旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・キャブオール(C140型) 

090828a01.jpg

090828a02.jpg

090828a03.jpg

090828a04.jpg

 1960年に日産から発売された中型トラック・キャブオール(C140型)です。初代(C40型)は1957年に発売されました。このカタログはマイナーチェンジされて登場したC140型からフロントデザインが少し変更されたC141型のもので、おそらく1962年頃のモデルだと思われます。
 初代キャブオール(C40型)は、日産初のキャブオーバー型トラックとして、先日ご紹介したジュニアのシャーシー・エンジンを使って造られました。現在トラックといえばこのようなキャブオーバー型が主流ですが、もともとはジュニアのようなボンネット型トラックが主流でした。
 さて、この現在一般的なキャブオーバー型という形、最初は1955年にプリンス自動車(当時は富士精密工業)が「画期的なアンダーシート・エンジン・システム」として誕生させたものです。エンジンの上に運転席を配置することで、車体の全長を変えずに荷室スペースが拡大できるというメリットがありました。ジュニアは全長4660mmで荷台長が2310mm、キャブオールは全長4610mmで荷台長3095mmですから、かなりの差がありますね。
 狭くゴチャゴチャした道路が多いうえに車体の寸法規制も厳しい日本において、この効率的なキャブオーバー型という形はとても好まれ、徐々にトラック=キャブオーバー型というようになっていきました。
 ちなみにキャブオーバー型トラックが一般的なのは日本とヨーロッパで、アメリカでは現在もトラックといえばボンネット型が一般的です。アメ車というのは乗用車もデカイですけど、トラックはさらにデカイですからね。
 同じシャーシー、同じエンジンといってもキャブオールとジュニアはまったく異なるトラックです。効率という観点から見ればキャブオールなのでしょうが、個人的にはジュニアの方が好きですね。

日産・キャブオール・2トン積・標準型トラック(C141型)
全長×全幅×全高 : 4610×1675×1990mm
ホイールベース : 2390mm
車両重量 : 1520kg
エンジン : 直4OHV 1883cc 85PS
最高速度 : 110km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/08/28 16:18 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(3)
ウー、渋い!縦目の日産キャブオールですね。現に、家の近くの鉄工所が使っていました、ボディカラーは紫がかったなす紺、そうアメ車のビュイック(1950年代)にしばしば見られた色でした。
自宅近くにあったキャブオールは初代末期の1965年型ぐらいのモデルで、1900ccの代わりにH20型2000ccエンジンを搭載していました。このエンジン、H20型は1982ccのショートストロークで92馬力、それこそセドリックのスタンダードからフォークリフトまで何でも使われた長寿エンジン、1983年頃まで作られておりました。
この縦目のキャブオール、ドアが前開きなのも風情を倍増させていますが、その次の代のC240型は一転して角張ったスタイルに変身し、ライトは横目の4灯、そうトミカのミニカーでお馴染みのタイプで小生も警察の事故処理車仕様を持っておりました。確か二代目C240キャブオールはくすんだダークブルーをテーマカラーとしており、この代の後期=1973年に3000ディーゼル・85馬力が生まれ「ストップ・ザ・いすゞエルフ」態勢を本格化させたものでした。
しかし一定の熱烈なファン層・ユーザー層を掴んでいた日産キャブオールもいすゞエルフと三菱キャンターの攻勢の前に次第に先細りになり、1976年、ついに同じ日産内で併存していた旧プリンス系トラックのクリッパーを統合し、キャブオールとクリッパーは顔が違うだけの双子車と化してしまいました!そして1982年にアトラスに変身するも、現在のアトラスは総重量5トン未満のタイプを除いて全ていすゞエルフのOEMと化してしまい、時代の流れを感じないわけにはいきません。
なるほどいすゞエルフ自体は2トントラックの優秀車で、排ガス規制から人間工学までこのクラスのトラック全ての規範となる存在であることは言うを待ちません。しかしアトラスもエルフOEMならマツダタイタンもエルフの顔違いに過ぎなくなっているのを見るに、こうした商業車の分野にマニア側の感傷が入り込む余地はないのでしょうか、やはり複雑な感慨は隠せません。
[ 2009/08/28 20:55 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
トラックやライトバンなどの商用車は完全にメーカーの色がなくなってしまいましたね。1トン級の小型トラックはボンゴトラック=バネットトラック=デリカトラックなので、これとタウンエーストラックの2台しかないですものね。ちょっと寂しいですね。
[ 2009/08/29 07:27 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/07/22 04:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。