旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・2000GT(MF10型) 

090907a01.jpg

090907a02.jpg

090907a03.jpg

090907a04.jpg

090907a05.jpg

090907a06.jpg
(クリックで拡大)

 1967年にトヨタから発売されたトヨタ2000GT(MF10型)です。もうこの車については解説など不要でしょう。誰もが知っている名車中の名車、日本車の象徴といってもいいと思います。この車よりも高性能、高級な国産車はこれからもどんどん出てくるでしょうが、トヨタ2000GT以上に名車と呼ばれる車はきっとこの先出てこないと思います。
 うちにあった2000GTのカタログはちょっと大きなもので、自宅のA3スキャナーでは全体がスキャンできません。ちょっと画像が切れていますがご了承を。
 さて、この車についてどんなことを書こうかと考えましたが、あまりにも有名すぎて書くことが思い当たりません。それに私はトヨタ博物館に飾ってある2000GTを見たことがあるだけで、実際に運転したことはありません。従ってどんな運転感覚なのかもまったくわかりません。
 いろいろと考えながらWikipediaで2000GTの項目を読んでいたら、『007は二度死ぬ』用に改造されたオープン仕様が1台なのか2台なのか、資料がないからわからないという記述がありました。
 この件、2台だと思われます。4枚目まではカタログの画像ですが、5枚目と6枚目は昭和41年10月に発行された『モーターエイジ』という雑誌です。この記事の中に、2台作られ、1台はロンドンに空輸された旨が記載されています。(クリックで拡大しますので読んでみて下さい)
 映画で使われたのは一般に発売される前でしたからカタログにもショーン・コネリーが2000GTに乗り込むカットが使われていますね。この車、記事によるとずいぶん秘密兵器が搭載されているようですが、さすがにまだこの時代なので海に飛び込んで潜水艦になったり特殊コーティングでカメレオンのように姿が消えたりはしないようですね。まあなんといっても「オープン仕様」ですから。
 「トヨタ3000GT」を謳って登場したスープラ、そしてやがて出るであろうレクサスブランドのフラッグシップスポーツカー、それぞれがとても素晴らしいクルマですが、2000GTのようなオーラがあるのかどうかはわかりません。
 トヨタ2000GTが世に出たのは今から40年以上も昔のこと、当時はまだ国内の自動車産業が発展をし始めた時期で、カローラ・サニーによるマイカー時代が始まった頃でした。誰もが自動車に憧れていた時代に出た高級スポーツカーと、今や世界一の自動車会社となったトヨタが、「若者の自動車離れ」の時代に出す高級スポーツカーとではやっぱり意味合いが違いますね。

トヨタ・2000GT(MF10型)
全長×全幅×全高 : 4175×1600×1160mm
ホイールベース : 2330mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直6DOHC 1988cc 150PS
最高速度 : 220km/h

トヨタ・2000GTコンバーチブル(007仕様)
全長×全幅×全高 : 4160×1600×不明mm
車両重量 : 1050kg
最高速度 : 230km/h
メーカーオプション : 超小型回路テレビ・2ウェイラジオ・ハイファイ受信機・音声作動テープレコーダー・小型ビデオテープ・かくしカメラなどの科学装置。(あまりびっくりするような秘密兵器は付いていませんね)





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/09/07 16:49 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
 参りました!

 このカタログは国宝級ですね。
欲しいとは思っていましたが高校生が貰いに行っても手に入る代物では有りませんでした。

 ボンドカーは2台作られたと記憶しています。
ショーンコネリの男の色気。
2000GT同様遠い夢の世界にしか思えませんでした。
[ 2009/09/08 22:46 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
いやいや、藤重行様こそ珍しいカタログをたくさんお持ちで、うらやましい限りです。
当方は地元ということもあり、トヨタのカタログは結構あるんですが、他社は意外と少ないんです。それに整理して保管していたわけではないので、どこに何があるのやらさっぱり・・・。
コレクター失格ですね。
[ 2009/09/09 09:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。