旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・サニーカリフォルニア(B12型) 

090912a01.jpg

090912a02.jpg

090912a03.jpg

090912a04.jpg

090912a05.jpg

 1985年に日産から発売された3代目サニーカリフォルニア(B12型)です。カリフォルニアとしては3代目ですが、型式の「B12」が示すように、6代目サニーの5ドアハッチという位置づけですね。カリフォルニアはこの型までサニーベースで造られましたが、4代目は名前こそサニーカリフォルニアでも、実質はサニーベースではなくADバンベースとなりました。現在のウイングロードもその流れですね。
 さて、個人的にサニーのすっきりしたスタイルが好きなこともあり、この型のカリフォルニアも好きなクルマです。ADバンベースとなった4代目からは純粋なステーションワゴン(というよりもライトバン)形状になりましたが、サニーベースのカリフォルニアはあくまでも5ドアハッチ、現在のアクセラスポーツやインプレッサと同じ感覚ですね。
 ところで、このサニーカリフォルニア、なんでこんな名前になったんでしょうね。サニーワゴンやサニースポーツバック等、そのままのネーミングのほうが良かったのではないかと個人的には思うのですが・・・。
 カリフォルニアといえばもちろんアメリカの州名ですね。ロサンゼルスやサンフランシスコがある西海岸の大きな州で、現在はシュワちゃんが知事をしていることでも有名ですね。
 この型の次のサニーカリフォルニアでは『サンホゼ』というグレードが設定されます。『サンホゼ』とはご存知のようにカリフォルニア州の都市の名前。『サンノゼ』と呼ばれることも多いですね。こうネーミングされた本意はわかりませんが、これって、たとえばフォード・トーラスのワゴンに『サイタマ』という名前を付けて、『カワゴエ』というグレードを設定しているようなものですね。

 ということは、アメリカの人に
 『新車買ったんだ。サニーカリフォルニアのサンホゼだよ。』
 と言うのは、我々の感覚では
 『新車買ったんだ。フォード・トーラスサイタマのカワゴエだよ。』
 と思ってしまうように彼らに思われているのかなあ~なんてちょっと考えてしまいました。

サニーカリフォルニア・スーパーサルーン(B12型)
全長×全幅×全高 : 4270×1640×1390mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4OHC 1497cc 97PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/09/12 16:37 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)
ギャランラムダでしたっけ?
現地名『プリムス・サッポロ」
なんてのが有りましたね。
[ 2009/09/12 19:02 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
札幌オリンピックの影響で『サッポロ』が世界的に有名になったから付いたそうですね。
地名ではありませんが、単車では『Ninja』や『KATANA』というネーミングが世界に通用していますから、アルファードより大きなミニバン作って『Toyota Rikishi』なんて名前で売り出したらハワイあたりでは受けるかも知れませんね。
[ 2009/09/13 07:50 ] [ 編集 ]
それ面白いですね。日本人が聞いて「なんだぁ?」と思うような名前が、海外では案外ウケそうですね。
確かに分かりやすいですもんね。
私でも海外の地域や街の幾つかは興味や憧れがありますもんね。さすがに初めて聞く地名や名詞はピンときませんからねぇ(^-^)
[ 2009/09/13 12:24 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
『Toyota Rikisi』、最上級グレードは『Yokozuna』、最廉価グレードは『Jonokuchi』、限定モデルで『Konishiki-Limited』として300kgまで対応できる電動リフトアップシートを装備した車両を出せば、大きな方が多い北米市場ではかなり受けるのではないかと思います。
もちろんCMキャラクターはKONISHIKIさんで決まりですね。
[ 2009/09/13 17:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。