旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カローラ・セダン(E70型) 

090926a01.jpg

090926a02.jpg

090926a03.jpg

090926a04.jpg

090926a05.jpg

 1979年にトヨタから発売された4代目カローラ・セダン(E70型)です。カローラ・セダンとしては歴代最後のFR車です。曲線的だった先代のE30型カローラとはがらりと変わり、シンプルな直線的フォルムですね。カローラに限らず、この頃発売された車はほとんどが直線的でしたので、きっと『直線的デザインの時期』だったのでしょう。
 さて、現在10代目まで続いているカローラですが、個人的にはこのE70型カローラがもっとも『庶民派オーラ』を漂わせているように思います。可もなく不可もなく、どこからどう見てもカローラにしか見えないこの姿はある意味で芸術的ですね。
 例えて言えば通信簿で芸術科目も含めて全教科オール3、全国模試で全教科偏差値50ジャストというのは、猛勉強してオール5を取ったり偏差値70を取ったりするのよりも難しいように、このような凡庸の極致とも言えるデザイン、なかなか狙ってできるものではありません。
 最近でこそ徐々に個性を取り戻してきたトヨタですが、このカローラは『80点主義』と言われていたトヨタを象徴するようなデザインですね。
 カタログコピーで『時代の結論』と書いてある頁には『いつまでも最初の新鮮さを失わない、あきのこないスタイルと価値。』との記述があります。確かにこのスタイルは『あき』ないでしょうね。そもそも特徴的な部分は何もありませんから。

カローラ・セダン・4ドア・1500DX(AE70型)
全長×全幅×全高 : 4050×1610×1385mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 835kg
エンジン : 直4OHC 1452cc 80PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/09/26 16:00 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
こんばんは!秋の夜長を充実した気分でお過ごしでしょうか。
1979年型トヨタカローラ、AE70型、まさしく中庸を地で行った一台、嫌みのない直線基調のスタイルで何処に置いても飽きが来ない「日本の風景の一部」ですね。こうした多くの日本人に親しまれる「凡庸の極致」はトヨタの正に十八番だと思います。
いわば、「だしの効いたまろやかな醤油味」でしょうか。
小生もそんな「80点主義トヨタ」の代表作の一台・愛車ヴィッツ1300U-L(先代モデル)で先ほど母校の高校の文化祭→都内神田神保町と一走りしてきましたが、なかなかどうして、小生がヨーロッパ人ドライバー並みに、大っぴらに言えない速度でエンジンをぶん回して乗ってきたこともあって都内の速い交通の中でのダッシュ力はベンツCクラスやBMW320、そして日産のブルーバードシルフィ2000cc辺りまでなら決して負けず、彼らを余裕でリードできたほどです、エンジンの金切り声とともに弾ける加速を伴って。こうした、ただ中庸なだけではなくヘビーデューティな使い方をすると驚くほど付いてきてくれるたくましさと上手く当たりが付けば排気量を忘れさせる性能を発揮する点など、近年のトヨタは「中庸を極めた美学」を形成しつつあることが伺えます。
現に私のもう一台(現実には同居している家族に独占されっぱなしだが)たるレクサスIS350など10km/lの平均燃費とメルセデスS550やBMW750iLといった5000ccクラス・1500万円級の超弩級セダンに匹敵する加速力を両立させるなど全般に「日本人にとっての120点主義」に方針が変わりつつあるのはやはり恐ろしいことではないでしょうか。
[ 2009/09/26 22:03 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
カローラはもともと『80点+アルファ』が設計思想だったはずですが、この代のカローラについては『完璧な80点主義』のような感じでしたね。
神田神保町といえば昔は明大の貫禄ある校舎と立て看が乱立していたイメージですが、今はオシャレな高層ビルの校舎とスキーや楽器の店ばかり。
国産車が変わってきたように町並みもずいぶん変わりましたね。しばらく東京へはご無沙汰してますが、今でもヘルメットとサングラスの学生さんっているんでしょうかね。
[ 2009/09/27 10:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。