旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ツノダ・スカイランサー 



 YouTubeを見ていたら、面白いCMを見つけました。クルマではありませんが、70年代ぐらいに流行っていたハイテク自転車のツノダ・スカイランサーです。この頃の中学生の男子はみんなこんな感じの立派な変速機とウインカーが付いた自転車で通学していたような記憶があります。中にはリトラクタブル・ヘッドライトやブレーキランプまで装備している自転車に乗っている子供もいましたね。
 当時はLSIが徐々に普及していく時期で、身近なところで小型電卓やデジタル表示の腕時計が一般化してきた時代でした。クルマの世界でも「カーエレクトロニクス」という言葉が使われるようになり、デジタルスピードメーターやドライブコンピュータなるもの(現在のナビのようなものではなく、単なる電卓です)を装備したものがちょくちょく見られるようになってきましたね。
 さらにスーパーカーブームでランボルギーニ・カウンタックの影響からリトラクタブル・ヘッドライト=スーパーカーというような意識があり、マツダの初代RX-7だけにとどまらず、子供用自転車にまで採用されました。
 それにしてもこのスカイランサー、なかなか魅力的です。「スピード、距離もタイムもデジタルの時代」と説明されていますが、これは日産がシルビアやローレルに搭載したドライブコンピュータとほぼ同じような性能です。テンキーと計算機能を追加したらほぼ日産のドライブコンピュータに相当します。子供用自転車もなかなか侮れませんね。

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/06/01 12:25 ] その他 | TB(0) | CM(2)
♪ツツンツツノダ ツツンツツノダ 自転車ツノダのテーユー号♪~
そんなCMソングを子守歌代わりに過ごした人間は決して少なくありません。小生もその一人です。
さて、このスカイランサー、自転車が空を舞うCMでおなじみでしたね。スピード、距離もタイムもデジタル....なんてあと一歩で日産ローレル/シルビア用ドライブコンピュータという雰囲気ですが、ブリヂストン「モンテカルロ」のリトラクタブルライトといい当時の子ども達はこうして国産スポーツカーの疑似体験をやったものですね、今思えばなんともいじましい「男の子のままごと遊び」に見えて仕方ありません。
[ 2009/08/23 16:10 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
自転車の流行と自動車の流行って、意外とダブっているんですよね。このようなコテコテの自転車が流行っていた時代はスーパーカーブームの時代でした。四駆RVが流行っていたときはアウトドアブームも伴ってマウンテンバイクが流行っていました。プリウス、インサイトの現在は、自動車より一足先に電動アシスト自転車としてプラグイン・ハイブリットが実用化されています。
先日、ホームセンターで3万円程のママチャリ(パナソニック自転車製)を買いました。グリップシフトの内装3段変速、アクセラにはオプション設定だったオートライトが標準で付いていました。今の自転車ってすごいですね。
[ 2009/08/24 07:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。