旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トヨペット・コロナハードトップ(RT50型) 

090122f01.jpg

090122f02.jpg

090122f03.jpg

090122f04.jpg

090122f05.jpg

 1964年に発売された3代目コロナ(RT40型)のハードトップ版として1965年に発売された、トヨペット・コロナハードトップ(RT50型)です。アローラインと呼ばれた直線基調できりりと引き締まったボディは今見てもかっこいいと思います。さてこのコロナハードトップ、スポーツモデルとして1600Sがラインナップされているのですが、それが後にサーキットでスカイラインGTを脅かす存在となるトヨタ1600GTへと発展していくのです。1600Sのエンジンは90PSの高性能タイプなのですが、それをベースにヤマハがDOHC化すると110PSの超高性能エンジンになっちゃうんですね。そう、ヤマハのDOHCといえばあのトヨタ2000GTのエンジンと同じ系統といえばわかりやすいでしょうか。そんな高性能エンジンがちっちゃな車体に載っかっているのですから速いこともうなづけますね。
 話は変わりますが、現在のトヨタのラインナップにはこういういかにも運転して楽しそうだという小さな車がありませんね。レクサスISFやクラウンアスリート、マークXといった高級車では走りを意識した車種があるものの、そんな車は若者には買えません。若者が車離れしているから若者向けがないのか、若者が欲しがる車がないから若者が車離れするのかはわかりませんが、300万、400万、レクサスにいたっては800万もする車でないと走りについて語れない車ばかり造っていては若者が車を欲しがらないはずです。かつてのレビン、トレノ、スターレットターボのような車が安価で発売されることを期待しています。

コロナ・ハードトップ1600S(RT51)
全長×全幅×全高 : 4125×1565×1375mm
ホイールベース : 2420mm
車両重量 : 980kg
最高速度 : 160km/h
エンジン : 直4OHV 1587cc 90PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/01/22 17:40 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。