旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル・ハードトップ(C130型) 

090515b01.jpg

090515b02.jpg

090515b03.jpg

090515b04.jpg

090515b05.jpg

 1972年に日産から発売された2代目ローレル(C130型)のハードトップタイプです。今日、230型ローレルの記事を書きながら、何か忘れているような気がずっとしていました。そういえば以前130型ローレルの記事を書いたときには、セダンのカタログについて書きましたので、130型ローレルの特徴である『ブタケツ』について紹介していませんでしたね。忘れないうちに書いておきます。
 130型ローレルは4ドアセダンと2ドアハードトップがありましたが、リアのデザインが異なり、ハードトップはバンパーにテールランプを埋め込むというちょっと変わったデザインになっていました。当時この後姿を見て『ブタケツ』とは思いませんでしたが、これではバンパーの意味がないのではないか?と思っていました。
 このカタログ写真を見る限り、『ブタケツ』というイメージには至らないのですが、このローレルは『ゆっくり走ろう。ゆっくり生きよう。』という本来のハイオーナーカーとしての役目を全うした後、中古マーケットへ流れてからは『賑やかにみんなで走ろう。赤信号、みんなで渡れば恐くない。』というキャッチフレーズとともに活躍する車となっていきます。
 新しい性格を与えられ、第二の人生を歩むことになったC130型ローレルは、徐々に車高が下がっていき、ネガティブキャンバー角が大きくなっていきます。(いわゆるハの字シャコタンってやつですね)
 するとだんだん『豚のケツ』みたいに見えてくるから不思議です。場合によっては跳ね上がった尻尾(マフラー)まで付いているのもありましたから、皆さんとても創造性に富んでいましたね。特に綺麗なピンクでオールペイントされたローレルなんて、思わず食べたくなってしまうような、まさしく『ブタケツ』でした。

ローレル・ハードトップ・2000SGX(KHC130型)
全長×全幅×全高 : 4500×1680×1405mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1205kg
エンジン : 直6OHC 1998cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/15 15:45 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(2)
懐かしいですね。昔家が乗っていました。ハードトップのSGLオートマでモスグリーンです。年式は確か49年式だったと思います。私も捜しています。あと私より10歳位年長の世代は改造をして乗り回していたと話していました。私はもちろんフルオリジナルでレストアを します。
[ 2016/04/12 12:35 ] [ 編集 ]
やすき様

コメント、ありがとうございます。返答が遅くなり、誠に申し訳ありません。
この型のローレルは族車の定番になっていましたね。下品な改造が施されたローレルをよく見かけたものです。無改造の車体を探すのはかなり大変かもしれませんね。

[ 2016/04/30 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。