旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ブルーバード(810型) 

090729a01.jpg

090729a02.jpg

090729a03.jpg

090729a04.jpg

090729a05.jpg

 1976年に日産から発売された5代目ブルーバード(810型)です。日産のビッグネームであるブルーバードにも関わらず、この810型はとても影が薄いブルーバードです。それもそのはず、この810型は『ブルーバード』ブランド迷走期に販売されたもので、3年ちょっとしか製造販売されていません。ある意味レアなクルマですね。
 1967年に発売された3代目ブルーバード(510型)は『もっとも成功したブルーバード』とも呼ばれ、とても人気があった車種です。実際かなりかっこいいクルマでした。ところが日産車の常で、成功すると次はおかしくなります。
 1971年に発売された4代目ブルーバード(610型)は大型化、上級化して、『ブルーバードU』と名乗るようになりました。そして本来のブルーバードクラスには『バイオレット』という新車種(710型)を投入。こういうことをやり出すと顧客は離れていくんですよね。
 そしてこの代、810型は、実際は大型化、上級化した610型ブルーバードUの後継なのですが、車名からは『U』の文字がとれ、単なる『ブルーバード』に戻りました。それほどカッコイイとは思えないクルマでこういうゴチャゴチャしたことを展開していましたから当然販売は低迷しました。
 しかしながら失敗した代の後はヒット作というのも日産車の常、810型の次に出した910型は510型以来の人気車種となります。
 さて、長い歴史を誇る日産ブルーバード、現在もブルーバード・シルフィとして辛うじて『ブルーバード』の名が残っていますが、あまりパッとしませんね。おそらく今は迷走期なのだと思います。今後『ブルーバード』の名がなくなるのか、『シルフィ』のサブネームがなくなるのかによってクルマの性格が決まってくると思いますが、現状の流れでは『ブルーバード』の部分がなくなりそうですね。現行シルフィがラリーで活躍する姿なんて全く想像できませんから。

ブルーバード・4ドアセダン・1800SSS(P810型)
全長×全幅×全高 : 4260×1630×1390mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 1060kg
エンジン : 直4OHC 1770cc 105PS

にほんブログ村 車ブログへ


 
[ 2009/07/29 11:58 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(8)
ウチにこのカタログがありました。懐かしいですね。
この当時我が家の愛車が610型ブルーバードU1600GL(1975年製)で、同車の埼玉日産のセールスマンが我が家に出入りしていたことを思い出します。
しかしこの810型ブルーバードと言う奴、51年排ガス規制とやらで実に走らなかったですね。そこで非合法を承知で、触媒付きにも拘わらず有鉛ガソリンを入れて触媒を破損させて、マフラーの背圧が多少減ることと有鉛ガソリンそのものの4エチル鉛による爆発力の相乗効果を生かしてパワーアップの手段とする剛の者が何人も居たことを記憶しています。そうそう、「触媒ストレート」なるパイプが売られ始めたのもこの頃だった筈です。
[ 2009/07/31 12:31 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
51年排ガス規制の影響って大きかったですね。同時期のコロナやカリーナもかなりもっさりしていた記憶があります。
その点、現在の電気モーターの加速は強烈ですね。楽しいかどうかは別として・・・。
[ 2009/07/31 17:36 ] [ 編集 ]
Z18の後期型に乗ってました。父親のお下がりでしたが世間で言われているほど悪い車では無かった思います。友人の53年型コロナGTと比べてもパワー以外は勝っていたと当時思ってました。
ただ、微速時(車庫入れ時等)のハンドルの異常な重さと、此の頃の日産車の常ですがサビには泣かされました。
[ 2013/09/01 05:28 ] [ 編集 ]
疲労親父様

コメント、ありがとうございます。
昔、このブルーバードよりも少し古いコロナがうちにありました。うちのコロナも車庫入れ時はハンドルが異常に重かったですよ。パワステが付いていないクルマというのはこんなものだと諦めていました。
現在ではパワステが付いていないクルマなんて、一部の軽商用車以外にはまずありませんね。
[ 2013/09/01 15:43 ] [ 編集 ]
僕は日産ブルーバード810型のファンです。ブルーバード810型の絶版カタログを、2000円~5000円ぐらいで買いました。前期型の1600&1800シリーズ、2000G6シリーズの別々のカタログです。加山雄三さんが日産ブルーバード810型のCMや大追跡のテレビドラマに出た影響です。太陽にほえろ!、西部警察PARTⅡ&西部警察PARTⅢのテレビドラマの犯人や現金輸送車のクルマのカーチェイス&カーアクション&横転&カークラッシュ&破壊&爆発&炎上シーンが多かったです。私鉄沿線97分署のテレビドラマも活躍しました。他には、ダットサン810型の画像で、日産ブルーバード4ドアセダン1800GL-E(ホワイト)のオートマチック車の写真がスマホに載ってありました。ボディカラーやインテリアは綺麗で、カセットデッキやマルチ・エアコンが装着し、珍しく希少なAT車です。フロントプラスチックバイザーやフロントドアガード、フォグランプを外し、マニュアルステアリングからパワーステアリングに換装し、13インチのスチールホイール&タイヤやリヤリーフリジッド(固定式)から13インチスタイルドホイール(Bのセンターキャップ)&165SR13ラジアルタイヤ、リヤ4リンクコイル(固定式)に載せ換え、大追跡仕様車にしたらどうですか、物凄く格好いいですよ、かなりアルミ製小型バンパーでコーナーガードが良く似合いますよ。珍しいブルーバード4ドアセダン1800GL-Eのオートマチック車でした、どうか、このクルマを譲って下さい。
[ 2016/05/06 14:25 ] [ 編集 ]
加藤寛教様

コメント、ありがとうございます。返答が遅くなり、誠に申し訳ありません。
この型のブルーバードは、今となっては状態の良い車体を探すのはかなり困難だと思われますが、見つかるといいですね。
[ 2016/05/22 06:58 ] [ 編集 ]
Kurumamaniacsさん、 コメントありがとうございました。以前、スマホで、ダットサン810型の画像の写真で、日産ブルーバード4ドアセダン1800GL-E(ホワイト)のオートマチック車を見ました。かなり30年以上のクルマで、コンディションも良好で、マルチ・エアコン、カセットデッキやフロントフォグランプもオプションされてます。日産ブルーバード810型の希少なオートマチック車です。僕は、日産ブルーバード810型のオートマチック車の画像がもっと早く気づいてたら良かったですねぇ、以上ですけれど、宜しくお願いします。期待してますよ。
[ 2016/05/29 11:16 ] [ 編集 ]
加藤寛教様

コメント、ありがとうございます。返答が遅くなり、誠に申し訳ありません。
貴兄のご期待が何を対象にされているのかが少々頭の悪い私にはわかりかねますので、ご期待にはお応えできないかもしれません。810型ブルーバードに限らず、まだ動く状態であるのであれば、古いクルマでも元気に街中を走っていてもらいたいものですね。
[ 2016/06/01 21:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。