旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・サニーバン(VB10型) 

090625a01.jpg

090625a02.jpg

090625a03.jpg

090625a04.jpg

090625a05.jpg

 1966年に日産から発売された初代ダットサン・サニーのライトバン、サニーバン(VB10型)です。このカタログは初期のものなので、まだ4ドアバージョンが出ていないため、2ドアライトバンしか載っていません。
 現在、サニーバンという車名はサニー消滅に伴い残っていませんが、ADバンが直接の後継車になっています。ADバンは「ADvanced VAN」とのことで、「進化したサニーバン」として日産だけでなく、マツダからは「ファミリアバン」、三菱からは「ランサーカーゴ」として販売されています。

 さて、この「ライトバン」という形態、最近はすっかり影が薄くなってしまいました。現在残っているのは実質、日産・ADバンとトヨタ・プロボックス、ホンダ・パートナーだけです。かつてはあらゆる車種にライトバンが設定されていました。カローラ、サニーはもちろんのこと、パブリカのようなもっと小さな車やクラウン、セドリックといった大きなクルマまでライトバンがありましたね。私の記憶ではごく最近までクラウン・バンやカルディナ・バンがあったような気がするのですが、知らないうちに消えていました。
 このカタログには1台のサニーバンで仕事をしているカットと家族でピクニックへ出かけているカットが載っていますが、当時は車を何台も所有できるような家庭はそれほどありませんでしたから、商売をされているところは仕事用のライトバンが家庭の乗用車でした。
 時代の流れといえばそれまでなのですが、個人的には昔のようにいろんな車種にライトバンの設定を残してほしかったなあと思っています。しかし3ナンバーボディが一般的になってしまった現在では、そのボディでライトバンを造ると1ナンバー車になってしまうんですよね。ライトバンが大幅に減ってしまった本当の理由はわかりませんが、やっぱり「日産サニー」=「マツダ・ファミリア」=「三菱・ランサー」となってしまっている現状は寂しいですね。

ダットサン・サニーバン1000(VB10型)
全長×全幅×全高 : 3800×1445×1385mm
ホイールベース : 2280mm
車両重量 : 645kg
エンジン : 直4OHV 988cc 56PS
最高速度 : 130km/h

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/25 19:01 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。