旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダS360/S500の透視図 

091016a01.jpg
(クリックで拡大します)

091016a02.jpg
(クリックで拡大します)

091016a03.jpg
(クリックで拡大します)

091016a04.jpg
(クリックで拡大します)

 1963年にホンダから発売される予定だったホンダS360とS500の透視図です。この画像は月刊『モーターファン』誌1963年2月号のもの。(問題があったらすぐに削除しますからご連絡願います)
 ご存知のようにS500は市販されましたが、S360は市販には至りませんでした。生産されたのも10台程とのことなので、まさに幻のスポーツカーですね。
 透視図を見るとこの車の特徴である後輪チェーン駆動の仕組みやエンジンの構造がとてもよくわかります。今回は全ての画像に拡大画像を用意しましたので、ぜひ拡大してご覧下さい。
 S360はホンダが四輪事業へ進出するために開発した最初の車、社内披露会は、まだ完成していなかった鈴鹿サーキットで、鈴鹿のお披露目も兼ねて行われたとのことなので、あらゆる意味で『自動車メーカー・ホンダ』の原点ですね。
 二輪事業では既に『世界のホンダ』となっていましたが、四輪ではまったくの新参者、当時、このS500やS600は「単車を2台くっつけて椅子を付けたもの」と言われていましたが、この透視図を見ると本当にそんな感じがしてきます。しかしながら現在コンパクトカーの主流を占める「FF+トーションビームのリアサス」構造と比べると、なんともメカメカしくてカッコいいですね。
 このような透視図、昔はよくカタログに記載されていたのですが、最近ではあまり見なくなりました。まあ4WDやFR・4独サスのクルマならそれなりにカッコいい透視図になるのですが、横置きエンジンのFF・リアトーションビームのクルマで透視図を描くと車体の後ろ半分がかなりカッコ悪くなってしまいますから仕方がないことなのでしょうね。
 さて、現在のホンダ車で透視図がカッコよさそうなクルマは?ということでホンダの現行ラインナップを見てみました。・・・・ホンダも変わりましたね。

ホンダ・スポーツ360
全長×全幅×全高 : 2990×1295×1146mm
ホイールベース : 2000mm
車両重量 : 510kg
エンジン : 直4DOHC 356cc 33PS以上
最高速度 : 120km/h以上

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2009/10/16 17:45 ] 1960年代ホンダ | TB(0) | CM(2)
 試作車でS360が存在していた事は知っていましたが、S500が市販されていたとは知りませんでした・・・(^_^;)
それにしてもあの頃の雑誌まで保存して居られたとは・・・
脱帽です。
[ 2009/10/16 20:19 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
S500発売後、すぐにS600が発売されたのでS500の販売台数はあまり多くないですが、市販はされていました。

> それにしてもあの頃の雑誌まで保存して居られたとは・・・

『保存』していたわけではなく、存在すら忘れて『放置』していました。おかげでページを開くとほんのりとカビの臭いがしたり、中には開いた途端にばらばらになってしまうものもあります。
[ 2009/10/17 04:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。