旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル(C33型) 

140522a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売された6代目ローレル(C33型)です。ローレルは初代からずっとセダンとハードトップの二本立てで用意されてきましたが、この代からは4ドアハードトップのみとなりました。寸法上は5ナンバーフルサイズで結構大柄なのですが、実際に乗ってみると後部座席はずいぶん窮屈だったような記憶があります。

 さて、この6代目ローレル、カタログ画像の通り、当時はすっきりしたデザインのハイオーナーカーで、運転席には木目調ではなく、本物の木のクラスターが装備されているぐらい豪華装備のクルマでした。しかしながら新車当時から月日が経ち、オーナーが何度か変わるうちにこのクルマのイメージはずいぶん変わっていきましたね。

 あるローレルはピラーレスハードトップゆえのボディ強度の不足を補うためにロールバーが追加され、バリバリのドリフトマシンに、またあるローレルは派手なエアロパーツとキラキラホイールが施されたVIP仕様に、さらには2代目のブタケツ系と同様、集団で走ることが好きな方々の愛車として大活躍していました。8代目まで続いたローレルでしたが、なぜかその後の華麗な転身後の姿が次々に思い浮かぶのは2代目(C130型)とこの6代目(C33型)なんですよね。きっと2代目と6代目には若者を惹きつける何かがあったんでしょうね。

 カタログには「時代のまんなかにいます」、「大人のスポーツです。」、「澄んだ走り、シルキーテイストです」等々のキャッチコピーが並んでいますが、「時代から外れ、子供がスポーツに使い、爆音を伴う走り」もこなしてしまうあたり、ローレルの懐の大きさが感じられますね。とはいえ、個人的には、初代の面影と思想をもっとも引き継いでいたのがこの6代目だったような気がします。

 現在の日産ラインナップではローレルにあたる上級セダンはティアナとなっているようです。C33型の価格表とティアナの価格表を見比べてみると、なぜかティアナのほうが当時のC33型ローレルよりも安いんです。もちろんC33型は上位モデルと比較していますが、現在のティアナは当時のローレルの上位モデルよりもさらに車格はふたまわりほど上です。ティアナの価格なんてこの記事を書くまで気にしたこともありませんでしたが、グローバルモデルらしく、なかなかコスパが高いクルマですね。

ローレル・ツインカム24Vターボ・メダリスト(C33型)
全長×全幅×全高 : 4690×1695×1365mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1380kg
エンジン : 直6DOHCターボ 1998cc 205PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2014/05/22 11:32 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・三菱・ギャランΣハードトップ(E15A型) 

140505a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年に三菱から発売されたギャランΣハードトップ(E15A型)です。このクルマは前年にフルモデルチェンジされ、FF化されたギャランΣに追加される形で発売されました。セダンとはボディタイプだけでなく、雰囲気もずいぶん異なりますので、まるで別の車種のような気がしてしまいますね。

 さて、このギャランΣハードトップ、カタログでは冒頭に「トップを知った男のハードトップ。」と、なにやらわかるようでわからない形容が使われている通り、いまいち方向性がよくわからないクルマでしたね。三菱曰く、「ノーブルな顔立ちを強調」し、「上品にコーディネイトしたエクステリア」の「風格あふれる斬新なスタイリング」で「磨きぬかれた高級感を全身で表現」したようです。

 確かに部分ごとに見るととても魅力的です。当時のFF車としては最大のボディサイズ、そして最強クラスの200PSターボエンジンを搭載し(当時の鉄仮面スカイラインターボが205PS)、ソアラに匹敵するような豪華な内装とエレクトロニクス装備等々・・・。とはいえ、全体として見るとなぜか前後のオーバーハングが異様に長くてアンバランスなクルマ見えてしまうんですよね。

 気のせいかもしれませんが、三菱車って上品さや高級感を演出すればするほど下品で安っぽく感じられてしまうんですよね。しかしながら三菱流の上品さや高級感に共感できる方にとっては逆にそれがたまらない魅力となり、このクルマも一部にはコアなファンがおられたようです。もっとも、最近では自社で「上品さや高級感」を演出することはなくなり、それらの要素が必要なクルマは他社から調達するようになりましたから、この感覚のギャップを感じることもなくなりましたね。

 ランエボも現行モデルが最後となるようで、またひとつ「三菱らしさ」が消えてしまいます。久しぶりにギャランΣハードトップの「コテコテ三菱流高級感」のスタイリングを見たら、なんだか少し寂しさを感じてしまいました。今や国内シェア最下位となっている三菱、「トップを知った男」はなかなか三菱を選ばなくなってしまったようですね。

ギャランΣハードトップVR(E15A型)
全長×全幅×全高 : 4660×1965×1375mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4OHCターボ 1997cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/05/05 14:16 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。