旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ジュニア(40型) 

090826a01.jpg

090826a02.jpg

090826a03.jpg

090826a04.jpg

 1962年に日産から発売された中型トラック、日産ジュニア(40型)です。初代ジュニア(B40型)は1956年、2代目ジュニア(B140型)は1960年に発売されていますから、この40型は3代目にあたります。
 このようなボンネット式のトラックって最近はほとんど見なくなってしまったからとても懐かしいですね。『中型いちばんの快適な乗り心地』、『ニッサン ジュニアは運ぶ力強さで、重量物の運搬用はもちろん、そのすばらしい乗り心地で、連絡にサービスに、ドライブに広い用途に、ご好評をいただいております。』とカタログに記載されているように、このタイプのボンネット式トラックは乗用車の役目も兼ねていました。
 キャブオーバー型のトラックはお尻の下にエンジンがあるので、広い荷室が確保できる反面、どうしても乗り心地が犠牲になってしまいます。先日クラウン・トラックについて書きましたが、このニッサン・ジュニアも同様に、まだ何台も車が所有できなかった時代にはトラック兼乗用車としての需要に応えていました。
 ちなみにこの40型ジュニアのエンジンはH型とよばれる1883cc4気筒エンジンで、H31型セドリックと同じエンジンです。
 さて、ニッサンジュニアといってもほとんどの方には馴染みがないと思いますが、実は誰もが知っている有名なドラマで主人公の愛車として活躍していました。
 「ああ、あー、ああああ、あー、あー、あ、あー、ああああ、あー」、ちょっとこれでは分かりませんね。「ほたるー、じゅんー」、これで分かります?
 ドラマ『北の国から』で田中邦衛さんが演じている五郎の愛車として登場しています。ドラマに出ていたのはこの40型と、次の代である140型ジュニア(1970年から販売)です。

090826a05.jpg

 あるときは材木を運び、またあるときには純や蛍を駅まで迎えにいく。ボンネット式トラックの用途そのものの使い方がされていましたね。それにしてもあのドラマ、何回観ても泣けてしまいます。
 ドラマは素晴らしかったんですが、ドラマ共演が縁で本当に結婚された純君と結ちゃん、実生活では離婚しちゃいましたね。男と女の問題はわからないものです。

ニッサン・ジュニア・2トン積標準型(40型)
全長×全幅×全高 : 4660×1690×1730mm
ホイールベース : 2800mm
車両重量 : 1500kg
エンジン : 直4OHV 1883cc 85PS
最高速度 : 110km/h

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/08/26 14:26 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(8)
おはようございます。このジュニアは全高が1730mmとの事で今のハイルーフ・ミニバンよりやや低い位なので、ボンネット式ですが、トラックらしさのある小さなトラックですね。やはり自家用として多く使われていたのでしょうか。クラウン・トラックが7年後にラインナップとの事ですから、時代の流れという事ですかね。
[ 2009/08/27 10:35 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
クラウン・トラックはMS50の先代、MS40型ベースでもラインナップにありましたので、もう少し前から存在しています。
当時日産にはこのジュニアの他にも、プリンス・マイラーやダットサン・トラック、サニートラックというボンネット式トラックが存在していました。そのどれもが、「乗用車的な乗り心地」をセールスポイントにしていましたので、きっと自家用としても使われていたことと思います。
[ 2009/08/27 17:33 ] [ 編集 ]
ウオー!懐かしい。小生、この40型ジュニアについては自身が幼稚園の頃園に友達を迎えに来ている深緑のレッカー車の印象が強烈で、そのボボボボー、というのどかな4気筒ガソリンエンジンの音と共に脳裏に焼き付いています。何といっても丸形4灯のフロントマスク、同時期のセドリック30型よりも遙かにスタイリッシュで「トラックにしておくのは勿体ない」と幼心に感じたほどです。
また、この40ジュニアの後継の縦目の四角張った直裁なスタイルは、同じく縦目の日産グロリア(HA30型)や同時期の230セドリック等のボテッとしたふくらみを持った2000cc級乗用車のスタイルよりも数段精悍に見えて、まさに機能美という感じがしました。そんなクールな140ジュニア、家の近くの魚屋さんが1980年代半ばまで使っており、水色のボディがイカしていました。
トヨタスタウトの野暮ったさとは一線を画する日産ジュニアのスタイリッシュさはそのまま、トラックに乗用車の持つ豊かな生活の夢を託した、まだ貧しかった時代の日本を映し出しており微笑ましいのと同時にどこかいじましさも覚えます。
[ 2009/08/27 19:51 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
ジュニアのレッカー車で迎えに来てもらえるなんて、そのご友人はどう思われていたのか分かりませんが、私の感覚ではうらやましい限りです。
スタウトは確かにあまりカッコよくありませんでしたね。
[ 2009/08/28 08:20 ] [ 編集 ]
私も父親が家業で使用していたジュニア(73年式)を自分でライトブルーとアイボリーの配色で塗装してコロガシていた事がありました。足元にある手動の通気口と三角窓から入ってくる風がとても気持ち良かったです。商業用トラックなので内装は黒でした。シートも黒のビニールだったので椰子柄のキルティングでカバーをしてなんとかトロピカルトラックに仕上がりました。純正のままの感度の悪いAMラジオが更に雰囲気を醸し出してました。冬はチョークをきつめに引いてエンジンが暖まるのに結構時間が掛りました。錆で穴のあいたボディーも最高でした。ああ懐かしい。
[ 2010/05/19 17:52 ] [ 編集 ]
ピックアップ様

コメント、ありがとうございます。
私もポーターキャブに乗っていた頃、クーラーがなかったのでベンチレーターと三角窓をフル活用していました。
「チョークレバーを引く」という儀式、クルマからはすっかりなくなってしまいましたが、私は今でも愛用の農機具でチョークレバーと付き合っています。

[ 2010/05/20 07:19 ] [ 編集 ]
たしか フロントにクランク入る穴 あったはず
[ 2013/05/19 05:38 ] [ 編集 ]
ginironofit様

コメント、ありがとうございます。
この時代のクルマには、ジュニアの他にも手動始動のための装備が付いているものがありました。私はやったことがありませんが、結構コツがいるみたいですね。
[ 2013/05/19 14:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。