旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トヨペット・コロナ・マーク?(RT60型) 

090122g01.jpg

090122g02.jpg

090122g03.jpg

090122g04.jpg

090122g05.jpg

 1968年にコロナとクラウンの間を埋めるべく発売されたトヨペット・コロナ・マーク?(RT60型)です。「2番目」というネーミングがこれほど固有名詞として一般化した事例は珍しいといえるでしょう。当時トヨタはカローラ・コロナ・クラウン、日産はサニー・ブルーバード・セドリックというラインナップ体系を整えていました。しかしながらマイカー社会がより浸透していく高度成長期の日本国にあって、その3分類では不足と考えたのでしょう。コロナとクラウンの間に「アッパーミドル」と呼ばれる階級を設定したのでした。「アッパーミドル」、つまり「中の上」です。「コロナ・マーク?」、このネーミングの妙、すばらしいです。「クラウン・ジュニア」とせずに「コロナ・マーク?」、あくまでも「中の上」を目指した車です。こうしたいきさつからこの後ずっと「課長ぐるま」として日本社会に君臨する「マーク?」が生まれたのでした。
 バブル崩壊後、企業の終身雇用・年功序列体系が崩れてから、きっとトヨタの経営陣も「マーク?」というネーミングの限界を感じたのでしょう。今や世界一の自動車会社であるトヨタ、課長と部長の間に存在するとてつもなく大きなギャップを無視することはできません。「課長ぐるま」として単価の安い車種を販売するよりも「部長ぐるま」として少しでも粗利を多く稼げる高級車を販売しなくてはなりません。そんなことからこの「マーク?」、現在は「2番目」ではなく「未知数」である「マークX」として脈々と販売が続けられております。イメージキャラクターはとても「課長ぐるま」とは似つかわしくない俳優の佐藤浩一さん。あんなにカッコいい万年課長はまずいません。
 現在のマークXに何度か乗ったことがあるのですが、本当にすばらしい車です。まるで自分がCMの中の佐藤浩一さんになったかと錯覚するほど運転していて気持ちいいです。
 やっぱり世界のトヨタ、これほど強烈に印象付けられていた「マーク?」というネーミングを見事に短時間で払拭してしまいましたね。

コロナ・マーク?1900GSL(RT62-S)
全長×全幅×全高 : 4295×1605×1405mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1025kg
最高速度 : 175km/h
エンジン : 直4OHC 1858cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ


[ 2009/01/22 20:39 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
初代マークⅡは38歳旧車マニアオヤジが旧車の中でNO1の欲しい車です。 当時は高島夫妻がCMにでていたのでしょうか?私が生まれるずっと昔の事なので詳しい事はわかりません。当時のトヨタでマークⅡRT60とコロナRT80は日本一ボディスタイルが美しいです。捜しています。
[ 2014/01/15 17:10 ] [ 編集 ]
日本一好きな車です様

コメント、ありがとうございます。
生産終了から40年以上経過しているクルマなので見つかったとしても相当なプレミアム価格になっているかもしれませんね。トヨタ博物館には展示してあったような気がします。
[ 2014/01/16 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。