旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン(MS60/MS70型) 

090123a01.jpg

090123a02.jpg

090123a03.jpg

090123a04.jpg

090123a05.jpg

 1971年に発売された4代目クラウン(MS60/MS70型)です。半世紀に及ぶクラウンの歴史の中で最大の失敗作と言われているクラウンです。トヨタのクラウンと日産のセドリック・グロリアはいつの時代もライバル関係ですが、いつもクラウンの方が売れていました、この代を除いては。つまりクラウン史上唯一の負け犬クラウンなのです。
 売れなかった理由は単純明快、「スピンドルシェイプ」と呼ばれる大胆なスタイリングが高級車を購入する上流階級の人々に受け入れられなかったからです。今考えると2ドアハードトップなどかなりイケてるスタイリングだと思うのですが、当時のクラウン購入者層からは軽薄に思われたのでしょうね。優れたデザインの車が売れるのではなく、売れる車のデザインが優れているということをきっとトヨタはこの時に学習してしまったのでしょう。
 時は流れて現在、アルファード、ヴォクシー、bBといった車が売れているようです。保守的な私にはまったく理解できませんが、きっと売れているから優れたデザインなのでしょうね。

クラウン・セダン2600スーパーサルーン
全長×全幅×全高 : 4680×1690×1420mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1360kg
最高速度 : 165km/h
エンジン : 直6OHC 2563cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/01/23 16:50 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(6)
私は4台目クラウンがクラウンの中では個性的でセダンもハードトップも好きです。このクラウンはあの太陽にほえろ!で放送当時、白色のセダンはボスこと、石原裕次郎さんが何度となく乗られて、ハードトップも街中を走っているのを見た記憶が有り、プラモを探しましたが、残念な事に有りません。
[ 2013/07/22 23:12 ] [ 編集 ]
ノスタルジックヒーローファン様

コメント、ありがとうございます。
つい最近、近所のバイパス道路でこのクラウンが走っているのを見かけました。ちょっと品のないタイヤが付いていましたが、紛れも無くこのクラウンのハードトップでした。
今見るととても小さく感じますね。最新型ももちろん素晴らしいですが、何十年も前のクルマを大切に乗り続けることも素晴らしいですね。
[ 2013/07/23 15:38 ] [ 編集 ]
変態ジィでござる。クラウンMS60セダン前期が大好きエレガンスクラウン日本の美手に入れますね。必ずクラウンはMS80までか美しく知性的だ。今探しています。クラウンMS60セダン前期型
[ 2013/09/30 08:20 ] [ 編集 ]
スピンドルジェイブ様

コメント、ありがとうございます。
うちの近所におそらくMS60オーナーの方がおられるようです。どこのどなたかはわかりませんが、最近ちょくちょくクジラとすれ違います。今見るととても小さく感じますが、存在感はピカイチですね。
[ 2013/09/30 19:42 ] [ 編集 ]
一生独身モテないオヤジクジラクラウンが欲しいスピンドルシェイブのスタイルは日本一美しい230より鯨クラウンが俺は車としてしっかりしていると思う。セダンフルオリジナルベンチシート コラムオートマ又はマニュアルのみ希望すぐにでも買います
[ 2013/12/04 18:25 ] [ 編集 ]
男ざかりのクラウン様

コメント、ありがとうございます。
このクジラクラウン、VIPカーブームよりもずっと昔に、オレンジ色や紫色にオールペンされてずいぶん乗られていましたから、オリジナルで程度のよいものはかなり少ないかもしれませんね。中古市場に流れた高級車がイメチェンして第二の人生を歩むという流れは意外と昔からあったのかもしれませんね。
[ 2013/12/05 08:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。