旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・スカイラインTI(C210型) 

091012a01.jpg

091012a02.jpg

091012a03.jpg

091012a04.jpg

091012a05.jpg

091012a06.jpg

 1977年に日産から発売された5代目スカイラインTI(C210型)です。5代目のジャパン・スカイラインは、6気筒エンジンが搭載された『GT』グレードと、4気筒エンジン搭載の『TI』グレードの2本立てで展開されていました。『GT』は西部警察・大門団長の愛車ということで人々に印象が強かったですが、『TI』グレードはちょっと影が薄い存在でしたね。
 『GT』と『TI』、同じ『スカイライン』ではありますが、全長で200ミリ、ホイールベースで100ミリ『TI』のほうが短いです。そのため2000GTに比べるとスカイラインTIはちょっと寸詰まりな印象が拭えませんね。
 そもそも2代目のときに、レース出場のためもともと4気筒搭載車として設計されていたスカイラインのボディを200ミリ延長して無理やりグロリア用の直6エンジンを搭載したのがスカイライン2000GTの始まり。その後、3代目のハコスカ(C10型)、4代目のケンメリ(C110型)も同様に全長の異なるボディでGT系が生産されてきました。
 「全長を延長して6気筒を搭載したGT」というスカイラインの中でも特殊なグレードだったGT系が、代を重ねるごとに「スカイライン=6気筒のGT」というスカイラインのイメージリーダーとなってしまったため、GTが「羊の皮をかぶった狼」なのではなく、非GTが「狼の皮をかぶった羊」というような印象になってしまいました。
 これではいけないと考えたのかどうかはわかりませんが、この代の4気筒グレードには『TI(ツーリング・インターナショナル)』というよく意味のわからないサブネームがつけられました。『TI』というグレードは次の6代目(R30型)にも設定されましたが、R30型はホイールベースがGTと同一となりましたから、寸詰まり感はなくなりましたね。
 そんなことを考えながら日産のサイトを見てみたら、あらびっくり、現行スカイラインはセダン・クーペ・クロスオーバーの全てにおいて、『GT』というグレードしかないんですね。2.5リッターも3.7リッターも、2WDも4WDも全て『GT』。なんだか『GT』の大安売りを見ているようです。『スカイライン2000GT』という響きに胸がときめく世代の感覚からするとちょっと違和感を感じてしまいました。

スカイライン・セダン1800TI(PC210D型)
全長×全幅×全高 : 4400×1625×1390mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1045kg
エンジン : 直4OHC 1770cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/10/12 19:12 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(6)
このスカイラインTI、ショートノーズによる回頭性のよさとノーズの軽さに伴う重量配分のバランスゆえにスカイライン中の「隠れたる逸品」として当時のマスメディアには好評でしたね。
ただ、このC210型の次のR30型になってTIはGTと共通のロングノーズのボディになってしまい、ちょうどマークIIやローレルの4気筒と同じく、タクシーや教習車ユーザーしか興味を示さない「単なる廉価版」に成り下がってしまったことを覚えています。こうした意味不明の中途半端な政策を取ることは日産自身にとってもスカイラインのネームバリューに傷を付け、自らの信用を失わせることにつながるだけに当時の日産の迷走ぶりが伺えます。
[ 2009/10/13 22:32 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
おそらく日産としても『スカイライン』の在り方がよくわからなくなってしまい、試行錯誤していたんでしょうね。個人的にはR32となった時点で日産スカイラインとしての結論が固まり、その路線でずっと進むと思っていたのですが、現在はまた違う方向へ進みだしています。まあ時代も人々の嗜好も変わっていますから、これからどんなスカイラインになっていくのかをじっくり観察するのも楽しみですね。
[ 2009/10/14 12:57 ] [ 編集 ]
かつて、このときのTI・ESに乗って増したが、スカイラインらしいのは、やはりサーフラインのあるジャパンこれにつきますな。
[ 2013/03/09 23:46 ] [ 編集 ]
イスト様

コメント、ありがとうございます。
最近のスカイラインはこのジャパンの延長線上にあるクルマとは思えなくなってきましたね。「スカイラインらしさ」というのも時代とともに変化していくんでしょうね。
[ 2013/03/10 11:30 ] [ 編集 ]
昔通った練馬の教習所にTI顔+テールの覆面PCが来ていました。が、ボディーバランスは明らかにGT。リヤサスもリジットで無く今もって詳細不明。当時仲の良かった連中で話題になった事を思い出します。
因みに、中学生の頃GTよりTIの顔が好きで変人扱いされました。
[ 2013/04/15 01:30 ] [ 編集 ]
疲労親父様

コメント、ありがとうございます。
覆面パトカーとのことなので、TI顔で油断させて実は6気筒ターボ、という高速ネズミ捕り用なんでしょうかね?
私は1冊も持っていませんが、昔からパトカーのカタログも各メーカーともに用意しているようですので、そのような仕様のスカイラインパトカーがあったのかもしれませんね。
[ 2013/04/15 17:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。