旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・コロナ(T40/50型) 

091001a01.jpg

091001a02.jpg

091001a03.jpg

091001a04.jpg

091001a05.jpg

 1964年にトヨタから発売された3代目コロナ(T40/50型)です。日産ブルーバードとの販売競争は『BC戦争』とも呼ばれ、カローラ登場前では国内販売台数1位となるほどのベストセラーカーでした。アローラインのデザインも特徴的でしたが、ナンバープレートを倒して給油するのも特徴的でしたね。
 さてこの3代目コロナ、バリエーションの豊富さも特徴のひとつです。4ドアセダン、2ドアハードトップ、5ドアハッチ、2ドアライトバン、4ドアライトバン、シングルピック、ダブルピックと、実に7種類ものボディタイプが存在しました。ここまでラインナップが豊富だとコロナだけで全ての用途がこなせてしまいそうですね。
 この頃のトヨタは様々な用途向けにラインナップを展開していました。しかしながら現在のトヨタはできるだけ同じ車で、見かけ上の『車名』ラインナップを展開しています。現在のトヨタ、車名はたくさんありますが、実際の車種はパブリカ、コロナ、クラウンしかなかったこの頃よりも減っています。
 3代目コロナは『コロナ』のみで7種類のボディタイプがありましたが、現在の『コロナ』は4ドアセダンのみで『プレミオ』、『アリオン』と2種類のクルマになっています。多くの車名を展開するよりも、車名はひとつでいいから多くのボディ形状を展開してくれたほうが我々消費者には有用な気がするのですが、皆様いかがお考えでしょう?
 確かにメーカーとしては同一車種を様々な別種として販売すれば効率よく様々な顧客のニーズに応えているように見せることができますが、『プレミオ』と『アリオン』、『アルファード』と『ヴェルファイア』、『プロボックス』と『サクシード』、『ハイエース』と『レジアスエース』、『ノア』と『ヴォクシー』・・・、私のようにオヤジになってしまうと、徐々に老眼となってしまうため、セダンとワゴンの違いはわかってもフロントグリルの微妙な形状まではわからないんですよね。
 くだらないことをグダグダ書いてしまいましたが、見せかけのラインナップじゃなく本当の意味でのラインナップを展開して欲しいものですね。

コロナ・4ドアセダン・デラックス(RT40-D型)
全長×全幅×全高 : 4110×1550×1420mm
ホイールベース : 2420mm
車両重量 : 945kg
エンジン : 直4OHV 1490cc 70PS
最高速度 : 140km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/10/01 19:05 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
一世を風靡した電気カミソリ・コロナですね。小生が幼稚園児だった1970年代半ばにも家の近くで一定量走っており、その面構え、適度なメッキの効かせ方が工芸品的風格を感じさせており、こぢんまりした典雅な魅力を幼心に感じ取りました。中でも小生が心惹かれたのはRT40初期型のエメラルドグリーンメタの1500DXセダン、如何にも小さな宝石箱という印象を受けたものです。
もっともカックンブレーキ、殆ど路面の情報を伝えない鈍なステアリング、直進安定性の貧弱さなど今思えば怖くてとても乗れない代物でしたが45年前のデビュー当初はそれでも国際水準に達した最先端の国産車として第二回日本グランプリ・ツーリングカーレースでも上位の成績を収め、アメリカへの輸出も驚異的な伸びを示した歴史的意義のある一台であることは否めないかと思います。
何でも同車、登場当初は0-400mを19.4secで加速し、当時の国際水準のバロメータであった20secを切り、最高速も5名乗車でテストコースにて実測144-146km/hを記録したとか。この時点では世界的に見てイギリスフォードのコンサルコルセアやボクスホールビクター、ヒルマンミンクスらを圧倒し、ドイツのオペルレコード1700やフランスのプジョー404らに匹敵してBMW1500にさえも大きくは引き離されずに、「世界に羽ばたく日本」の代表車だったことは大したものではないでしょうか。
あの頃の日本車には夢があった、顔があった、ところが今日の日本車はどうにも粗製濫造の連続にしか思えない、これが正直な所だ。トヨタ側も名車コロナの精神を21世紀に蘇らせるならプレミオ/アリオンなどと言った無気力な製品作りではなくプリウス用のハイブリッドシステムのチューニングを変え、バリエーションとして直噴1.5Lターボとクラッチレスマニュアルを組み合わせてプリウスと共通のプラットフォームに4ドアセダンボディとともに搭載してもらいたい、そのぐらいのドラスティックな動きに出る時期に来ているのではないだろうか。
[ 2009/10/02 23:57 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
かつてのコロナ、カッコよかったですね。それに対して現在のプレミオ/アリオン、乗ってみれば決して悪い車ではないのですが、少なくとも購買意欲はまったく沸きませんでした。もともとのコロナとカリーナが統合されて現在プレミオ/アリオンとなっていますが、個人的な推測ではこれにカローラが加わって、コロナ/カリーナ/カローラが同一車種になるのも時間の問題だと思っています。
そもそもプリウスもこれらの車種とプラットホームが同じなので、今後ヴィッツ系、プリウス系、クラウン系で新しいラインナップを展開していくんでしょうね。様々な新しい『車名』を登場させながら・・・。

[ 2009/10/03 09:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。