旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン30周年 

090904a01.jpg

090904a02.jpg
(クリックで拡大します)

090904a03.jpg
(クリックで拡大します)

090904a04.jpg
(クリックで拡大します)

 先日トヨタの7代目クラウン(MS120型)をご紹介しましたが、今回は7代目が発売されていた時期に発行された「クラウン30周年」のカタログです。
 クラウンの歴史が手に取るようにわかる素晴らしい資料だと思いましたので、拡大画像もアップしてみました。
 こうして歴代クラウンを並べて見てみると、初代の観音開きクラウン(RS型)はさすがに時代を感じますが、2代目以降はずっといわゆる「クラウン」っていう感じですね。まあフルフレーム構造+直6エンジンという基本構造はずっと一緒なので当然と言えば当然ですが。
 それにしても面白いのは最後の画像、広告キャンペーンの紹介頁で4代目のMS60型は紹介されていません。ご存知のように4代目はクラウンの歴史の中で唯一セドリックに負けた失敗作、MS60型のことはトヨタとしても早く忘れたかったのでしょう。
 なにはともあれ、模範的なジャパニーズ高級車としてトヨタ・クラウンが保守路線をずっと貫いてきたからこそ、他メーカーはクラウンにないものを強調した違ったタイプの高級車を出して日本の自動車業界が発展してきました。あらゆる意味でやっぱりトヨタ・クラウンは国産車の中心ですね。



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/09/04 12:26 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。