旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポルシェ・パナメーラを見てきました。 

090927a01.jpg

090927a02.jpg

090927a03.jpg

090927a04.jpg

090927a05.jpg

090927a06.jpg

 この週末、全国のポルシェ正規販売店でパナメーラ・デビューフェアを開催するとのことだったので、本日近所のポルシェ・ジャパンへパナメーラを見に行ってきました。
 私が見に行った店舗に展示されていたのはパナメーラ4S、4WDのモデルで、1436万円とのこと。私にはまったく縁のない車です。ここまで縁がない車だとかえって開き直ることができ、庶民丸出しで写真を撮ったり運転席に座ったりと、有意義な時間を過ごすことができました。
 写真では何度も見ていたのですが、実車を目の前にするとやはりデカイですね。全長4970mm、全幅1930mmの車体は伊達ではありません。こんなに大きなフル4シーターモデルであっても一目見てポルシェだと分かるあたり、ポルシェのデザインはブレがなくていいですね。
 このパナメーラ、後席のゆとりとラゲッジルームの広さにはちょっとびっくりしました。展示車は運転席がアクセルに足が届かないぐらい後方にセッティングしてあったにもかかわらず、後席はとてもゆったりです。最後の写真は後席から運転席を写したものですが、ハンドルがはるか彼方、とても遠く感じました。
 パナメーラがどんな客層に受け入れられていくのかはわかりませんが、メルセデス・ベンツのSクラスやレクサスLSとはまったく毛色の異なる高級車ですね。
 4ドアセダン(正確には5ドアハッチバック)ということで、税金対策として経費で購入する自営業者や中小企業のオーナーが随分多そうです。それに昨今、メルセデス・ベンツが巷に溢れているような状態になってかつての威厳が減衰しているようですので、新たな威厳を求める方々は飛びつくかもしれませんね。
 それにしてもポルシェの正規販売店というのはポルシェ・オーナーの方の来店比率が高いようで、あっちもこっちもポルシェだらけ。本日店員に促された駐車スペースはカイエンと911の間、とても緊張する車庫入れでした。
 ポルシェだらけの中にマツダ・アクセラが一台、なかなか目立っていて、アクセラからオーラが発せられているようでした。もちろん『庶民派オーラ』ですが。

ポルシェ・パナメーラ・4S
全長×全幅×全高 : 4970×1930×1420mm
ホイールベース : 2920mm
車両重量 : 1940kg
エンジン : V8DOHC 4806cc 400PS
最高速度 : 282km/h

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/09/27 17:06 ] その他 | TB(0) | CM(2)
>ポルシェだらけの中からマツダアクセラが一台.....
実は小生もそうなんです、愛車10万kmオーバーのヴィッツで浦和のマセラティさいたまへ足を運んだことがあるのですよ。
この他、埼玉県戸田市のアメリカ車ディーラー「ロッキー」へクライスラー300C(並行輸入車)を見に行った体験は忘れません―スタッフの皆様も決してぞんざいな態度を見せず、役に立つ情報を届けてくれて本当の「自動車人間」の鑑だと思いました。
[ 2013/02/03 20:57 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
この頃はまだパナメーラを見たい、という気持ちがあったので興味本位で見に行きましたが、震災以降、そのような気持ちはすっかりなくなってしまいました。
おそらくポルシェ等の超高級車のディーラーへ行くことはもうないと思います。人の気持ちって結構変わるものですね。

[ 2013/02/04 09:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。