旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・ジムニー(JA71型) 

090723a01.jpg

090723a02.jpg

090723a03.jpg

090723a04.jpg

090723a05.jpg

 1986年にスズキから発売されたジムニー(JA71型)です。ジムニーについては、以前に初めて550ccとなったSJ10型を取り上げましたが、今度は初めて4サイクルエンジンとなったJA71型です。
 軽規格の変更等により、エンジンや細かな造形は何度も変更されていますが、基本的にはこのJA71型はSJ30型から続く2代目ジムニーということになっています。ちなみに3代目ジムニーは1998年に発売された現行型ですので、初代11年、2代目17年、3代目も現時点ですでに11年と、それぞれに息の長いクルマですね。
 さて、このJA71型ジムニーが販売されていた頃、アメリカではジムニーに関する良からぬ話が出ていました。記憶に残っておられる方も多いと思いますが、あの『サムライ転倒訴訟』です。サムライとは北米で販売されていた1300cc版ジムニーのことで、なんでも急旋回すると転倒しそうになって危険だという実験結果が出たとのこと。
 実験しなくとも見るからに重心が高いクルマですので、急旋回すれば転倒しそうなことぐらい誰が考えてもわかりそうなものなのですが、あえて実験をすることにより、「サムライは危険なクルマ」という印象が持たれてしまったようです。
 結局あの騒動はサムライを含めた日本製の小型SUVが本家・クライスラー・ジープの販売にとって障害となると考えた米メーカー首脳が日本車追い出しのために展開したらしいですね。
 今から考えてみると、あのときに政治的にサムライを追い出すのではなく、本家が1500ccぐらいのミニ・チェロキーを開発してサムライとガチンコ勝負に出ていれば、20年後に会社が破綻なんてことにはならなかったのかもしれませんね。
 なにはともあれ、我らがジムニー、これからも今のキャラクターを保ったままずっと生き残ってほしいものです。なんといってもジムニーは国産車では数少ない独自の世界を持った名車ですから。

ジムニー・インタークーラーターボ・フルメタル(JA71C型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1670mm
ホイールベース : 2030mm
車両重量 : 800kg
エンジン : 水冷4サイクル3気筒インタークーラーターボ 543cc 52PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/07/23 07:42 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(6)
確かに、転倒実験などせずに技術で勝負していれば、破綻にはなってなかったのかもしれませんね。
[ 2009/07/23 15:41 ] [ 編集 ]
本気で山仕事に使う人はパジェロやランクルではなく、ジムニーを使うそうですね。
走破性が高く構造がシンプルでコンパクト軽量、その上頑丈と言う事で。
 形は似ていますが、パジェロミニはライバルにはなり得ないようです。

 それにしてもアメリカは日本が言う事を聞くのが当たり前だと思っているんですね。
[ 2009/07/23 20:55 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
ジムニーってホントに面白いんですよ。私も何度か遊んだことがありますが、『四輪駆動車を扱っている』っていう気分がひしひしと湧いてきて、『両手両足+四輪』を動かしているんだという心地よさがあるんですよね。
『コンパクト軽量』というのもとても重要なことで、実際転倒したときも大人三人で元に戻すことができました。(うち二人はかなりマッチョです)

>  それにしてもアメリカは日本が言う事を聞くのが当たり前だと思っているんですね。
この部分は難しい問題ですね。きっと「当たり前」だと思っていると思います。アメリカの象徴が崩れ、日本メーカーが主導権を握りつつある今、とっても微妙な空気になっていると思います。
変なことにならなければいいのですが・・・。
[ 2009/07/23 21:58 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
本当にそうなんですよね。自分を戒める機会は何度もあったんですが、そのたびごとに「保護主義」によって守られてしました。そして「保護」ができなくなってしまった時点で「破綻」です。
これは決して対岸の火事ではなく、次世代技術で一歩先を進んでいる日本メーカーも気をつけなくてはいけないことだと思います。
なんといっても日本を追い越そうと思っている新興国はもとより、アメリカにだってノーベル賞もらった先生が桁違いにたくさんおられるのですから。
[ 2009/07/23 22:02 ] [ 編集 ]
「保護主義」は度を過ぎると「悪」になりえますね。迷惑します。
[ 2009/07/24 12:58 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
保護主義の「度」についてのさじ加減がおそらくいちばん難しいんでしょうね。度を過ぎるとやっぱり「悪」ですが、きっと何もしないのも「悪」だったと思います。
紅組にとっての善は白組にとっての悪、白組にとっての善は紅組にとっての悪、難しいですね。頭の弱いクルマ馬鹿のオヤジにはそんな難しいことはわかりません。こういう難問は東大出の偉い先生方にお任せしましょう。今度の選挙、楽しみですね。
そんなことより、今日、コンビニでベストカー誌を立ち読みしたら、マツダが今度のモーターショーで1.3リッターのFRミニ・ロードスターを発表するとの記事がありました。オツムの弱い私はこの記事のことで頭がいっぱいです!
[ 2009/07/24 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。