旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホンダ・CR-Zに試乗してきました。 

100227a01.jpg

100227a02.jpg

100227a03.jpg

 昨日ご紹介したホンダのCR-Z、試乗車の準備ができたとのことなので早速試乗に出かけました。ディーラーに向かう道中は年甲斐もなく初めて女の子とデートをする時のような気分で、頭の中はCR-Zのことばかり。ワクワクドキドキしながらディーラーへ向かいました。
 試乗したのはαのCVT仕様、本当は6MTに試乗したいのですが、まあMTの試乗車なんて県内に1台しかないそうですから購入前提でないとなかなか難しいですね。

 しばらく試乗車が戻ってくるのを待ち、とうとう私の番が来ました。待望のハイブリット・スポーツ、果たしてその運転フィーリングは・・・・???

 あれっ、今日はちょっと体調が悪かったのかな?昨日なんか悪いものでも食べたかな?

 終始「SPORTモード」で運転したにも関わらず、もっさりとしたダイレクト感のない走りで、5000回転程まで踏み込んでも官能的でないエンジン音とともに得られるマイルドな加速感・・・。

 うん、やっぱり今日は私の体調が悪かったんです。きっと昨日飲みすぎてしまったんです。五感が鈍感になっていてホンダ渾身のハイブリット・スポーツカーであるCR-Zの魅力を味わうことができない状態だったんです。

 一通り試乗を終え、営業マンにお礼を言って帰路につきました。

 帰り道、自分のアクセラで走り始めたら自然と『Zoom-Zoom-Zoom』と鼻歌が。まっすぐ帰るつもりがちょっと寄り道して堤防道路をドライブ。あれっ、いつも以上に感覚が研ぎ澄まされているじゃないか!

 帰宅してから冷静にCR-Zの試乗を振り返りました。おそらくCR-Zはとってもスポーティーなスポーツカーなんだと思います。CR-Zを「スポーティ」と感じなかったのは、CR-Zが提案している「スポーティさ」と私が感じる「スポーティさ」が異なっていたからだと思います。
 6MT車ならきっとまったく違う感じを受けたことと思いますが、少なくともCVT車のCR-Zに対して私は「スポーティさ」を感じることはできませんでした。

 きっとこうした「違和感」を何度も繰り返しながら新しい時代の「スポーティさ」が一般的になっていくのだと思います。かつて2st250cc、化け物のようなNSR250Rを市販していたホンダがこの先どんな形の「新しいスポーティさ」を形成していくのか、クルマ好きの一人としてとても楽しみです。

※上記は素人である私が個人的に抱いた感想です。感じ方は人それぞれですので誤解のなきように。私はバイクも耕運機もホンダ製を使っている、ホンダを愛するホンダ・ユーザーです。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/02/27 17:17 ] 2000年代ホンダ | TB(0) | CM(4)
はじめまして。自分もクルマ好きです。CR-Z、スタイルもいいですね。昔のデルソル系を彷彿させますかね?自分も試乗行きたいです。
さて、話は変わるのですが、質問です。セリカ(TA22)のカタログを探しています。昭和46年くらいのGT専用のもので、表紙に馬(ユニコーン?)のような動物のような絵が描いてあるものです。なんでも、発行部数が非情に少ないとか。ただ、これも人づてに聞いた話なので。また、このカタログについて教えていただけるのならなんでも結構ですのでご存知でしたらよろしくお願いします。
[ 2010/02/28 05:33 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
残念ながら私はTA22型セリカのカタログは持っていませんので、詳しいことはわかりません。このブログからもリンクさせていただいている『’70年代 旧車の世界』様ではTA22型セリカのカタログが詳細に紹介されていましたので、運営されておられる藤重行さんなら何かご存知かもしれません。
表紙に馬が書かれているものはちょっと見たことがありませんが、TA22のGT系については、復刻版がトヨタ博物館やGAZOOから入手できますので、一度ご覧になられてはいかがでしょうか。
[ 2010/02/28 07:35 ] [ 編集 ]
私も店頭で見てきました。試乗は叶いませんでしたが。とてもかっこいい車ですね。スポーツカーなので、まったり感はもうひとつかもしれませんねぇ(^_^;)CVTは乗り心地は良いですが、ワクワク感には欠けるかもしれませんね。私はMT車には乗りませんが、AT車でCVTでないほうが段階的な加速感があり加速時のワクワク感はあるように思います。燃費、環境への配慮の壁はなかなか大変ですね。しかし、新しいものへの期待感と言いますか、そういうのは今日感じています。新しい時代のいい車がどんどん出てくるのも楽しみですね。
スポーツカーが電気だけで走るようになったら、排ガスは関係ないですからね。子供の時、ミニ四駆で競いましたが、まさに電気自動車の時代はミニ四駆ですね。そうなるとMT完全復活なんてあるかも?(^.^)
[ 2010/03/02 01:21 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
私もとてもカッコいい車だと思いました。新しいものへの期待を感じると同時に、新しいものについていけなくなりつつある自分の感覚の古さも感じてしまいました。
[ 2010/03/02 10:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。