旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンタさんの贈り物 

151224a.jpg

 今日はクリスマスイブ、私が住んでいる愛知県ではホワイトクリスマスとは正反対の、ポカポカ陽気の一日となっています。前回書きましたように、依然として冬物野菜は激安状態。最近ではもうミカンや柚子などの果樹しか出荷していません。おかげで毎日楽させてもらっています。

 こんなとき、私は愛車を車庫から庭の日の当たる場所に移動し、後部座席で音楽を聴いたり読書をしたりして時間を過ごしています。まさに至福の時間、サンタさんからの贈り物でこれ以上のものはありません。かなり寒い真冬の日でも、日が当たれば車内はポカポカなのですが、今日は暖かいどころか暑いぐらいで、上着を着ていられないほどです。サンタさんもちょっと気を利かせすぎですね。

 後部座席にゆったりと座ってアイポッドで音楽を聴いていると、知らないうちにうたた寝状態になってしまい、ウトウトしながら「私はなんて幸せなんだ~」と思ってしまいます。もっとも、誰か他の家族も同乗してしまうと至福の時間を味わえませんから、あくまでも車内では一人きり。幸いなことに昨日、今日と他の家族は旅行へ行きましたから、誰も私の時間の邪魔をする者はいません。今日の午前中、思う存分サンタさんからのプレゼントを堪能することができました。今日の夕食はサンタさんからいただいたエネルギーをもとに、私がサンタさんをしなくてはなりませんが・・・。

 さて、世間では相変わらず暖冬にも関わらずお寒いニュースが多いですね。天下の東芝は大規模なリストラ発表、中国では建設工事から発生した残土の山が土砂崩れして多数の方が行方不明に、日本でも、犠牲者こそ出なかったものの、またトンネルの天井が崩落したようですね。クリスマスだというのになかなかサンタさんはやってきてくれないようです。

 皮肉なことに、誰のもとにもサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるように頑張れば頑張るほど、サンタさんは遠ざかってしまうような気がします。枕元に置いてあった1000円もしない凧を見て、満面の笑顔を見せてくれた子供も、やがて知恵をつけ、サンタさんを交渉の道具に使う立派なネゴシエーターに成長してしまいます。そうなると親もサンタを卒業し、商社の購買担当者へとランクアップ。さらに時を経ると「贈り物」の概念が金銭的価値へと変遷を遂げ、今度は金融機関の融資担当者へと格上げです。このあたりで、凧をもらった時が一番嬉しかったと気づくことができる子にはきっとずっとサンタさんが来てくれるでしょうが、そうでない子にはおそらくサンタさんはやがて来なくなると思います。

 はたしてうちはどうだろうか、自分自身はどうだろうか、「子供の貧困」と叫ばれている現代の子供らはどうだろうか・・・。ポカポカ陽気の中、快適な後部座席でゆっくりと音楽を聴きながら考え事をする時間を与えてくれたサンタさんに感謝です。皆様のもとにもサンタさんがやってきますように。メリークリスマス。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2015/12/24 14:26 ] その他 | TB(0) | CM(2)

豊作貧乏! 

151202a.jpg
(ダイコン、大豊作)

 このところニュース等でも報道されている通り、過去最大級のエルニーニョ現象により季節外れの温暖な日が続いています。おかげで畑の野菜はどんどん成長し、収穫時期は軒並み前倒し。日本全国ほとんどの地域でこの傾向となっているようで、農家の方々はみな豊作貧乏状態になっているようです。ほんのちょっと前まで「野菜が空前の高値となっている」なんて報道されていたのが信じられないですね。大規模農家の中には、ダイコンなどを廃棄処分して出荷調整しているところもあるようです。

 うちも他の農家の方々と同様、珍しくほとんどの作物がとてもよくできており、大量に収穫して袋詰めし、タダの隣りのような安値で出荷しています。うちは栽培技術が未熟なので今まであまり「豊作貧乏」状態を体験したことがありませんでしたが(うちはいつも「不作貧乏」)、うちでさえ豊作となるのですから技術が伴った農家の方々の「豊作貧乏」度合はとてつもないものでしょうね。

 さて、昨今偉い方々は農業を成長分野に、とか、輸出ができるような大規模化を、とかいろいろとおっしゃっています。いろいろとおっしゃっている方々はきっと農業をしたことがない方々だと思います。数少ない成功事例を大々的に報道して、「さあ、若いやる気のある君、魅力ある農業で存分に力を発揮して稼いでみないか!」といった類の話をよく耳にしますが、あれは真に受けていいものなのでしょうかね。

 個人的には、農業に魅力があることは否定しませんが、稼ごうと思っているのなら農業はやらないほうがいいと思います。今の世の中、農業よりもリスクが低くて効率よく稼げる仕事はたくさんありますからね。逆に言うと、農業で稼げるような方はどんな仕事をしても稼げる方ですので、他で行き詰ったから農業で、という考えの方はまず間違いなく稼げないと思います。

 私自身、ある小さな事務所を経営しており、収入のメインは農業ではなくそちらの仕事のほうです。やがては農業だけでやっていきたいとは考えていますが、なかなか難しいものですね。管理できないほどの自分の農地があり、倉庫も農機具も作業場もすべて揃っていてもこの状態ですから、若者が見ず知らずの地域で農地を借りて農業を始めるなんて、ほとんど自殺行為のような気がします。農業に興味を持つ若者が増えることは大歓迎ですが、「農業でバリバリ稼ぐ!」なんてことは考えないほうがいいような気がします。

 農家の平均年齢がどんどん上昇しているなか、後継者不足を心配して若者を農業へ振り向かせようと一生懸命なのはわかりますが、そのような状態になったのはそれなりの理由があってのことだと思います。偉い学者先生が農業の可能性について数少ない成功事例をもとにもっともらしく解説されている番組をよく拝見しますが、そのような学者先生はまずご自分では農業をされません。また、農業に携わっていて、現在何とか食べていくことができているような方は、自身のノウハウを他人には言いません。農業って本当に難しいんですよね。

 農業の魅力とは、実際に農業をしてみて初めて感じるものであり、その内容は人それぞれに異なると思います。場合によっては何も魅力を感じないまま、苦痛を味わうだけで挫折するケースも多々あると思います。いや、苦痛を味わうだけならまだましで、いわゆる「専門家」のおっしゃることを真に受けてハウス等の投資をしてしまい、魅力を感じることなく借金を抱えてしまうことすらあります。農業を成長産業にするなんてことをまるで合言葉のように偉い皆さんはおっしゃっていますが、おそらくとてつもなく困難な道だと思います。

 私は農業が好きで、魅力も感じています。バリバリ稼げるとは思っていませんし、また稼ごうとも思っていません。しかし体が動く限りどんな高齢になっても続けようと思っています。もしこれから就農をお考えの方がおられるなら、くれぐれも昨今の偉い方々の言うことは真に受けず、冷静にご自分の状況を分析したうえで、ご自分なりの取り組み方をしてくださいね。取り組み方を間違えなければきっと素晴らしい農業の魅力を感じることができると思います。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/12/02 18:31 ] その他 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。