旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・サニーRZ-1(EB12/FB12型) 

090526a01.jpg

090526a02.jpg

090526a03.jpg

090526a04.jpg

090526a05.jpg

 1986年に日産から発売されたサニーRZ-1(EB12/FB12型)です。サニーのクーペ版として追加されたモデルですが、外回りは専用設計された部分が多かったので、サニーとはまったく異なるクルマのように見えますね。
 それにしてもカッコいいです。小型軽量でスポーティ、いかにも人気が出そうなクルマだったのですが、レビン/トレノの影に隠れてしまったためか、かなり存在感が薄かったです。これほどカッコいいクルマを造っても売れないのですから市場というのは難しいものですね。
 このRZ-1がパッとしなかったから日産が心機一転して車名を変えて発売した後継車が『NXクーペ』、これまたどうしてカッコいい『RZ-1』の後継がこういうクルマになってしまうんだと思わず目を疑ってしまうような個性的なスタイルでしたね。案の定、やっぱり売れなかったようです。
 三度目の正直、再度車名を変え、今度は『ルキノ』というネーミングで販売開始しましたが、これも途中でRV風のモデルを追加したり、レース仕様車を出したりといろいろ悪戦苦闘していたようですが、いまいちキャラクターがはっきりしないクルマでしたね。当然のことながら、現在これらの後継車はありません。
 今考えてみると、そもそも日産はシルビア、ブルーバード、スカイライン、フェアレディZという『走り』に関しては誰もが認めるビッグネームを多数抱えていました。さらに当時は小型軽量級のスポーティーカーとしてはパルサーやラングレーが存在していました。よってわざわざサニーに『RZ-1』というスポーティーモデルを投入する必要がなかったんですね。
 一度投入してしまったからそれを軌道に乗せなくてはならないということで、代が変わるたびに車名もキャラクターも変え、最後には何でもありの汎用車となって、まったくブランドが浸透せずに消滅するという悲しい結末を迎えてしまった『RZ-1』。個人的にはとてもカッコいいクルマだと思っていたからちょっと残念です。

サニーRZ-1・ツインカム・TypeB(EB12型)
全長×全幅×全高 : 4230×1665×1335mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : 直4DOHC 1598cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/05/26 12:07 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)
こんなサニーがあったのですか。軽量とはスバラシイ。
実はルキノの兄車、パルサーセリエX1Rが私の最初のクルマでした。あのブルーと今度のアクセラのブルー、私の中ではかぶります。
[ 2009/05/30 19:46 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
RZ-1、カッコよかったですよ。でも同時期に86レビン/トレノがFR車として存在していたからちょっとFFのRZ-1は目立たなかったみたいですね。
その後、レビン/トレノがFF化したら、今度は日産から名車S13型シルビアが登場したからやっぱりRZ-1は目立たなかったですね。
[ 2009/05/31 07:18 ] [ 編集 ]
懐かしくて見入ってしまいました。
初めて乗った車でした。中古でしたが。
ツインカムのBタイプで、無段調節式のワイパーとかサスペンション設定変更スイッチが付いてたりして、なんだか豪華でした。それとデジパネがガンダム世代にはうれしい装備でした。エンジンのヘッドカバーが赤だったのがすごい誇らしかったな~。
「何に乗ってんの?」「サニーだよ。」
ってかましといて、
ジャーン!!って感じで友達に見せてましたよ~。
もう一回乗りたいな~。
[ 2010/03/13 23:34 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
RZ-1に乗られておられたなんて羨ましい限りです。ヘッドカバーに色が付いているとカッコいいですよね。
最近はエンジン自体に樹脂のカバーが付いているのが主流で、ヘッドカバーが見えない車が多いので、昔ながらのマニアとしてはちょっと寂しい気がします。
[ 2010/03/14 09:44 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/02 15:16 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
RZ-1、カッコいいですね。10年ほど前まではテンロククラスを含め、小型軽量でカッコよく、価格も手頃なスポーティーカーが各社からたくさん出ていたのに、今はすっかり少なくなってしまいましたね。寂しいものです。
[ 2010/06/03 06:50 ] [ 編集 ]
昔バイト先の社員の人が乗ってました。デジタルのスピードメーターを初めて体験し、近所のスーパーの駐車場でいかに時速「1キロ」を出すかというくだらない事を永遠とやった記憶があります。AE86を意識した感じがありましたが、全く人気がでませんでしたね。真横からみるとノーズの部分がイマイチナ感じが私はしてました。
[ 2012/02/01 21:56 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
デジタルのスピードメーターって、個人的にはどうも苦手です。はっきりと数値で表示されているにも関わらず、パッと頭が認識してくれないんですよね。
とはいえ、いかに時速1キロ出すか、という遊びはデジタルメーターでないとできないことですね。
[ 2012/02/02 11:46 ] [ 編集 ]
とっても懐かしいです。ありがとうございます。
免許取って初めて乗った愛車です。1500 SOHCターボ Type-Bでした。
たった100馬力だけど、重量も1000kgしかなかったんで結構快適に加速した記憶があります。
今では40過ぎたオッサンですが、万が一程度のいい物件が出てきたらまた乗りたいな。
[ 2013/01/20 20:53 ] [ 編集 ]
とよくん様

コメント、ありがとうございます。
このクラスのクルマは現在ほとんどが背の高いコンパクトカーになってしまったので、RZ-1のようなお手頃スポーティカーはなくなってしまいましたね。程度のいいRZ-1というのはかなり可能性が低そうですね。
[ 2013/01/21 11:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。