旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル(C31型) 

090601a01.jpg

090601a02.jpg

090601a03.jpg

090601a04.jpg

090601a05.jpg

090601a06.jpg
(クリックで拡大)

 1980年に日産から発売された4代目ローレル(C31型)です。『アウトバーンの旋風。』のコピーからも分かるように、ずいぶんヨーロッパ車風のスタイルとなりましたね。
 さて、このC31型ローレルには、ツノダの自転車の記事で書いたとおり、『ドライブコンピューター』が搭載されています。なんといっても最先端のコンピューターですから搭載されているのは最上級グレードの2800メダリストだけですが。(6枚目の画像をクリックしていただくと、『ドライブコンピューター』の画像および説明文が拡大されます。)
 この『ドライブコンピューター』はなんと6通りもの情報を提供してくれます。?積算距離計、?減算距離計、?積算時計、?減算時計、?設定車速との誤差を表示するナビメーター、?計算機。
 現在の感覚からすると大した情報ではないような気がしますが、当時の感覚でも大した情報ではないと思いました。オドメーターとトリップメーターはちゃんとスピードメーターの中についていますし、時計も全てのグレードに標準で付いています。となれば役に立ちそうな機能は?の計算機だけですね。そもそもこの『ドライブコンピューター』はどう見ても電卓にしか見えません。
 さて、30年ほど前からこのような形でクルマにコンピューターが入り始めましたが、現在のクルマのコンピューター化はすさまじいですね。カーナビやオーディオ等の付随設備だけではなく、クルマ本体の中も至るところがコンピューター化されています。プリウスなんてほとんどコンピューターの集合体です。ホンダのスーパーカブやモンキーですら最新型はFIエンジンになっているようですので、そのうち草刈り機やチェーンソーもそういう方向になっていくでしょう。
 時代の流れなのでどうしようもないことなのですが、コンピューター化の度合いが増えれば増えるほど素人では整備が出来なくなっていきます。素人どころか整備士の資格を持った方ですら、出来ない部分が増えていくと思います。
 クライスラーに続き、GMも破たんしました。自動車業界が急激に変化している真っ只中ですが、自動車そのものが急激に変化していますので、修理工場や整備士資格の専門学校、また整備士資格そのものも大きく変化するんでしょうね。

ローレル・4ドアハードトップ・2800メダリスト(NC31型)
全長×全幅×全高 : 4635×1690×1360mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1275kg
エンジン : 直6OHC 2753cc 155PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/06/01 17:46 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。