旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・コロナクーペ(ST162/160型) 

090629b01.jpg

090629b02.jpg

090629b03.jpg

090629b04.jpg

090629b05.jpg

 1985年にトヨタから発売されたコロナクーペ(ST162/160型)です。コロナと名乗っていますが、実質はスペシャリティーカーであるセリカ・カリーナEDの姉妹車です。姉妹車といっても名前が異なるだけの姉妹車ではなく、三者三様まったく別のボディをまとっていますので、イメージはそれぞれずいぶん異なっていますね。
 このコロナクーペが登場したとき、個人的にはかつての名車、「トヨタ1600GT」の現代版のような気がして素晴らしくカッコいいクルマだと思いました。しかしセリカやカリーナEDが人気車種になったのとは対照的に、三姉妹のなかでこのコロナクーペだけが不人気車だったようです。
 コロナには代々「コロナハードトップ」としてスポーティモデルが設定されていました。時代の流れでFF化が進む中、コロナの名を冠したスポーティモデルで初のFF車となったのがこのコロナクーペです。本来ならコロナクーペがコロナのスポーティグレードを後々まで引き継いでいく予定でしたが、販売的にちょっと失敗してしまったために、これ以降、コロナは購入者平均年齢が非常に高い車になってしまいました。現在でもプレミオはオヤジグルマの代表格ですね。
 今考えてみると、コロナクーペはクーペボディではなく、コロナの名を冠する以上、「コロナハードトップ」としてハードトップボディで出していたほうが良かったのかもしれませんね。時代の流れでFF化したのは仕方がないにせよ、代々愛されてきた「コロナ・ハードトップ」という響きがなくなってしまったことが不人気を招いた一番の理由かもしれません。

コロナクーペ2000GT-R(ST162型)
全長×全幅×全高 : 4415×1690×1295mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1130kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/29 17:57 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。