ 2010/03/14 22:22 ] [ 編集 ]
私も新しい家族ができ、初代ヴォクシー煌に乗り換えました。現行型が2代目なので、前の型ですね。昔からの夢だったミニバンを持つことの自己満足もあったと思います。妻もヴォクシー煌が欲しいとの事で買いました。初代bBからの乗り換えですが、ヴォクシー煌は、よく走ります。CVTは加速が滑らかです(初代bBにはCVTはありませんでしたので、それはそれで街乗りでの加速が楽しかったです)重い車体なので若干ブレーキの利きが弱いですが。乗り心地は若干ホワホワしていますが家族の為には悪くはないです。一人の時は座面の角度を上向きに低くして視点を低くして、MTモード(ハンドルのボタン操作MT)で加速を楽しんでいます(^^)→家族を乗せてるときは乗り心地は悪いようです。私にはこれで十分楽しいです(^^)
[ 2010/03/15 03:31 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
最終的には立てて保管しています。箱がいっぱいにならないうちに立てると、カタログが傾いて変な曲がり癖が付いてしまうので、箱いっぱいになってから立てています。

ここ10年ほどはこの方法で保管していますが、それ以前はミカン箱などのダンボール箱にそのまま寝かせて積んでいき、箱いっぱいになったらその上にまた段ボール箱を・・・、という方法でした。30年、40年と一度も開けずに積みっぱなしのものばかりでしたが、確認した限りでは色移りしたものはありませんでした。(まだ確認していないものも多いので、全て大丈夫とはいえません)

立てた状態、寝かせた状態、どちらがカタログにとってよいのかはわかりませんが、寝かせて積んだ状態で保管したものは、再度見る機会がほぼなくなります。
[ 2010/03/15 08:05 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
コラムMTの初代タウンエースに乗っていた者の感覚から考えると最近のミニバンの進歩には驚きばかりです。
「劣悪な乗り心地のために家族が車内でゲロを吐き、妻は絶対に運転したくないという」・・・貴兄のヴォクシーとは正反対ですね。貴兄が羨ましいです。
[ 2010/03/15 08:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。