旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・セドリック(Y30型) 

090810a01.jpg

090810a02.jpg

090810a03.jpg

090810a04.jpg

090810a05.jpg

 1983年に日産から発売された6代目セドリック(Y30型)です。スタイリングは先代の430型とほとんど変わっていないキープコンセプトのモデルですが、中身に大きな変化がありました。
 永らくセドリックのエンジンは直列6気筒のL型がメインでしたが、この代から直6に代わりV型6気筒のVG型エンジンが搭載されるようになります。現在でこそV6エンジンなど珍しくもなんともないエンジンとなりましたが、国産車でV6が搭載されたのはこのY30型セドリックが初めてです。
 さてエンジンに大きな変更があったとはいえ、このデザインはきわめて保守的な「ジャパニーズ高級車」ですね。プレジデントとセンチュリーを別格とすれば、セドリックとクラウンはいつの時代も「ジャパニーズ高級車」トップの地位を争ってきました。ほとんどクラウンが勝っていましたが、日産セドリックとトヨタ・クラウンの頂点ライバル関係は誰もが認めるところです。「いつかはクラウン」「いつかはセドリック」との思いを胸に秘め仕事に励んだ殿方もきっと大勢おられたことでしょう。
 そんな羨望の目で見られていたセドリックもこの代が最後でした。次のY31型の時代はバブル真っ只中、あのシーマが誕生してしまうんですよね。そしてトヨタからもクラウンより上級のセルシオが誕生、セドリックやクラウンに乗っていても自慢できなくなってしまいました。
 長年続いていた序列がいったん崩れると際限なく崩れ続けていきます。シーマやセルシオに乗られている方に対して自慢するにはベンツやBMWなどの輸入高級車に乗らなくてはなりません。そうなると1000万円オーバーのクルマも珍しくありません。車の価格の感覚がすでに麻痺していますので、トヨタ・日産も輸入車に負けないほどの超高級車・高性能車を開発し、価格も超高級車並みになります。現在レクサスの最上級車、日産GT-Rの最高グレードはともに1500万円を超えています。
 バブル経済崩壊後も自動車メーカーはずっとバブルが続いていたようですね。自動車メーカーにとってのバブル経済はいま、やっと崩壊したのかもしれませんね。

セドリック・4ドアハードトップ・V30ターボブロアムVIP(PY30型)
全長×全幅×全高 : 4860×1720×1410mm
ホイールベース : 2730mm
車両重量 : 1600kg
エンジン : V6OHCターボ 2960cc 230PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/10 17:19 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)
仏壇風グリルから始まり、ダッシュボードにセンターコンソールに....タイヤとハンドル以外すべて真四角にまとめられたY30型セドリックですね。V6エンジン搭載で直線ではスピードが出るも、曲がりにおいてはコーナリングで大きくロールするばかりかタイヤがもげてしまう程の、今では軽バンでもありえない様な特性を示していた、とにかく今思えばおかしなおかしな高級車でした(笑)。
サスペンションはソフト一辺倒、しまりのないブヨンブヨンの足回りでピッチングが絶えなかったことを覚えております。それでも当時は国産飛びきりの高級車として、クラウンと並んで絶対的なステイタス、憧れの象徴だったことを思うに、現在に至る国産車界の驚異的な進歩発展、マーケット様相の激変振りを思い知らされ今昔の感に堪えません!
仰る通り、クラウンもセドリックもシーマ→セルシオ→レクサスと連なる国産高級車の拡充の流れの中で、もはや最高級でない、ほんの「中の上」=かつてのマークIIやローレル的位置づけに過ぎなくなってしまいました。もっともお陰で、クラウンやセドリックのパーソナル性が強調され、スポーティで身軽な運動性能が重要視されるようになったぐらいだから悪いことばかりとも限らないですが。
ともかくあの当時は自営業者も官公庁も、財界のお偉いさんも争ってクラウンやセドリックに乗り、一方ではゼネコンというゼネコンの役員駐車場には黒塗りを中心としたクラウンやセドリックがずらりと並ぶ(こちらは現在でもさして変わらないと思うが)風景が展開され、一種の日本の風物でした。それが今では5ナンバーのクラウンやセドリックの役割はプリウスに取って代わられ、市場の最上級のステイタスはレクサスLSやマジェスタ、ベンツやBMWらに奪われ、両車ともかつてのような絶対的なブランドではなくなったことは否めないと思います。
ただ昨今、200系のクラウンやセドリックの末裔たる日産フーガを街で見るとその流麗にして自己をやたら主張したがらない存在感に国産高級車のひとつの完成形を見る感じです。動力性能も両車とも決してバカにしたものではなく、3.0-3.5L自然吸気にしてゼロヨン加速14sec台を平気で出してしまうぐらいだからジャガーの5.0LのV8自然吸気やアウディA8/4.2と大差なく、熱効率では世界トップレベルなのではないでしょうか。
まして日産フーガ、次期モデルが先ほどアメリカで先行発表されてその流麗さは息をのむばかり、「アメ車の出来損ない」だったセドリックの末裔は今やジャガーXFやBMWの好ライバル、醜いアヒルの子が白鳥に生まれ変わるとはこのことを言うのではないでしょうか。
[ 2009/08/16 21:28 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
アメリカで発表された新型フーガ、セクシーな曲線のラインを見ていると、かつての230型や330型セドリックの雰囲気が感じられますね。
3.7リッターV6と5.6リッターV8が搭載されるとのことですから、きっと動力性能も素晴らしいものになることでしょう。
セド/グロが世界に通用する高級車になることはとても嬉しいことですが、庶民からはどんどん遠い存在になっていくのはちょっと寂しいことですね。
それにしても400馬力オーバーのクルマと40馬力の軽トラが同じ道路を走り、なおかつMT軽トラを運転できないAT限定免許の初心者オバサンでも400馬力オーバーのクルマには乗れてしまう日本の道路ってちょっと恐いですね。
[ 2009/08/17 11:13 ] [ 編集 ]
賛否両論色々な意見がありますが、僕はそれでもY30がすきですね。
Y30がデビューしたのが僕が中学生のころ。いかつくて格好が良くて風格があって、大好きで「将来絶対に免許取ってこの車に乗ってやろう!!!」なんて考えたものでした。そしてあれから20年以上、いまだに好きでY30ブロアムVIP(後期モデル)に乗ってます。あ、一言言って置きますと僕のはフルノーマルで無改造です。これ、ポリシーですので。。。確かに今時の最新モデルとスペックを比較すると負ける点は多いですし、安全性だって今の車には敵いません。でも、やっぱりY30の雰囲気はこの車独特のものであると今でも信じておりますし、この雰囲気は20年以上経った今でも好きですね。車選びってそういう部分ってあると思うし(商用車は別です。)、いかに自分が好きかどうかが一番のポイントだと思います。周りからはモノ好き呼ばわれされていますが、この車の最期の最期まで一緒に暮らそうと思います。
[ 2014/02/22 23:48 ] [ 編集 ]
トシ様

コメント、ありがとうございます。
自分が好きだと思うクルマにずっと乗り続けることは自分にとってもクルマにとっても一番良いことのように感じますが、そうさせまいとする動きがどんどん顕著になっている風潮がなんともやりきれないですね。
国内最大手の社長さんは年頭挨拶で「買い替えサイクルをさらに短縮させるように新型車を投入」なんてこと仰っていましたし、年式の古いクルマにはさらなる増税強化が控えていますし・・・。
このような風潮にめげず、気に入ったクルマを長く乗り続けるというライフスタイルが「カッコいい」と感じられるような世の中になってほしいものですね。
[ 2014/02/23 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。