旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型プリウス(ZVW30型)に試乗してきました。 

090521b01.jpg

090521b02.jpg

090521b03.jpg

090521b04.jpg

090521b05.jpg

 本日、近所のディーラーで新型プリウス(ZVW30型)の試乗をしてきました。私はアンチ・トヨタなのですが、この新型プリウス、結構いいではありませんか。
 カタログに『スーパー・ハイブリットカー誕生』と書かれている通り、本当に『スーパー・ハイブリットカー』だと思いました。営業マン氏の話によれば、すでに8万台を超える受注をしているとのこと。ハイブリットカーとしてのプリウス・ブランドのすごさが表れていますね。
 試乗したのは「G・ツーリングセレクション」という上級グレードでしたが、205万円のグレードでも基本性能は同じだそうです。
 運転席に乗り込み、ブレーキを踏んでスタートボタンを押します。「READY」と表示されたら発進可能という、プリウス独特の「エンジンが動いていないのにクルマは動きますよ」という雰囲気には未だに慣れませんが、走り出せば想像以上に元気に走ります。ハイブリット車特有のブレーキ感覚にだけ注意すれば、「2.4リッター車並のパワー」でグイグイ走ることも十分可能です。
 これだけ元気に走っても、営業マン氏いわく、「燃費が22km/Lを切ることはまずないでしょう」とのこと。トヨタの技術力はさすがですね。
 とにかく素晴らしい出来の新型プリウスですので、他社の2リッタークラスのクルマにとってとても脅威になることは間違いないのですが、トヨタのカローラ、プレミオ、オーリス、ブレイド、場合によってはノア、ヴォクシーまでもを喰ってしまうのではないかと余計な心配をしたほどです。
 私はマニュアルミッションの古典的なクルマを愛する中年オヤジですが、時代の変化に応じて、今後はこういうクルマが主流になっていくんだろうな~としみじみ思いました。
 プリウスの素晴らしさの余韻に浸りながら、帰りにアクセラを買ったディーラーに寄り、新型アクセラの簡易資料をいただきました。見てびっくり、MTがないじゃないですか!それに1.5リッターグレードはCVTのみとのこと。こちらでも時代は確実に変化しているようでした。

新型プリウスG・ツーリングセレクション(ZVW30型)
全長×全幅×全高 : 4460×1745×1490mm
ホイールベース : 2700mm
車両重量 : 1350kg
エンジン : 直4DOHC 1797cc 99PS
モーター : 交流同期電動機 82PS

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/21 18:00 ] 2000年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
アタシも基本トヨタアレルギー体質です(--; が、プリウスは好きなんですよね~。
昔はセリカ、今はプリウスがトヨタ最新デザイントレンドって感じですかね?

でも、好きだけど....購入対象には成り得ないかな~.....。
クルマがエコなイメージが強いおかげで、ドライバーさんの「エゴ度が丸解り!」って印象があるのはアタシだけでしょうか?
台数が多いから出会う確率も自動的に高くなるのを差し引いて見ても.......流れ乱してるのを気付かず「周り見ずモニター凝視のエコ走り」もしくは追い越し車線を飛ばすわ煽るわの「エゴな方」にガッカリしちゃう機会が多くて、逆に気になる存在に(T-T;

そうそう、トヨタ86にスバルBRZ、エゴな方には乗って欲しくないな~って思います....(-_-; 
ま、アタシ的には「86」ってネーミングだけでアウトですけどね.....最新のクルマを買ってもハチロク?意味不明。
かと言ってBRZもナイな~。
「86」のデザイナーが『サイドウインドウとインパネのデザインは、2000GTへのオマージュ』って語ってたのを聞いて(スバルでも2000GTってことになるの?)って思うと気持ちが萎えちゃって全然ときめかない.....orz

やっぱりトヨタ嫌いです......厳密に言えばアタシのソニカも「トヨタ系」ですけどね、あ....ダンナも200系セリカのコンバチでしたf--;
なにげに我が家もトヨタ漬けでした(T-T)







[ 2012/02/13 13:42 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
日本ではトヨタが良くも悪くも自動車業界の中心ですから、トヨタの考える方向へ業界全体が進んでいくようになっているんですよね。
初代プリウスが誕生したとき、当時、10モード燃費と60km/h定地走行燃費を併記するのが一般的でしたが、プリウスは60km/h定地走行燃費を公表していませんでした。意味がないからなのか、不利になるからなのかはわかりません。
そして時が流れ、現在では各社がモード燃費の数値を上げることがクルマ開発の第一目標になっています。それはそれで良いことですが、中には数値上有利になる基準まで車両重量を下げるために、30L入る燃料タンクにわざわざ20Lしか入らないように細工をして軽量化したクルマまで出てしまいました。
もうこうなると、ユーザーの使い勝手を無視した燃費数値競争ですね。
ここらで業界の中心であるトヨタには、もっと実燃費に近い数値を公表する風潮を作って欲しいものです。意外といちばん“エゴ”なのは、現実と乖離した燃費数値に一喜一憂している自動車メーカー自身なのかもしれませんね。
[ 2012/02/14 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。