旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン・ディーゼル(LS110型) 

091028a01.jpg

091028a02.jpg

091028a03.jpg

091028a04.jpg

091028a05.jpg

 1979年にトヨタから発売された6代目クラウンのディーゼル仕様、クラウン・ディーゼル(LS110型)です。当たり前のことですが、外見、内装、ともに110型クラウンであっても、運転感覚はガソリンエンジンのクラウンとはまったく別物です。
 昔このクラウン・ディーゼルによく乗っていたのですが、まったく走らない車でした。70年代に2度の石油ショックを経験し、クルマにも経済性が求められるようになりました。その結果、当時もてはやされたのが燃費性能の良いディーゼル車。クラウン、セドリッククラスだけでなく、あの頃はカローラクラスにもディーゼル車がラインナップされていましたね。
 トヨタの誇る高性能2.2リッターディーゼルエンジンと画期的なオーバードライブ付4速ATの組み合わせから生み出される走りは、クラウン特有の極めてソフトな足回りと相まってなんとも形容し難いものでした。そう、例えて言うなら、過積載状態の2トン積みディーゼルトラックを運転している感覚とでも表現しましょうか・・・。
 さすがのトヨタもこれではまずいと思ったのでしょう。モデル末期には2.4リッターのターボディーゼルに変更されましたので、多少はまともに走るようになったことと思います。
 さて、当時は「ガソリン車のように走らなくてもランニングコストが安いから仕方がない」という考えでディーゼル車を選ぶ方が多かったですが、最近のハイブリット車は「ガソリン車よりもパワーがあってランニングコストが安く、価格もほとんど変わらない」となりましたからすごいものですね。
 これから発売される新型車がとても楽しみです。

クラウン・ディーゼル・スーパーデラックス(LS110型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1435mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1390kg
エンジン : 直4OHCディーゼル 2188cc 72PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/10/28 13:04 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
こんばんは!
この110型クラウンディーゼル、2200cc/72psのディーゼルで1400kg台の車重を引っ張るわけだからその走行性能は今で言ういすゞエルフ2トントラックと良い勝負、いや彼らエルフやトヨタダイナの2トン車の方が速いかも、という鈍足振りなのは想像に難くありません。
現にクラウンディーゼルという奴、長い直線があれば最高速はメーター読み140まで達しはしたもののそこに至るまでの時間はほぼ永遠ではないかと思えるほど長く、また道路も20kmほど助走を付けないとそこまで達しないという有様でした。
その一方で先日外環道で遭遇したいすゞエルフの2トンアルミバン、バカ速かったので自分のヴィッツで後を追ってカーナビのGPSで計測したところ何と時速132km/h!これでより空気抵抗が少なく前面投影面積も小さい平ボディなら140-145km/hに達することが立証できたわけです。まして同じ2トントラックでもトヨタダイナの保冷車、こちらは時速147km/hで関越道でぶっ飛んでおりまさに「トラック界のホットハッチ」=マツダスピードアクセラやスバルインプレッサWRXのトラック版と思えたぐらいだから今昔の感に堪えませんね。
小生が望みたいのはこれほどまでに奇跡的な進歩を示したディーゼル技術の下、トヨタが輸出用レクサスISからオーリスまで幅広く展開している2231cc4気筒ディーゼルの噴射ポンプやDPR機構(微粒子除去装置のトヨタ流呼び名)の改良によって200ps/47kgm近くを実現してクラウンに搭載し、ディーゼル乗用車の新たな可能性を示してもらいたいことです。
[ 2009/10/30 00:10 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
海外勢も含めて、各社次世代ディーゼル乗用車を海外では販売していますが、国内では一向に導入される気配がありませんね。
欧州仕様のクリーンディーゼル車は、自動車雑誌等ではかなり高い評価で紹介されていますが、国内では体験する機会がないので残念です。
最新のクリーンディーゼル車を石原都知事が公用車として導入してくれれば、国内でのディーゼルのイメージも変わるかもしれませんね。
[ 2009/10/30 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。