旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・インテグラ(DC1/2型、DB6/7/8/9型) 

131028a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年にホンダから発売された3代目インテグラ(DC1/2型、DB6/7/8/9型)です。プロジェクター4灯ヘッドライトが特徴的でしたが、少々不評だったようで2年後のマイナーチェンジでごく普通のホンダ顔に変更されてしまいましたね。まだごく最近のクルマのような気がしますが、もう発売から20年経っているんですね。とはいえ、この代のインテグラの場合、2001年まで生産が続けられましたから、まだ街中でちょくちょく見かけますね。

 さて、この3代目インテグラ、現在でも街でよく見かけるのはやはりモデル途中で「タイプR」が設定されたからだと思います。もともとスポーティなクルマですが、「タイプR」のような象徴的なモデルが設定されると、タイプRだけでなく他のモデルも人気が出て後々まで大切に扱われるようになるんですよね。

 本来このクラスの国産車で、タイプRのような特殊なグレードでないクルマなら、15年、20年落ちで走行距離10万キロ以上というような状態だとまず価格が付きません。でもこのインテグラ、中古車市場ではそのような状態のものでもそこそこいい値段が付いています。結局、人気の高いクルマはオーナーが変わっても10年後、20年後、さらにもっと後まで大切に扱われ、そうでないクルマはまだ十分乗れる状態であっても国内から消滅していくようですね。

 インテグラ・タイプRやランエボ、GT-R等、燃費は悪いですが1台世に出せばそれが何十年も大切に「クルマ」として扱われます。結果として大量に売りさばかれ、エコ替えを繰り返されるエコカーよりもそれらの人気車種のほうがエコなのかもしれませんね。

 自動車税制見直しの議論がチラホラ聞かれるようになり、近々抜本的な変更があるかもしれませんが、おそらくどんどん買い替えを促すような税制になっていくと思います。新品の鉛筆を最初に一度削り、芯が丸くなってきたら再度削ることなく次の新品の鉛筆を削るような消費行動が一般的になってくると、鉛筆メーカーは最初の1cmしか芯が入っていない鉛筆を販売するようになるかもしれません。現実に今のスマホやタブレットは5年、10年と使い続けることは想定されていないような気がします。クルマはそのような性格の製品にはなってほしくないものですね。

インテグラ・3ドアクーペ・SiVTEC(DC2型)
全長×全幅×全高 : 4380×1695×1335mm
ホイールベース : 2570mm
車両重量 : 1100kg
エンジン : 直4DOHC 1797cc 180PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2013/10/28 10:06 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)

旧車・マツダ・ファミリアワゴン(BW型) 

131014a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131014a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売されたファミリアワゴン(BW型)です。このカタログは1990年に発行されたもの、90年といえばファミリアのセダンやハッチバック等は次の代に移っていますが、バンとワゴンはモデルチェンジされずにこのタイプがひっそりと94年まで生産され続け、その後、バンのみが日産ADのOEMとなって存続し続けました。

 さて、このファミリアワゴン、とっても地味で存在感もあまりありませんが、実は長いファミリアの歴史上、「ファミリアワゴン」としてマツダ製の乗用ワゴンが存在したのは60年代の初代とこのモデルだけ。ファミリアとしては最後の代となるモデルにS-ワゴンなるボディタイプが存在していましたが、あれは現在のアクセラスポーツ同様、5ドアハッチバックでした。ファミリアワゴンってありそうでなかったんですよね。もっともあった時期でも存在感は薄かったですが。

 あらためてカタログを眺めてみても、やっぱり地味で存在感がなく、どう贔屓目に見ても商用バンにしか見えませんね。最終型ファミリアのS-ワゴンのCMでは刀を持った侍のような俳優さんが旧来の商用バン型のシルエットを刀でどんどん削ぎ落としていき、最終的に「ショートワゴン」という5ドアハッチバックを誕生させるような演出をしていましたが、あの方向性はマツダにとっては大成功でしたね。このファミリアワゴンのスタイルを見ていると、私自身も刀を振り回して余分な部分を削ぎ落としたくなってしまいます。(ちなみに今回は地味だからかどうかわかりませんが、このモデルのCM動画は見つかりませんでした。)

 最終型ファミリアでこの不恰好な商用バンスタイルから決別してセダンと5ドアハッチにボディタイプを集約し、アクセラへバトンタッチして3代目となる新型アクセラも国内での予約が始まったようです。販売が始まったらきっとマツダの店長から電話がかかってくると思います。2代目の時には「MTグレードがない」という理由で断りましたが、今度は1.5LにもMTグレードが復活しているようです。ここは究極の理由(本当の理由)、「金がない」で断るしかありませんね。

ファミリアワゴン・XGi(BWMR型)
全長×全幅×全高 : 4220×1645×1420mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 1100kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/10/15 15:31 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(2)

自転車も立派な軽“車両” 

131008a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131008a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131008a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 本日、前々から交換しようとは思っていたもののなかなか実行に移さなかった、自転車のタイヤ交換をやっと実行しました。もう溝がなくなってきたからそろそろ交換しなくてはいけないな~とは思いつつ、面倒くさそうだからついつい後回し。とうとう写真のように完全なスリックタイヤになってしまいました。自動車なら絶対に車検が通らない危険な状態ですね。

 後回しになっていた理由は二枚目の写真の通り、この手の自転車は後輪を外すのがとても面倒臭そうだったからです。実際に交換してみたらやはり面倒で、タイヤ交換自体は10分もかかりませんでしたが、作業全体では1時間以上もかかってしまいました。マウンテンバイクやロードレーサー等のスポーツモデルと違ってこのタイプの自転車はメンテナンスが面倒ですね。

 とはいえ、一度やればだいたいコツがわかったので、次回はおそらく30分もかからないと思います。自転車も公道を走る立派な軽車両、自分及び周囲に危険を与えぬよう、今後はこんなスリックタイヤになるまで後回しにせず、早め早めの交換を心がけようと思います。

 さて、この自転車、購入したのはかれこれ8年ほど前のこと。近所のコンビニへ行ったり畑の状態を見に行くときのちょい乗り用として活用していましたが、普段その構造に注目することはまったくありませんでした。しかしながら今日、後輪を外すにあたって、内装3段変速やローラーブレーキ等を改めてじっくりと見てみたら、これはこれでなかなか面白い乗り物ですね。

 こんなにもよく考えて造られているパーツが使われているこの手の自転車ですが、ホームセンター等ではとても安価に販売されており、ほとんど使い捨てのように扱われているのが残念でなりません。近所の不用品回収所には私の自転車よりも新しいと思われる、LEDライトが付いているようなものでも錆だらけのチェーンが哀愁を漂わせながらたくさん並んでいます。

 本日、タイヤ交換と同時に、グリップシフトのゴム部分もぼろぼろになっていたので交換しました。近所の自転車屋さんでタイヤ1本とシフトの部品を購入して計1500円。ついでにチェーン、スプロケットの洗浄と注油を行い、全体をクリーニング。私の目には8年経っていても新車に見えます。

 何でもかんでも買い替えを推奨する世の中ですが、その流れに逆らって、アクセラ同様、この29,800円パナソニックも乗られる限り乗り続けようと思っています。そのうちにこれも“旧車”になりますね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/10/08 17:22 ] その他 | TB(0) | CM(6)

旧車・マツダ・アンフィニMS-6(GEEP/GE8P型) 

131002a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a06.jpg

 1991年にマツダから発売されたアンフィニMS-6(GEEP/GE8P型)です。ブランド乱立でそれぞれのクルマの印象が非常に薄かった時期のマツダ車なので、このMS-6も流麗なスタイルの割には存在感がほとんどなかったですね。この時期のマツダにはたまにとても素晴らしいスタイリングのクルマがあったのですが、そのどれもがほとんどの方にとって記憶にすら残らなかったと言うのは、なんとも残念なことですね。ちなみに某大手中古車サイトでMS-6を検索してみたら、該当ゼロでした。

 さて、そんな薄幸なMS-6、改めてカタログを眺めてみると、現在の感覚でもまったく古さを感じさせない素晴らしいデザインですね。リアスポイラー一体型の大きなリアハッチも、少々洗車がしにくそうな気がしないでもありませんが、後のアテンザスポーツにつながるようなとても自然な5ドアハッチとしてまとめられていますね。マツダも変な色気を出さずに、普通にマツダ・カペラの5ドアハッチとして出していれば少なくとも人々の記憶には残っていたと思います。このクルマ、国内では1994年に消滅してしまいましたが、欧州では97年までMazda626として販売されていたようですので、クルマとしては決して悪くなかったんですよね。

 海外名Mazda626は現在Mazda6となってアテンザが販売されています。Mazda2がデミオ、Mazda3がアクセラ、Mazda5がプレマシー、CX-5はそのまま、バブル期に国内ではブランドを乱立していたマツダですが、海外名は至ってシンプルですね。シンプル・イズ・ベスト、いっそのこと国内もグローバル名を使ったほうが分かりやすくていいのかもしれませんね。

 ところで、マツダ車の海外名を確認するためにドイツ・マツダのホームページを確認したら、Mazda3が既に新型に変わっていました。価格も装備もすべて紹介されています。本国よりも海外で先に販売開始されるというのはなんだかちょっと複雑な気持ちになりますね。そういえば最近ソニーのプレイステーション4が米欧では11月に販売開始、日本では来年発売ということで国内のファンからブーイングが出ているというニュースを見ましたが、なんとなくその気持ちがわかるような気がします。日本製品が海外でも評価を受けることは嬉しいことですが、やはり最初に本国で味わいたいですね。

 現在のマツダのラインナップはバブル期とは異なりとてもすっきりしていますからMS-6のように薄幸な運命を辿るクルマはOEMの軽やバン以外ではまずないと思いますが、新型Mazda3で『Mazda』というブランドをさらに高めてほしいものですね。

アンフィニ・MS-6・TypeG(GEEP型)
全長×全幅×全高 : 4695×1770×1390mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : V6DOHC 1995cc 160PS

----- 以下、雑談 -----

131002b.jpg
(画像クリックで拡大)

 先日、今年はうちの里芋は出来が芳しくないと書きましたが、本日掘ってみたら予想に反してとても良く出来ていました。本来青々とした大きな葉っぱがあるはずの里芋ですが、今年は高温、少雨のために黄色く焼けてしまい、見るからに無残な姿になっていました。試し掘りもせずに今日まで放置していましたが、これなら芋名月の日に十分食べられたとちょっと後悔しています。

 それにしても大地の力、作物の生命力はすごいものですね。うちはジャガイモ同様、里芋も本格的に栽培しているわけではない素人農家なのですが、今年の里芋の出来にはちょっとびっくりです。地上部分は今まででもっともひどい状態にも関わらず、地下部分(芋)の出来は過去最高でした。農業って奥が深いものですね。

 ちなみに今年は、去年の里芋を冬に腐らせてしまったので、スーパーで買ってきた特売の里芋を植えただけです。写真の一輪車一杯分の元は、小さな里芋4個。里芋が子孫繁栄の縁起物として扱われるのも納得ですね。

 東京オリンピックだ、リニア新幹線だ、楽天優勝だ、と世の中沸いていたかと思えば消費税増税が本決まりになると同時に10月からは様々なものの値上がりラッシュや年金、生活保護費等の削減ネタが紙面を賑わし、まるで世の末のような騒ぎよう。金持ちから貧乏人まで老若男女問わず自分へ「金よこせ」の大合唱。

 足元にはこんなに立派な自然の恵みを与えてくれる大地があるにも関わらず、誰もその足元を見ようとはせず、自分の財布の中身だけを気にしている国、日本。そんな素晴らしい国、日本に私は住んでいられるので、こんなに適当に作っている里芋やジャガイモでもスーパーより安めの値札を付けて直売所へ置いておけばほぼ完売してしまい、「自分の財布の中身」が増えていきます。日本国、万歳!ですね。

----- 雑談、終わり -----

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/10/02 14:59 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。