旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・パブリカバン(UP26V型)で見るトヨタの安全対策 

100130a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a07.jpg
(画像クリックで拡大)

100130a08.jpg
(画像クリックで拡大)

 このところ、トヨタの大規模リコール問題がずいぶん新聞やニュースなどを賑わわせていますね。トヨタのお膝元、愛知県民にとってはいかにアンチトヨタといえども、このような状況はとても寂しいものです。
 
 現在の問題、当初、フロアマットがアクセルペダルに引っかかってアクセルが戻らなくなってしまった、という問題が米国でクローズアップされ、その原因は北米特有の分厚い社外フロアマットを使っていたということだったということで一旦は落ち着きを見せていました。
 ところが、その後、米企業から調達していたアクセルペダル自体に問題があるということで、今回の大規模なリコール問題へ発展してしまいました。
 トヨタが2009年に全世界で生産した台数よりも多くのクルマがリコール対象となっているということで、やっと大不況から脱出したかと思われていたトヨタに、またもやとてつもなく大きな試練が舞い込んできてしまいました。

 さて、ここで最近のリコール問題のニュースを見ながら少し考えたことがあるのですが、そもそも昔のクルマって、アクセルが戻らなくてもクルマを止める術はいくらでもあったと思いませんか?

 1.クラッチペダルを踏み込む。(そうすればエンジンの動力がタイヤには伝わりません。)
 2.サイドブレーキをかける。(そうすれば物理的に腕力で後輪にブレーキをかけられます。)
 3.キーを抜く。(そうすれば急激なエンジンブレーキで挙動不安定になるかもしれませんが、エンジンは止まります。)

 昨今のクルマはクルマ自体がほとんどの制御をしてくれるため、運転手からするととても快適にクルマを操れるようになりました。しかしながら、操作のほとんどをクルマに依存しているため、「万が一」のときに人間はどうすることもできません。
 いまやMTのクルマなんて絶滅寸前ですから、クラッチを踏み込んで動力を断ち切ることはできません。
 そしてパーキングブレーキは足踏み式や電子式が増えてきましたので、運転手が居眠りしたときに助手席の人間がサイドブレーキを引っ張って車両を停車させることもできません。
 さらに、キーレスエントリーでプッシュスタートが一般的となった今、キーを抜いてエンジンを止めることすらできません。

 全ての部品が完璧で故障や欠陥の心配は万に一つもない、というのなら話は別ですが、そんなことは人間が造っているものである以上無理な話です。それならば「不完全」を前提とした物造りこそ、もっとも安全な物造りと思ってしまうのは私だけでしょうか?

 トヨタの大規模リコール問題のニュースを見て、急に昔のパブリカを思い出しました。画像7枚目、パーキング・ブレーキの項目では、「パーキング・ブレーキは、フート・ブレーキに関係なく作動しますので万一フート・ブレーキが利かなくなったとき使用できます。」とあります。
 そのうえ画像8枚目のアクセル・ペダルの項目では、「アクセル・ペダルはオルガンタイプの踏みやすいものです。」とあります。昔はオルガンタイプはマットがずれてアクセルを踏み込んだ状態になってしまう、と言われていたから吊り下げペダル式になったのですが、今はその逆ですね。高級車になればなるほどオルガン式になっています。

 さて、グダグダと文章が長くなってしまいましたが、根本的に100%なんてことはありえないのですから、トヨタに限らず自動車メーカーはこのパブリカのように「万一・・・のときには」の手段を確保しておいてもらいたいものですね。
 今ではあまり見られなくなってしまったこのサイドブレーキ、「梃子の原理でワイヤーを引っ張り、後輪を腕力で止める」というとても単純な仕組みです。ハイブリットやEVという、素人ではまったく理解できない構造にクルマが変化するなか、「最終的にクルマを止めるのは自分の腕力」という単純な仕組みも備えておいて欲しいものですね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/01/30 22:08 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。