旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン(MS120型) 

090902a01.jpg

090902a03.jpg

090902a05.jpg

090902a06.jpg

090902a07.jpg

090902a08.jpg

 1983年にトヨタから発売された7代目クラウン(MS120型)です。この代から2ドアハードトップがラインナップからなくなりました。81年にソアラが誕生していますので、わざわざクラウンに2ドアハードトップを設定する理由がなくなったのでしょう。
 同時期に発売されたライバルのセドリックは国産車初のV6エンジン搭載というトピックがありましたが、このMS120型クラウンは基本的にキープコンセプトのモデルなのでどこからどう見てもクラウンですね。外観上の目立つところといえば、クリスタル・ピラーと称する樹脂で化粧したCピラーがアクセントになっているぐらいで、きわめて保守的なジャパニーズ高級車・クラウンです。
 さて、クラウンといえば、2003年に発売された12代目は『ゼロ・クラウン』としてV6エンジンを搭載したスポーティーで若々しい新生クラウンになりました。折しも2003年というのはご存知の通り、『自民党をぶっ壊す』として小泉首相が活躍されていた時期です。国産車の中で『保守』の代表格であるクラウンは社会情勢を如実に反映しているように見えますね。
 先日の総選挙で自民党が本当にぶっ壊れてしまいました。民主党政権をこれから注意深く見ていかなくてはなりませんが、同時に次のクラウンがどういうクラウンになるのかも注目したいですね。もしかしたらセドリックがフーガに変わったように、クラウンという名前もなくなってしまうかもしれませんね。
 初代クラウンが誕生したのは1955年、この55年という数字、政治の世界でもよく聞きますよね。『55年体制』という言葉もあるように、自民党は1955年以降、下野したことはあってもずっと第一党でした。しかし選挙後の第一党は民主党。第一党ではなくなってしまった自民党と、「いつかはクラウンに」とは思われなくなってしまったクラウン、なんだか重なって見えてしまいます。

クラウン・4ドアハードトップ・2800ロイヤルサルーンG(MS123型)
全長×全幅×全高 : 4860×1720×1400mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1500kg
エンジン : 直6DOHC 2759cc 175PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/09/02 13:32 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
1983年型トヨタ・クラウン、モーツアルトの曲に乗ってヨーロッパの石畳を走り回るクラウンの姿が条件反射で思い出されてしまいます!この頃ともなれば割合今と一つながりの、同じ波長の中にある時代という感じがして仕方ないですが如何でしょうか。
このMS120型クラウンという奴、発売当時「世界トップレベルの高級車」というふれこみで語られていましたがそりゃセドリックよりは数段ましなもののコーナー毎に大きなロールを伴う高級車を「世界トップレベル」と言われてもね。何だかな、という気がしてなりません。
いずれにせよこの代のクラウンはヨーロッパにも一定の台数が売られて触媒無しの2800cc/5M-GEU型6気筒ツインカムはDIN表示で170馬力、表示基準の違う日本仕様の175馬力(JISグロス値)の5-10%増しに相当し有鉛ハイオクガソリンで時速200-210km/hでアウトバーンを走り回っていました。安定性ではメルセデスベンツやBMWには数段譲るとはいえ、一応ボルボ760GLEやフランスのプジョー604GTI程度の走行性能や操縦性はあったと見られております。
そんな120型クラウンですが、いかんせん国内中心に設計された高級車の悲しい宿命、超高速で顎を出す足回りや水準以下の高速燃費は本場ヨーロッパで嫌われて1986年頃にヨーロッパ市場から撤退したという黒歴史があります。きっと、当時のヨーロッパ人はクラウンを指して「アメリカ車の代わりに乗るなら我慢できるが、それ以上のものではない」と考えていたに違いありません。
ただ、日本の交通事情で乗る分にはこんなに静かで豪華な高級車はない、と捉えていたユーザーは実に多かったと見えて、小生の周辺でもメルセデスベンツ450SELやBMW733iを下取りに出してこの120系クラウンを買うという手合いが続出し、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」への下地は徐々にしかし確実に築かれつつありました。もっとも小生自身にとってはクラウン独特のペリメーターフレーム付きボディは高速でのレーンチェンジ毎に不自然な横揺れが起こり不快そのもの、当時父親が1978年型アウディ80GLEを新車に交換することを計画していた折も折、クラウンを振ってそれとそっくりの値段で販売されていたアウディ80GL5E(1994cc/105ps、縦置きFF)を勧め、事実アウディの方がクラウンよりはるかに疲労が少なく本場物を感じさせてくれた程です!
こうしたクラウン特有の横揺れ及び大きめのロールはこの次の代である130型のV8ロイヤルサルーンG(4000cc)まで続きましたが、そんなクラウンはゼロクラウンを経て重厚感と適度な堅さを両立したサスペンションと潮が満ちるが如きのパワーや二桁燃費を併せ持つエンジンを持つに至り、小生自身もヨーロッパ車と縁を切り、クラウンと親戚筋のレクサスIS350を所有していることを考えるにその後の日本車の驚異的な発展を見る思いで今昔の感に堪えないというものです!
[ 2009/09/02 22:50 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
確か平成元年だったと思いますが、自動車税の仕組みが変わり、いわゆる「3ナンバー車」の税金が大幅に安くなりました。それまで5ナンバー枠にとらわれていた国産車もこの時期に飛躍的に変わりましたね。まあ個人的には「ちょっと大きくなりすぎ!」と感じていますが。
[ 2009/09/03 11:39 ] [ 編集 ]
クラウン=モーニング娘。セルシオ,レクサス=AKB48
クラウン=ジャニーズ、セルシオ、レクサス=EXILE
[ 2011/07/26 17:50 ] [ 編集 ]
永山修一様

コメント、ありがとうございます。
AKB48やEXILEといわれても、ちょっとオヤジ世代の私には細かなニュアンスはわかりかねますが、おそらく新たな価値観を提供しておられる歌手の方なんでしょうね。
サラリーマンをしていた頃、若い子達に嫌われないように『LOVEマシーン』をカラオケスナックで歌ったことがありますが、そのモーニング娘も今は『クラウン』にあたるんですね。
ミーちゃんとケイちゃんの区別は私でもわかりますが、おニャン子クラブあたりからはまったくわかりません。まるで現在のOEMがまかり通っている自動車業界のようですね。
[ 2011/07/26 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。