旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・シルビア(S13型) 

090605a01.jpg

090605a02.jpg

090605a03.jpg

090605a04.jpg

090605a05.jpg

 1988年に日産から発売された5代目シルビア(S13型)です。歴代シルビアの中でもっとも売れたクルマで、現在でも根強い人気を保っている名車です。発売当時、ホンダ・プレリュードの独壇場だった『デートカー』市場を、この素晴らしいスタイリングのS13型シルビアが一気に席巻してしまいました。
 もう20年も前のクルマとはいえ、今見ても文句なしにカッコいいです。それどころか現在市販されている中に、これほどカッコいいクルマは存在しないような気すらしてしまいますね。
 さて、このシルビア、当時はデートカーの代名詞であり、軟派なクルマの代表格でした。しかしながら日産車の常で、このクルマも当初の『デートカー』としての役目を終えてから中古車市場に流れ出すと、第二の人生を異なる性格のクルマとして歩み出します。ご存知の通り、『走り屋御用達車両』の代表格となりましたね。
 シルビアはこの後、S14型、S15型とモデルチェンジしていきましたが、『デートカー』としての主流がハイソカーや四駆RVに移ったこともあり、後のモデルは『走りのクルマ』という印象が強いですね。現在でもたまにこのS13型シルビアを見かけますが、現在走っているシルビアはほとんどがノーマルの雰囲気を残していません。立派なタイヤと立派なマフラーが付き、場合によっては外装にも色違いのボンネットやフェンダーが付き、ごくまれにガムテープでバンパーやウインカー等を簡易補修したまま元気に走っています。
 従来のデートカーの面影はなくなりましたが、そんなシルビアを見るたびに、『日産車は基本性能がいいんだな~』といつも感心してしまいます。ローレル、シーマ、そしてシルビア、様々な乗り手の用途にしっかり対応できる懐の深さはさすが『技術の日産』だと思います。

シルビア・K's(S13型)
全長×全幅×全高 : 4470×1690×1290mm
ホイールベース : 2475mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直4DOHCツインカムターボ 1809cc 175PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/05 12:27 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(2)
シルビア、カッコイイですね。車のスタイリングとして完璧ですね。あ~、しびれます!
もし私がもっともっと早くに生まれていたなら、間違いなくこのシルビアを買って彼女作ってデートに行って、ニヤニヤとしてたかと思います。
[ 2009/08/25 23:15 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
このシルビア、下品な改造が施されていない素の状態であれば、若者だけでなく上品な熟年夫婦が乗っても絵になると思います。
カッコいいスポーツカーであれば年齢層を問わず欲しいと思う方がたくさんおられると思うのですが、現在のラインナップは高価でハイパワーなスポーツカーのみ。こうなると若者は高価すぎて買えない、熟年層はハイパワーすぎて買えない。ごく一部のマニアにしか売れなくなって、「スポーツカー冬の時代」になってしまいます。
個人的には「羊の皮をかぶった狼」ではなく、「狼の皮をかぶった羊」的スポーツカーがもっとあってもいいのになあと思っています。
[ 2009/08/26 08:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。