旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ガゼール(S12型) 

140214a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に日産から発売された2代目ガゼール(S12型)です。姉妹車のシルビア同様、2ドアクーペと3ドアハッチバックの2つのボディタイプからなるスポーティーカーでした。初代は西部警察で裕ちゃんが乗られていたこともあり、それなりに存在感があったのですが、この2代目はいまいち印象が薄かったですね。祐ちゃんが入院され、そして亡くなられてしまったことが関係しているのかどうかはわかりませんが、シルビア/ガゼールが次の代にモデルチェンジする前に、ガゼールのみが消滅してしまいました。

 さて、この2代目ガゼール、クルマとしての売りはもちろん高性能ターボエンジン搭載による走りの良さなのですが、それ以外にも面白いセールスポイントがたくさんあります。まずヘッドライト、カタログによると、「フルリトラクタブルヘッドランプにワイパーがついたのは世界初」とのことです。ガゼールが世界初なら、世界2番目、3番目はどんなクルマだったんでしょう。少なくとも国産車では存在しなかったような気がします。2番目、3番目がない「世界初」って、セールスポイントになるのかどうかちょっと疑問ですね。とはいえ、ピョコっと上がったヘッドランプを小さなワイパーがシュッシュッと拭き取る様は鳩時計みたいで面白そうですね。

 さらにキーレスエントリーシステムは、「マイクロコンピューター技術による日本初の先進装備」だそうです。このガゼールのキーレスエントリーは、パワーウインドウの下降やトランクオープンまでできるようです。カタログ写真によると、運転席のドアノブ部分にいろいろなボタンが付いており、それによって操作するようなので、現在のキーレスエントリーシステムとはちょっと雰囲気が違いますね。今ではほとんどのクルマに付いているキーレスエントリーですが、日本初はこのガゼール、このような「日本初」が本当の意味でのセールスポイントのような気がしますね。

 それにしても最近の日産のラインナップはずいぶん様変わりして、ボディタイプ云々を別としてもかつてメインであった1.5から2Lぐらいのクルマがごそっとなくなっているんですよね。いわゆるCセグメントと呼ばれるクラスのクルマ、現行ではシルフィが相当すると思いますが、どう見ても力を入れているようには思えませんね。なんだかマグロの握りがないお寿司屋さんのような気がしてしまいます。

ガゼール・クーペ・ターボRS-X(US12型)
全長×全幅×全高 : 4430×1660×1330mm
ホイールベース : 2425mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1990cc 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2014/02/14 15:26 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(6)

旧車・三菱・ランサー(LNHG/LKHG型他) 

140203a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年に三菱から発売された3代目ランサー(LNHG/LKHG型他)です。カタログで『新セダン類。』と表現されている通り、通常の独立したトランクを持つ4ドアセダンではなく、アテンザスポーツのような5ドアハッチのボディが採用されたクルマです。当時のギャラン同様、精悍な顔つきのなかなかカッコいいクルマでしたね。

 さて、このランサー、実は昔、転勤になってクルマが必要となったときに、事務所の先輩からタダであげてもいいと言われていたクルマです。なんでもクルマを買い替えるので下取り査定をしてもらったが、ほとんど値が付かなかったからとか。当時、それほど年数が経っているわけでもないのでおかしいなぁと思っていましたが、実車を見て納得しました。

 奥様がかなり運転のお上手な方だそうで、ボディのそこらじゅうが波打っています。それも不思議なことに、ボディの右側のほうに多く勲章が付いていたんです。「対向車とこすったんですか?」と先輩に尋ねたところ、なんと数々の勲章は「車庫入れ」で付いたもの。先輩も笑いながら「普通車庫入れでこするのなら左側だよね?どういうシチュエーションでこの傷が付いたのかは俺もわからん。」とのこと。世の中いろいろな才能をお持ちの方がおられるものだと感心した覚えがあります。たまに街中で両サイドにコーナーポールを立てているクルマを見かけますが、きっと先輩の奥様と同じような才能の持ち主が乗られているんでしょうね。せっかくの先輩のご厚意でしたが、このランサーは諦めました。

 ちなみにうちのデミオ、家族の要望で左端にコーナーポールを取り付けていますが、なんと右のドアにうっすらと縞模様が付いています。縞模様の相手はうちの車庫の柱。運転席ドアを柱が押さえつけている状態でSOSが入り、行ってみるとさらに柱に車体を押し付けるようなハンドル捌きをしています。すぐに運転を変わって何とか塗装面に擦り傷が付いただけで済みましたが、おそらくあと5分も悪戦苦闘していれば板金修理コースになっていたと思います。

 デミオの状態を見て、先輩の奥様がランサーをどのように操作していたのかがだいたい理解できました。その手の才能の持ち主は、パニックになるとさらに傷を大きくするように行動してしまうという特徴があるようです。晩飯のときに、ピンチになったらそれ以上クルマを動かさない、という取り決めをしましたが、果たしてどうなることやら。カッコ悪いけどうちも「両側コーナーポール仕様」にしないといけないのかなぁ~。

ランサー・SX SALOON(LNHG型)
全長×全幅×全高 : 4235×1670×1405mm
ホイールベース : 2455mm
車両重量 : 970kg
エンジン : 直4SOHC 1468cc 73PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/02/03 16:36 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。