旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・トヨエース(PY/RY/JY型) 

100222a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100222a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100222a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100222a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100222a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100222a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1971年にトヨタから発売された3代目トヨエース(PY/RY/JY型)です。3代目トヨエースは1979年まで生産され、このカタログは1977年のものですから、3代目とはいってもかなり熟成が進んだ時点でのカタログです。
 思い切った低価格戦略で三輪トラックを駆逐し、「トラックの国民車」という地位を確固たるものにしたトヨエースは、2代目の時点で1.5トン積みまで揃えたワイドレンジ展開をしており、小型トラックユーザーから絶大な人気を得ていました。
 そしてさらにこの3代目ではディーゼルエンジン搭載の2トン積みまでラインナップするに至りました。「これだけ揃えればあらゆる小型トラックユーザーのニーズを満たしているから、他社のトラックも全て駆逐してやる!」とトヨタが当時考えていたのかどうかはわかりませんが、後に上位トラックであるダイナがトヨエースと共通の車体を使った姉妹車になりましたから、少なくとも身内のダイナは駆逐したことになりましたね。
 さて、この3代目トヨエース、エクステリアもインテリアも先代と比べるとずいぶん現代的になりました。なんといっても画像4枚目で特別に紹介されているように、グローブ・ボックスにはふたが付き、助手席ドアにもキーが付いたぐらいですから。逆に言うと、これらのことがカタログで紹介されていると言うことは、先代がいかに簡素な装備だったのかがわかりますね。
 それにしてもこのトヨエースの運転席画像は懐かしいです。昔の車はどれもこんな感じで、長年乗っているとハンドルのホーン部分やパーキングブレーキの取っ手、そしてダッシュボードの縁の樹脂部分が紫外線によって白く劣化し、水拭きすると水分が蒸発するまでのほんの短時間だけ新品時の黒さを味わうことができた記憶があります。最近の車はUVカットガラスの採用や内装素材の改良でいつまでも綺麗だからずいぶん進歩したものですね。
 「トラックの国民車」であるトヨエース、この先どんな「トラックの国民車」になっていくのかとても楽しみです。

トヨエース・ディーゼル2.0トン積・スチール低床ロング(JY16型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1965mm
ホイールベース : 2735mm
車両重量 : 1625kg
エンジン : 直4OHVディーゼル 2481cc 75PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/02/22 17:40 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
初代・二代目は「トラックの国民車」だったシンプル一辺倒のトヨエースもこの三代目では繁栄の'70年代に突入したこともあって「イキなジーパン感覚のトラック」としてずいぶんスマートになったと感じたものです。
事実当時、1.5トン車クラスでは普及率は他を圧して多く、自宅の新築工事に来るペンキ屋さんや建材屋さんは必ずトヨエースRY系のダブルキャブに乗ってきておりトラックにしておくにはもったいない、いっそブルージーンズ生地を模したペインティングをボディに施して乗ればピッタリなのではとB型人間特有の?良からぬ考えが頭をもたげたほどです。
さらに頑強さ・信頼性に加えて高速性能がイメージ以上に優れていたのもこの形のトヨエースの特性だったと記憶しております。現に1984年頃(小生中三)家族で那須に夏休みに旅行した帰りに、東北道上りで我々が乗る1984年型アウディ80GL5E(5気筒FF縦置き・1994cc)を利根川の鉄橋付近にて追い抜いていったブルーのトラックこそがこのトヨエースRY型1.5トン積み1600デラックスだったのです!我々のアウディは中央車線を常時100-110km/hで巡航しており、それをトヨエースは目視で時速120-130km/h域で追い抜いていったのだから何とも凄い度胸というか、トヨエースが優れているのか.....。
お陰で父も小生もお互い我が目を疑っていたものです、小生「ヘッヘヘヘ!」(小馬鹿にした調子で)対して父「良く度胸あるな、あんな重心の高い小型トラックの分際でぶっ飛ばすなんて」(半ばあきれ顔)、そんなやり取りを今も思い出します。
加えて、その場所が群馬県館林付近の「飛島建設館林工場」(関東の代表的なゼネコン基地:今は茨城県境町に移転)を見下ろす区間で「技術・歴史への約束、飛島建設」のサインとともにクレーンがそびえ立つ場所なだけに視覚的にダイナミックな底力を感じさせるサイト(小生の意見では)となり、こちらの気持ちがピリリと引き締まるとともに「トヨエース=利根川の鉄橋=飛島建設」という三題噺の連想ができてしまうあたり、自分自身十分に変態?ではないかと分析できてしまうのです。笑いたきゃ笑ってください(苦笑)。
ともあれフレーム付きの小型トラックとは思えぬほどよく走ったRY系トヨエースの末裔は日野デュトロとの共同開発の2トン・3トン系とそのデザインを生かした1トン系というバリエーションからなるスマートなトラック、垢抜けたデザインと信頼性で働く人を支援する頼もしいトラック・トヨエースは永遠に日本の道を走り続けてもらいたいです、いすゞエルフの良きライバルとして。
[ 2010/02/25 00:03 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
現行のトヨエース/ダイナは1トンから4トンまでのフルラインナップ。免許制度が変わった現在では『中型トラック』に分類されるトヨエースもあるのですからずいぶん昔とイメージが変わったものですね。
個人的には、トヨタと日野はどうせ同じグループなのですから、わざわざ2トン以上のトヨエースをデュトロのOEM版まで使って設定しなくても良いのでは?と思っています。
[ 2010/02/25 15:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。