旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産ローレル(C130型) 

090127a01.jpg

090127a02.jpg

090127a03.jpg

090127a04.jpg

090127a05.jpg

 1972年に日産から発売された2代目ローレル(C130型)です。コロナ・ブルーバードとクラウン・セドリックの中間に位置する「ハイ・オーナーカー」として初代ローレル(C30型)は1968年に誕生しました。それから半年後、トヨタからはコロナ・マーク?が発売され、ハイ・オーナーカークラスでもトヨタと日産のライバル関係が生まれました。
 いまあらためてカタログを見てみると、マーク?はコロナの上級車種として、ローレルはセドリックの下級車種として生まれたような気がします。結果論として位置づけは同じであっても、中の上であるか上の下であるのかによって微妙に雰囲気が異なります。その証拠にこのC130型ローレルは230型セドリックととてもよく似ています。遠目から見たボディラインなどはそっくりです。販売面ではやはりというか後々までマーク?の勝利で、現在は「ローレル」という名もなくなってしまいました。
 一億総中流といわれていた時代の中、人々は上の下よりも中の上を選んだということなのでしょうか。それにしてもこのクラスの日産車は発売後何年か経った中古車が必ずといっていいほど族車の定番になってしまいます。車の基本性能と耐久性が良いからそうなるのだと考えたいところですが、きっとトヨタ車は保守的な雰囲気がプンプン、対して日産車は販売台数の面からの少数派のアウトロー、というところが世の大勢に流されたくない若者の気持ちに合致したのでしょうね。

ローレル・セダン2000SGX
全長×全幅×全高 : 4500×1680×1415mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1175kg
最高速度 : 175km/h
エンジン : 直6OHC 1998cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/01/27 12:05 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(6)
♪ゆっくーり走ろう おおローレル♯♭~
そんなCMソングを今も条件反射のように口ずさんでしまいます。
実際、小生2歳の時このジングルがTVから流れておりました―C130ローレルの発売時のCMとして。
そんな暴走族に人気の「ブタケツローレル」、鈍重な見た目と比べてCd値は驚異的に少ないそうですね、1970年代ならトップクラスのCd0.40ジャスト、同時期のBMW525(E21)の0.45、メルセデス200-250(W114/115)の0.4台後半を上回りアルファロメオ・アルフェッタの0.42やアウディ80(初代)の0.44をも圧倒する数値で当時の世界トップのシトロエンCXの0.39とさえ大差ないのは驚きです。
[ 2012/09/24 21:38 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
ローレルは初代から基本的にスカイラインと共通部分を多く持つ「ハイオーナーカー」として世に出されてきたようなので、走りの性能も見かけよりよいのかもしれませんね。
そんなこともあって代々暴走族やドリフト族に愛されているのだと思います。
[ 2012/09/25 08:37 ] [ 編集 ]
懐かしい車ですね。小さい頃は街中で必ず見かけました。ハードトップのリアテールが当時のアメ車に似ていてかっこよかったですね。私と全く同世代です。ケンメリスカイラインと同じく若者に人気がありました。私はハードトップより今はセダンが好きで捜しています。でも残ってないですね。ボロ錆び腐りあるのが当たり前贅沢は言いません。欲しい。
[ 2014/01/17 18:18 ] [ 編集 ]
ゆとりのローレル様

コメント、ありがとうございます。
この型のローレルは残っていても変な色でオールペンされた車体やシャコタンになったものが多そうですね。昔の暴走族の定番車両だったような気がします。
[ 2014/01/18 10:31 ] [ 編集 ]
父がC130、わたしがC33と親子2代ローレルに乗りました。
もう子供(5~6歳)位のことなので、C130についてはあまり覚えがありませんが、グレードがSGLだったこと、両親が初めて仲人をしたときに、一緒に写真に収まっていた車という思い出があります。
管理人さんの言う通り、セドリックの下というイメージ(トヨタはやはり商品戦略がうまい)のためか、そうそうに我が家の車庫にはセドリックが…
わたしの中では、2代目の愛車C33とC130は忘れられない車です。
でも、今は日産というより、国産車で魅力のある車を見つけるのが大変です
[ 2015/02/11 18:43 ] [ 編集 ]
yoshi様

コメント、ありがとうございます。
今となってはローレルもセドリックも懐かしい響きになってしまいましたね。現在ではティアナやフーガがそれらにあたるようですが、大きすぎて乗りたいとも思わなくなってしまいました。
最新のクルマはどれも素晴らしいものばかりですが、素晴らしいがゆえに「軽やコンパクトで十分」と考える方が多くなってきましたね。今や、いいクルマに乗りたいから一生懸命仕事をする、という考えの方はほとんどおられないかもしれませんね。
[ 2015/02/13 08:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。