旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・原付バイクいろいろ 

141127a01.jpg

141127a02.jpg

141127a03.jpg

141127a04.jpg

141127a05.jpg

 今回ご紹介するのは、90年代に発売され、2007年までホンダやヤマハから発売されていた原付バイクいろいろです。上からヤマハ・RZ50、ホンダ・マグナ50、ベンリィ50S、ベンリィCL50(これは生産終了がもう少し早かったはず)です。50ccの原付バイクとはいえ、それぞれなかなかカッコよくていい味出していますね。

 さて、冒頭で2007年まで発売されていたと書きましたが、これらのちょっとカッコいい原付バイクはほとんどが2007年の排ガス規制強化によって生産終了となりました。私が現在乗っているホンダのXR50モタードという原付も、2005年に発売され、2007年にこれらと同時に生産終了となっています。そして現在国内4メーカーから発売されている、いわゆるマニュアル原付と呼ばれているものは、FI化して排ガス規制に対応したホンダのエイプとモンキーの2車種のみ。寂しい時代になってしまいました。

 まあ原付を含めて二輪車の販売台数というのは80年代をピークにずっと減少を続けていましたから、排ガス規制をきっかけに一気に車種整理をしてしまったというところでしょうね。とはいえ、いくら少子化が進んでいるといっても、少なからずバイクに興味を持っている子達もいるでしょうから、彼らには最初から選択肢がないというのもちょっとかわいそうな気がしますね。

 原付ラインナップがここまで悲惨な状況となっている一方、オーバー750ccがホンダだけで15車種、オーバー400ccが13車種となっています。つまり原付免許で乗れるのは2車種、大型自動二輪免許が必要なのは28車種ということです。ホンダ以外もほぼこのような逆ピラミッド型のラインナップ構成になっているようです。大型自動二輪免許が教習所で取得できるようになってからバイクメーカー各社のラインナップは極端になってきましたね。

 各メーカーともに80年代のバイクブームを経験した層をリターンライダーとして必死に取り込もうとしており、それはそれは魅力的な大型バイクばかりが揃っています。実際、大型バイクに限って言えば販売台数も徐々に増えてきているようですね。

 ここで誰もが疑問に感じるところですが、では果たして現在リターンライダーとしてターゲットにされている中高年が高齢となり、バイクを引退したらその先は誰がターゲットとなるのでしょう。ただでさえ少子化なのに新たにバイクに興味を持つ子はほとんどいません。最初から興味を持っていないから再び興味を持つこともありません。昨今よく「持続可能」なる言葉が使われますが、6年生が卒業したら新しい1年生が入ってくるので「持続可能」となるわけで、新一年生が入ってこなければ廃校です。

 バイクにとても強い興味がありながら未だに自動二輪免許を取得していない私は、いわば何十年も1年生で留年を続けている状態です。本来なら豊富な大型ラインナップの中で選択に困るような状態にあるはずの年齢ですが、とうとう教科書も与えられない状態となってしまいました。勉強を続けるには先輩のお古を探してこなければなりません。まあ私自身は先輩のお古がまっさらだったときも知っていますからあまり抵抗はないですが、新一年生はやっぱり新品の教科書で勉強したいものですよね。この先、どうなることやら。

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2014/11/27 16:55 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(11)

高血圧には気をつけて! 

141109a.jpg

 クルマとは関係ない話ですが、先日受診した健康診断の結果を聞きに行ったら高血圧を疑われ、貸し出し用の血圧計を渡されて2週間毎日の血圧を記録するように言われてしまいました。上が150で下が100、まあ高血圧を疑われても当然の血圧ですね。

 今まで血圧なんて気にしたこともなく、普段の自分の血圧も、高血圧と呼ばれる状態がどれぐらいなのかも知りませんでした。しかしながら先生からいろいろと説明を受け、「高血圧管理手帳」なるものまで渡されてしまいましたので、自分なりに少し調べてみました。

 確かに150mmHgと100mmHgというのはかなり高いようです。それに血圧計を貸し出してまで毎日の測定を求められるなんて、ただ事ではないと少々戸惑ってしまいました。ちなみに血圧計を借りる際に、当然ながら使い方の説明を受け、いわゆる「壊したら弁償します」の書類に署名までさせられてしまったので病院からの帰り道はとてもブルーな気分でした。

 帰宅してから家族で血圧についていろいろと話をし、病院からお借りしたこんな高価な機械をもし壊してしまったらいけないので、この際家族誰もが気軽に血圧測定できるように1台購入しようと思い、お借りした血圧計のメーカーと型番を調べてみました。すると、なんと価格コム最安値店では1800円送料無料。私はてっきり数万円するものだと思っていましたのでびっくりしてしまいました。もちろん即ポチです。

 ということで写真に写っているのは渡された「高血圧管理手帳」とマイ血圧計、さらに表示されている119と82の数字はマイ血圧です。下が少々高いような気がしないでもありませんが、それほど高い数値ではありませんね。もう数日間測定を続けていますが、だいたいこんな感じです。2週間測定を続けて先生に判断していただかないことにはなんともいえませんが、おそらく「白衣高血圧」と呼ばれる、病院で測定するときにだけ血圧が高くなる状態ではないかと自分では思っています。

 過去の健康診断の結果を見てみたら、近所に新しくできたクリニックで健康診断を受けるようになった3年前からかなり高い数値を示しているようです。ちなみに私は年に一度、健康診断のときにしか血圧を測ったことがなかったので、普段の血圧は知りません。

 心当たりといえば、そのクリニックの副医院長をされている方は女医さんでかなり美人です。悲しい中年オヤジの習性で、毎年その女医先生が担当されている診療室のほうへ並んでしまいます。まあ男の正直な意見として、じい様に聴診器を当てられたり腹を押されたりするよりは美人にしてもらったほうがいいですからね。とはいえ、本当に美人先生に胸がときめいて高血圧になっているのであれば、とても家族にその理由を説明できません。もっとも、うちはそのクリニックができてから家族皆がそこで健康診断を受けるようにしているので、もう既にお見通し状態かもしれませんが・・・。

 何はともあれ、朝晩しっかりと血圧を記録して、本当に異常がないことを願うばかりです。せっかく血圧というものに関心を持ち、血圧計まで購入したので、これからは塩分控えめ、ビールもほどほどにして、生活習慣にも注意を払いたいと思います。皆様も高血圧にはくれぐれもご注意くださいね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/11/09 16:44 ] その他 | TB(0) | CM(6)

旧型車・三菱・パジェロイオ(MRDC/MRXC型) 

141101a01.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a02.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a03.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a04.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a05.jpg
(画像クリックで拡大)

141101a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたパジェロイオ(MRDC/MRXC型)です。当時のパジェロ人気にあやかる形で一足先に軽自動車のパジェロミニ、さらにそれをベースとした1.1Lのパジェロジュニアが販売されていましたが、軽ベースの中途半端な登録車ではなく、ミドルクラスのSUVとして新設計した上で世に出されたのがこのパジェロイオです。兄貴分のパジェロに負けず劣らず精悍な顔立ちをしており、個人的にはかなり好感を持っていたクルマでした。

 さて、このパジェロイオ、カタログで『JUST MY SIZE』と謳っている通り、運転している分には大きすぎることも小さすぎることもなく、ちょうどお手頃サイズ。それに極めて見切りの良いスタイリングのためとても運転しやすいクルマでした。とはいえそう思えるのはあくまでも「運転しているときだけ」であり、後席やトランクスペースはちょっと小さすぎるような気もしました。そのような声が上がったのかどうかはわかりませんが、発売後すぐに5ドアモデルが追加され、モデル途中で3ドアが廃止、生産終了時には5ドアのみという、以前に紹介したホンダ・HR-Vと同じような歩みを辿りました。ほぼ同時期の2台がまったく同じようにラインナップ構成を変えていったという歴史の流れは面白いですね。

 パジェロイオは残念ながら1代限りで姿を消してしまいましたが、『JUST MY SIZE』というコンセプトはメーカー問わずよく出てきますね。最近では軽自動車にクラスを超えた高級感を持たせたり、また人気のレヴォーグもこの類です。大きくなりすぎたから国内の道路事情に合わせて小型化する、あるいは大きなクルマが高級車とは限らない、軽やコンパクトにもダウンサイジングユーザーが納得できる満足感を、等々、狙いはそれぞれのクルマによって様々です。ただ一つ言えることは、多くの方々が今乗っているクルマよりも大きく、高性能なクルマを求めていた時代とは異なり、『JUST MY SIZE』を望んでいるということですね。

 かつて多くの方々は『いつかはクラウンに』と思っており、その考え方が『正しい』ことでした。そして現在もあの手この手を使って、『いつかはクラウン=正』という価値観を人々に取り戻させようと必死です。トヨタが先日発売したエスクァイアなる新型車の顔を見たら思わず笑ってしまいました。あれはクラウンのパロディですかね。なんだか昔のローレルスピリットを見ているようです。

 大儲けを見込んでメガソーラーを建設したら接続保留され、国民年金は65歳まで納付延長が検討され、さらにそのお金の価値自体も黒田バズーカで一瞬のうちに変わってしまう時代です。クルマの大きさだけでなく、あらゆる意味での『JUST MY SIZE』を自分の胸にしまっておきたいものですね。頭の良い方々は本当に油断も隙もないですから・・・(おっと、そういえば隙だらけの方も何人かおられましたね。うちわとか観劇会とか)。


パジェロイオ・ZR(MRXC型)
全長×全幅×全高 : 3675×1680×1700mm
ホイールベース : 2280mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 130PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/11/01 17:21 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。