旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・コレダ号 

090608a01.jpg

 1953年に誕生したスズキ初の本格オートバイ、コレダ号です。この画像は『月刊オートバイ』誌1957年12月号に掲載された広告ですので、初代のCOX-1型90ccモデルではなくST?型125ccモデルですが、初代コレダ号もほぼこんな格好をしています。
 さてスズキといえば1909年に創業された「鈴木式織機製作所」がルーツで、もともとは繊維産業向けの織機製造会社でした。鈴木式織機は海外に輸出されるほど成功していましたが、創業者の鈴木道雄氏の判断で、徐々に自動車も手がけるようになっていきました。
 しかしながら戦争が勃発し、なかなか自動車分野へ進出できずにいたのですが、戦後しばらくしてまずバイク生産を開始しました。最初はバイクといっても自転車にエンジンを取り付けたバイクモーター、ダイアモンド・フリー号でした。その後、本格的なオートバイとして最初に生産されたのがこの『コレダ号』、そしてコレダ号の量産体制が整った1954年に社名が『鈴木自動車工業株式会社』となります。
 ご存知の方も多いと思いますが、『コレダ号』の名前の由来は『オートバイはこれだ!』の『これだ!』です。バイクモーターには『ダイアモンド・フリー号』というカッコいい名前が付いているのとは対照的にずいぶん安易な決め方ですね。それでも後年『コレダ・スポーツ』や『コレダ・スクランブラー』というバイクが発売されたとき、それなりにカッコいい名前に聞こえていましたから不思議なものです。

 ところで、織機会社といえばトヨタももともと織機会社でしたね。鈴木式織機の販売を始めた頃、既にトヨタは大きな工場へ動力式織機を納入していました。『鈴木式織機』は足踏み式で、主に中小工場をターゲットに販売されていました。現在の自動車製造においても構図があまり変わっていませんね。スズキは軽自動車にしてもバイクにしてもとても面白い製品を出す会社ですから、『次世代車はこれだ!』の『新・コレダ号』をいきなり発表して世の中を驚かせてほしいものですね。


にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/08 18:20 ] オートバイ | TB(0) | CM(2)
カテゴリーに、オートバイの文字を見つけたので思わずコメントします。
スズキ コレダさすがに私の時代は走っていませんでしたが、名前は聞いたことがあります。ちなみにホンダ ベンリーは「便利」から来ているそうです。
スズキは、二輪の世界ではユニークなデザインのものを出すメーカーとして知られています。ゆえに、大当たりもあれば、「やっちまったー」と言うことも多々あります。GSX1100Sカタナは再販までされた伝説のモデルになりましたが、現在発売されているB-KINGは「バイキンマン」と呼ばれて、回りから恐れられています。
二輪の世界のホンダはトヨタ、スズキは乗用車を作っていた頃のイスズでしょうか。
[ 2012/09/14 14:41 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
実は私、四輪よりも二輪のほうが好きです。厳格な親父が絶対にバイクには乗ってはいけないと言っていたのでずっとその教えを守り、バイクに乗ることはありませんでした。
しかし生来の興味を抑えることはできず、親父が亡くなった後に原付デビューしました。最初に買ったのが程度の良い(新古車)ヤマハDT50でした。当時、既にもういい歳の中年親父でしたが、納車まではわくわくして眠れない日が続きました。
初めての二輪車、年甲斐もなく嬉しくて時間さえあればそこらじゅうを走り回っていましたが、2スト原付はスピードが出すぎます。いろいろと重荷を背負っている身としてはコケても困るし、スピード違反で免停になっても困ります。
そんなこんなでいろいろと考えた挙句、まったくスピードが出ない今のXRに買い換えました。結局DTは1年も乗りませんでしたね。
リッターバイクに乗られているカルロス様からすると鼻で笑われるような二輪経験しか持ち合わせておりませんが、きっと世の中には「乗れない二輪マニア」も結構おられるのではないかと思います。
今後もバイクの記事を書くことがあるかと思いますが、くだらない内容でも「乗れない二輪マニア」が書いたものだと笑っていただけたら幸いです。
[ 2012/09/14 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。