旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル(C34型) 

131128a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に日産から発売された7代目ローレル(C34型)です。高級感を前面に出したメダリスト系とスポーティなクラブS系の2本立てで登場し、メダリスト系には現在の感覚ではレクサスマークにしか見えない立派なL字オーナメントがフードマスコットとして光り輝いていました。ローレルの誇らしげなL字マークを見ると、最近話題になったスカイラインにインフィニティバッジがどうのこうのという問題なんてほんの些細なことに感じてしまいますね。なんといっても日産ローレルにはメーカーの枠を超えて高級感溢れる「レクサスバッジ」が付いていたのですから。

 さて、この7代目ローレル、全体的に控えめなスタイルではありましたが、走りは結構強烈でしたね。とはいえ、その気持ちのよい走りと引き換えに燃費の悪さはかなりのものでしたが・・・。昔このローレルに乗られていた知人がリッター6km、7kmという実燃費をずいぶん嘆いていました。よく彼の運転するローレルに乗せていただいたことがありましたが、燃費の悪さは彼の運転方法にも関係しているのではないか?と常々思いつつ、仕事の関係があった方なのいつも彼の運転及びローレルを褒めまくっていました。

 当時、シーマやセルシオが既に存在していた時期だったとはいえ、ローレルは立派な高級車。私自身、買おうと考えたことすらない手の届かない“大きなクルマ”でしたが、最近街で塗装の剥げかけたC34型ローレルを見ると、とても平べったい小さなクルマに見えてしまいます。このローレル、3ナンバーサイズになったとはいえ、全長で1cm、全幅で2cm5ナンバー枠からはみ出ているだけなんですよね。ほんの20年ほどの間で人間の感覚ってずいぶん変わってしまうものだと改めて実感してしまいます。

 同様に、これからの20年でもずいぶん感覚が変わるんでしょうね。東京モーターショーではまた新たなコンセプトカーがたくさん発表されました。燃料電池車や自動運転車が珍しくない存在となり、前1人、後ろ2人レイアウトのグライダーやハンドルのない電動コミューターが街中を走っている時代、きっとクルマやバイクだけでなく鉄道、自転車、徒歩も含めて、道路自体が高度で複雑な『交通システム』になっているんでしょうね。もしそのような時代になっても私の体が健康な状態であるならば、そんな『交通システム』の中をジャガイモをいっぱい積んだ一輪車(これも自転車と同じく“軽車両”です)を押しながら泥だらけの長靴で歩いてみたいものです。

ローレル・25メダリストVターボ(GC34型)
全長×全幅×全高 : 4710×1720×1380mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1410kg
エンジン : 直6DOHCツインカムターボ 2498cc 235PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/11/28 15:53 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・マキシマ(J30型) 

131112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年に日産から発売されたマキシマ(J30型)です。海外では現在もモデルチェンジを繰り返し、日産ブランドの上級セダンとして現行型が販売されていますが、国内では先代ブルーバードの上級モデルとしてブルーバード・マキシマが登場し、途中から『日産マキシマ』を名乗ったものの、次の代であるこのJ30型で消滅してしまいましたね。海外で販売されている『日産マキシマ』が日本に来たかと思ったらすぐに去って行ったという、まるで月光仮面の歌のような存在でしたね。

 さて、この日産マキシマ、当時はバブル絶頂でシーマ現象なるものが起きていた時期でしたので、土地成金やバブリー社長、それに都市のマイホーム諦め組の方々はシーマやセルシオ等に関心が向いていたためか、あまり目立たない存在でしたね。3ナンバー専用設計の大柄なボディにV6・3000ccエンジンを搭載した“ハイオーナーセダン”といえども、ついちょっと前まではブルーバード・マキシマと呼ばれていたクルマ、つまりBC戦争していたコロナと同等のクルマ・・・と捉えられてしまっていたのかもしれません。なんといってもあの時代、高額な消費こそが美徳!見栄を張ることが正義!でしたからね。クルマとしてはもっと評価されてもよかったのではないかと個人的には思っていましたので、この代で消滅してしまったのはちょっと残念でした。

 ちなみに現在、日産のマキシマは北米における日産ブランドのフラッグシップモデルで、マキシマよりも上級セダンはインフィニティブランドになっています。日本におけるスカイラインとフーガがこれにあたるようですが、今度日本で発売される新型スカイラインにはインフィニティバッジが付いて、日産幹部いわく、「ワンクラス上に行く」そうですね。日産ブランドのフラッグシップは「マキシマ(最大値)」、その上は「インフィニティ(無限大)」、意味を言葉通り捉えれば確かに筋は通っていますが、なんだか底辺の人間からすると複雑な気持ちですね。かつて手の届きそうな位置にあったクルマたちがどんどん手の届かないところへ飛んでいってしまうようです。

 若者ではなく昔からのクルマ好きで、それなりに歳を重ね、さらに経済的にもそれなりに余裕がある方々でも、今の自動車メーカーの(ちょっと内輪バブリー気味な??)動きを意外と冷めた目で見ている方って、結構大勢いらっしゃるような気がしています。

日産マキシマ・SE(J30型)
全長×全幅×全高 : 4765×1760×1395mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1370kg
エンジン : V6・OHC 2960cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/11/12 16:10 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(12)

新型アクセラに試乗してきました 

131104a01.jpg

 本日お世話になっているマツダのディーラーで新型アクセラの試乗をしてきました。発売は今月の20日からとのことですが、ディーラーには一足先に試乗車が用意されているみたいですね。

 試乗したのは1.5Lグレードの上級モデル、アクセラスポーツ・15SのAT車です。店内にはセダンの15Sも展示されていましたが、ハッチバック、セダンともにとても1.5Lのクルマとは思えないほど立派な車格をしています。それに内装も上質で、私の初代アクセラに見られるプラスチッキーな安っぽさは微塵も感じられません。もう完全に「高級車」って感じですね。

 ブレーキペダルを踏み込んでスタートボタンを押すとエンジンが始動、早速ディーラー近辺の試乗コースを店長さんと一緒にドライブ。高速や山道を走ったわけではないのでこの大きな車体に1.5Lエンジンが力不足なのかどうかは判断できませんが、少なくとも街中を走った限りではまったく力不足は感じられません。アイドリングストップもごく自然に、それも頻繁に行われていましたので、2代目アクセラからかなり進歩しているようですね。

 2Lモデルやディーゼルモデル、そしてハイブリットと新型アクセラには様々なパワーユニットが搭載されるようですが、この1.5Lモデルで大部分の方は満足してしまうのではないかと思ってしまいました。もっとも、ディーゼルやハイブリットの力強い加速を味わったらまた異なる印象を持ってしまうのかもしれませんね。

 それにしてもこの新型アクセラ、とにかく質感が高いです。高性能な6速ATの自然な変速の効果もあり、「高級車」に乗っているという気分を試乗の間ずっと感じていました。店長さんによると既に予約が結構入っているとのことですが、それも納得ですね。かつてのマツダ車はそのブランドイメージから「所有欲を満たす」ということがちょっと苦手だったようですが、この新型アクセラは間違いなく「所有欲を満たす」ことができます。個人的には年配の方にセダンがかなり受けるような気がします。ちょっとマツダびいきな表現ですが、クラウンの隣にアクセラセダンの15Sを並べても、決して見劣りしないように思います。

 全世界でマツダが販売する車の3分の1がアクセラだそうですが、その屋台骨がこれだけの質感のクルマだなんてすごいですね。ディーゼルやハイブリットも順次用意されるそうですから是非それらにも試乗してみたいです。久しぶりに少しワクワクしてきました。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/11/04 17:18 ] その他 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。