旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダS600 

090124b01.jpg

090124b02.jpg

090124b03.jpg

090124b04.jpg

 1964年に発売されたホンダS600です。この車は前年に発売されたホンダS500の中低速トルクを増大させるために排気量を100ccアップしたものです。S500、S600ともに高回転型のDOHCエンジンを搭載し、後輪はチェーンで駆動するという、バイクメーカーのホンダならではの構造。車輪が4個ついているオートバイといっても過言ではありません。
 こういう車、いいですね。実用性はともかく、くるま好きオヤジにとっては最高のおもちゃになりそうです。S600は606ccで57馬力、当時の価格が50万9千円。ちなみに現在、スズキのアルト・バンの最廉価グレードは660ccで54馬力、税抜き62万5千円。この数字だけ見ると40年間の物価上昇がまるで存在しないみたいですね。
 しかし軽自動車で楽しく遊べそうな車といえばダイハツ・コペン。こちらになると最廉価グレードでも約160万円、アルト・バンよりも100万円高くなってしまいます。うーん、どこかの自動車メーカーさん、アルトバンの形を変えただけのものでいいから62万5千円で2シーターオープンを造ってくれませんかね。

ホンダS600
全長×全幅×全高 : 3300×1400×1200mm
ホイールベース : 2000mm
車両重量 : 715kg
最高速度 : 145km/h
エンジン : 直4DOHC 606cc 57PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/01/24 18:16 ] 1960年代ホンダ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。