旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ブルーバード(U12型) 

090801a01.jpg

090801a02.jpg

090801a03.jpg

090801a04.jpg

090801a05.jpg

 1987年に日産から発売された8代目ブルーバード(U12型)です。個人的には歴代ブルーバードの中でもっとも好きなクルマであり、『走り』のイメージが感じられた最後のブルーバードだと思っています。
 「ATTESA」と呼ばれる4WDシステムを搭載したり、ラリー仕様の「SSS-R」をオーテックジャパンがラインナップしたりと、メカニズム的にもイメージ的にも「走り」を感じさせるU12型ブルーバードですが、なんといってもスタイルがすばらしいですね。この次の代であるU13型のSSSがすばらしくカッコ悪いブルーバードでしたから、余計にU12型がカッコよく感じられてしまいます。
 それにしても日産って面白いですね。この時期はF31型レパードやC33型ローレルがあり、それらは皆とてもスポーティでカッコいいクルマでした。しかしながらブルーバードがちょっと変なスタイルのU13型になったと思っていたら、今度はレパードがU13型そっくりのJ.フェリーになり、ローレルまで尻下がりのC34型になってしまいました。まあある意味筋が通っていていいのかもしれませんが、オーソドックスなスタイルを好む日本市場ではちょっと危険なモデルチェンジの仕方ですね。
 その点、現行のラインナップではスポーティ系とコンフォート系が明確に性格分けされているようです。しかしながら残念なことにブルーバードはティアナを初めとするコンフォート系になってしまったようですね。

ブルーバード・4ドアセダン・SSSアテーサリミテッド(U12型)
全長×全幅×全高 : 4520×1690×1375mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1280kg
エンジン : 直4DOHCツインカムターボ 1809cc 175PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/08/01 13:08 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。