旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・セフィーロ(A31型) 

091128a01.jpg

091128a02.jpg

091128a03.jpg

091128a04.jpg

091128a05.jpg

 1988年に日産から発売された初代セフィーロ(A31型)です。現在ではティアナが後継ということになっていますが、この初代のA31型はR32スカイラインやC33ローレルと姉妹車関係のFRセダンでした。当時のマーケティング方法もずいぶん個性的でしたが、スタイルも十分個性的ですね。近所の方が乗られていた白のセフィーロがとてもカッコよく見えて憧れていた記憶があります。
 R32スカイラインと姉妹車関係だっただけに車体の素性がよく、このクルマ、後々中古車市場に流れてからはドリ車定番カーのひとつとなりましたね。ローレルは毎度のことながらずっと固定客となっている方面へ流れていきましたが、セフィーロはシルビアやスカイラインの方面へ流れていきました。やっぱりこのセフィーロ、『キーワードはくうねるあそぶ』のイメージが強烈で、威圧感を与える必要がある方々からは見向きもされなかったのかもしれませんね。

 さて、初代セフィーロが発売された1988年というのは日本経済絶好調のバブル期ですが、同時に今をときめく必殺仕分け人、蓮舫ちゃんがクラリオンガールとして芸能界デビューした年でもありました。国会議員としてご活躍されておられる蓮舫氏も昔と変わらずとてもお綺麗ですが、当時の蓮舫ちゃんは個人的に好みだったこともあり、とっても可愛い子でしたね。(過去形です)

 無駄を排除するという意味での仕分け作業はもちろん重要なお仕事だとは思いますが、それ以前に世界中がギスギスして殺気立っている状況の中でああいうやり取りを国民に見せるのはどうなんでしょうね。
 今日、うちに太陽光発電のセールスマンが飛び込み営業でやってきました。まだ若い子で、一生懸命『1kwあたり7万円の補助金が国から出ますよ!』とPRしていました。『国から出る7万円の補助金、昨日の事業仕分けで予算見送りになったみたいだよ』と話すとその営業マン君は『えっ!』と絶句。仕方ないから今日の朝刊を持ってきてその記事を見せたら、『すいませんでした』といって帰っていきました。

 なんだか本当に無駄な部分は削られずに末端で死活問題となるような部分が削られているように思えてしまうのは気のせいでしょうかね。

 蓮舫ちゃんには仕分け会場でぜひ、陽水さんのように、『キーワードはくうねるあそぶ。○○省のみなさん、お元気ですか~?』ぐらい言ってほしいものですね。もちろん昔の可愛らしい笑顔でですよ。議員先生方が危機感を煽らずとも末端の庶民はずっと危機感を感じていますから、せめて『我々に付いてくれば絶対に大丈夫!』というぐらいの余裕を見せて欲しいものです。

セフィーロ・スポーツ・ツーリング(A31型)
全長×全幅×全高 : 4690×1695×1375mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1320kg
エンジン : 直6DOHC 1998cc 155PS





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/11/28 20:03 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)
「皆さん、お元気ですかあ~」、井上陽水が唱え、セフィーロ発売翌年に昭和天皇が死んで口パクに切り替えられ放送禁止になったあのCM、日産セフィーロ・A31型といえば何と言ってもこれに尽きますね。
後輪マルチリンクや進化型ハイキャス(4WS)など、シルビアS13型やR32スカイラインと共通の技術的特色を有しており、シーマ現象とやらで脂が乗り切った日産を象徴する作品でしたがいかんせん内装の質感が足りず、ボディ周囲のディテール処理が子どもっぽく品質感を欠き評判を落としたことも事実です。小生も素直に好感を抱けませんでした。
RB20E/DE型エンジンは強い中速トルクを持っておりましたが高回転まで回すと割れそうな音を立てて、またボディ剛性も不整地でのねじれに弱い部分があり、当時父親が所有していたメルセデスベンツ190Eと比べるとやはり本場物との格差を思い知らされるという寸法だったと思います。
そんな日産セフィーロの末裔はティアナ、すっかりマイルドな大人の中型FFセダンと化してしまいましたがお隣の中国では現地生産されて大人気みたいですね。日本ではハイブリッドで押しまくるトヨタ勢(SAI、レクサスHS250h、プリウス連合軍)の陰に隠れて人気薄となってしまったこのティアナ、むしろFF横置きの特性を生かして日産の姉妹会社ルノーのクリーンディーゼル(SUVのエクストレイルに搭載されたものの改良版)の搭載して、さらにハイブリッド版も加えて「ひと味違う」中型セダンとしてアピールすればまだまだ活路はあるのではないでしょうか。
[ 2009/12/10 01:15 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
セフィーロの後継であるティアナ、国内では本当に存在感が薄いですね。ティアナに限らず、日産の現行FFセダンは全てあまりパッとしませんね。日産のFFセダンはコンセプトが『おもてなしの空間』となっていますから、ミニバンに比べて室内が狭いセダンでは根本的に無理があるのかもしれませんね。今後どんな性格が与えられていくのかとても楽しみです。
[ 2009/12/10 14:57 ] [ 編集 ]
バブルの余禄だったのかもしれませんがこのころはカッコいい車が多かったですね。
日産でもこのセフィーロやレパード、シーマなど洗練されてましたね。
むしろ今の方がバブリーな嫌らしいデザインが多いような気がします。
[ 2010/01/02 19:15 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
今年初のコメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、バブル期はカッコいい車が多かったですね。きっと5ナンバー枠デザインの集大成のようなクルマが次々と出されていたからだと思います。
現在は5ナンバー枠の制約もなくなり、デザインが一気に国際基準に移行してしまったからちょっと嫌らしいデザインも見受けられるのかもしれませんね。
[ 2010/01/03 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。